エリアごとの情報をお届けします:
NEW!

酸いも甘いも見守ってくれた首里城 100cmの視界から―あまはいくまはい―(59)

一夜にして燃えてしまった首里城。50年前、首里城の跡地にあった琉球大学に、私の両親は通っていました。家族みんなで復元されていくお城を眺めながら、両親の学生時代の思い出話をよく聞きました。 そして私が...

100cmの視界から―あまはいくまはい―
NEW!

夢は家族で牧場をやりたい 多良間島で畜産に挑む湧川 農さん 【となりの人となり】

父から受け継いだ牧場を大きく発展させ、多良間の畜産に新風を吹き込んだ湧川農さん(農業生産法人合同会社湧川畜産代表)。 牛の鳴き声を子守唄に育ったというその素顔に迫ります。 (聞き手・石田奈月) 小...

NEW!

【後編】ガラケーを愛用するYouTuber<まーちゃん>「お笑い米軍基地」に続く新たな挑戦はじめます! ◇沖縄...

お笑いの枠を超えて、文化・社会活動ほか多方面で活躍している「まーちゃん」こと、小波津正光(こはつ・まさみつ)さん。企画・脚本・演出を担当し、毎年6月23日の「慰霊の日」前後に新作を発表する舞台『基...

ハイサイ気分
NEW!

お鍋の定番 ミニ白菜を育てよう やさしいやさい

ミニ白菜の育て方 漬物から鍋物までひっぱりだこの白菜。 プランターで育てられるミニ白菜は 家族の夕食にちょうどいいサイズです。 監修・徳元佳代子 撮影・屋比久光史 イラスト・漢那瑠美子 商品協力・新海...

NEW!

背中で語る、イヤ、光る男が出没中【島ネタCHOSA班】

先日仕事からの帰り道、電飾でピカピカ光る看板を背負って歩いている金髪の男性を目撃しました。そのことを友人に話したら「私も見たことある!」と反応が。どうやらあちこちに現れるようですが、一体何者なの...

沖縄を知る
NEW!

白杖を持った人がいる 声をかけたい、どうすればいい?

白杖や車いす、体験してみた。 →街の障壁、なくしたいと誓った。 人が行き交う昼間の横断歩道。白い杖(つえ)を持った視覚障がい者の女性が、前から歩いてきた男性とぶつかった。男性は無言で立ち去り...

「てみた。」 「てみた。」

【参加者募集】罪悪感なく忘年会を楽しむために?! ZUMBA で楽しく汗を流して冬を乗り切ろう【step☆アク...

沖縄も段々と肌寒くなってきましたね~。 寒くなると外に出るのもおっくうになってしまいがち・・・ しかも忘年会シーズンも始まるとなると、気になるのが・・・体重・・・((+_+)) そこで、一緒にZUMBA(ズンバ)に挑...

step☆なりたい私へ step☆なりたい私へ

既成概念を取り払おう [まーちゃんのお笑いニュース道場]

はいさい! 「11月11日から12月30日まで、一部店舗で男性行員のノーネクタイ勤務を試行する」と発表した沖縄海邦銀行さんの名前を、期間限定で海邦銀行から襟元『解放銀行』に変更してほしいと考えている...

まーちゃんのお笑いニュース道場 まーちゃんのお笑いニュース道場

欧米の家庭のような雰囲気 ジョージレストラン(那覇市辻)

那覇市辻にある「ジョージレストラン」は、1954年にコザ(沖縄市)でAサインレストランとして開店し、56年に現在の場所に移転した歴史を持つ老舗レストラン。店長の宮城健さんは二代目で、84年に創業者の...

キングスホームゲームに2組ご招待

   琉球新報の読者クラブ「りゅうちゃんクラブ」事務局からお知らせです。  11月8日付の琉球新報にりゅうちゃんクラブ特集ページを掲載しました。  毎月第2・4金曜日には、読者参加型の楽しい投稿...

りゅうちゃんクラブ りゅうちゃんクラブ

藍色に浮かぶ模様 庶民の晴れ着として愛された知花花織を現代に

今に伝える地域の誇り 藍染めに赤白の幾何学的な浮き模様が特徴の「知花花織」。沖縄市(旧美里村)を中心に織り継がれてきた伝統の織物だ。戦後、その存在は影を潜めていったが、2000年の沖縄市による復...

しんどくも優しい世界—本村ひろみの時代のアイコン(15) なかんだかりたつろうさん(画家・絵本作家)

秋色の人。 なかんだかりさんの第一印象だ。キャメル色のベストにブラウンのシャツ、細身のスラックスに紐付き茶色のスエードの靴。物腰の柔らかさ。丁寧で穏やかな声のトーン。彼の作品に触れる前に「なかんだ...

時代のアイコン
旧暦:10月17日 友引