しんどくも優しい世界—本村ひろみの時代のアイコン(15) なかんだかりたつろうさん(画家・絵本作家)

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加



秋色の人。
なかんだかりさんの第一印象だ。キャメル色のベストにブラウンのシャツ、細身のスラックスに紐付き茶色のスエードの靴。物腰の柔らかさ。丁寧で穏やかな声のトーン。彼の作品に触れる前に「なかんだかりたつろう」の世界が溢れていた。


「君がいる場所」

「時間ありますか?読み終わるのに5分くらいかかると思うんですけど」と手渡された絵本は、彼が2018年卒業制作で作った「君がいる場所」だった。頭の上に小さなお花が咲いている少女の絵が表紙になっている。細い線に水彩で着彩したような柔らかいトーンの絵に個性的な形態をした登場人物。一気に絵本の中に引き込まれた。主人公の少女の想いは誰もが感じたことのある普遍的なテーマだった。私は、こんな繊細な物語を紡ぐ彼のこれまでの人生が気になった。



静かさと温かさの中で


なかんだかりさんは子供の頃から絵を書くのが好きだった。でも中学、高校では絵から離れていたそう。ところが高校一年生の時、ふとしたことから学校へ行けなくなり一年間休学。と同時に祖父母と生活をするようになった。
心が閉じていた一年間、彼の目に映っていたのは静かな祖父母の暮らしだった。古い時計、壁のカレンダー、レトロな色彩のものたち。祖父母の家にはなんだか心温まる懐かしい風景が広がっていた。話を聞いていくうちに、たしかにその当時彼が目にしていたものは今の制作に生かされていると感じた。
一年を経ち「このままではいけない」と泊高校に進学し高校生活を再スタートした。幅広い年齢の人が学ぶ泊高校では仲間に恵まれ、今でもその頃の友人たちとは交流があるそうだ。




高校3年生の12月、もともと絵を描くことが好きだった自分に立ち返り、沖縄県立芸術大学への進学を決意する。
彼の人生はゆっくりの歩みの中に急転する時間もあり、それがもしかしたら繊細でやわらかな思考につながっているのかもしれない。
ゆっくりと歩み、立ち止まり、助走つけて歩みだし、全力で走りきってまた休む。そんなリズムがなかんだかりさんの思考と制作の時間だ。

思考と瞬間


「ありがとう」

県芸のデザイン科に入学して半年経った頃、また立ち止まる思考の時間が訪れた。制作へのジレンマ、デザインとファインアートの道の選択の葛藤、様々な悩みに押しつぶされそうになっていたつらい時期に、追い打ちをかけるようにそばで支えてくれていた祖父が亡くなった。大学を休学していた11月のこと。病院で祖父を看取った瞬間、あるイメージが浮かんできた。そのイメージのかけらを大切に膨らまして描いた絵「ありがとう」。かつてこれまで描いてきた絵とは違うものだった。

無数の色を使い、細い線を幾つも重ねていく手法。一つの線を描きながらゆっくりと色のイメージを膨らませて描く。現在の彼の絵のスタイルを確立した。これからの方向性も見えてきた。そして悩んでいたデザインの授業の課題も自分なりの表現ができるようになった。



復学し大学3年の4月にドイツのブレーメン州立芸術大学へ交換留学生として半年間、海外の生活を経験。ブレーメン州立芸術大学では、ラフに描くことの良さ、丁寧さより瞬間の面白さを見出すことを教わったと力強く話してくれた。
「ドキドキするアイデアは一瞬で生まれる」
 ブレーメンで学んだ事は彼の画風にも影響を与え、伸びやかで自由さが生まれたと言われるようになったそうだ。



これからも「自分の心に寄り添って絵本を作っていきたい」と未来を語った。「しんどかったり、やさしかったりするこの世界の中にある“フワッ”“モワッ”とした何かを表現していくために。聞こえてくる言葉に耳を傾け、掴み取ったイメージや詩から絵本が生まれてくれば」と。
独特のファンタジーの世界が、いまゆっくりと助走を始めた。



◆イベント情報◆
沖縄アートマーケット2019
【日時】11/9 12:00-20:00 11/10 12:00-19:00
【会場】北谷町美浜 デポアイランド・ボードウォーク
https://www.instagram.com/okinawa_art_market/?hl=ja


【なかんだかりたつろう プロフィール】


仲村渠達郎 (なかんだかりたつろう)

仲村渠達郎 (なかんだかりたつろう)

1993年沖縄生まれ。沖縄県立芸術大学デザイン専攻卒業。
イラストレーションのお仕事や美術の先生として務めるかたわら、絵を描いたり、絵本の制作を行って活動している。現在長編の絵本を制作中。
JIA Illustration Award 2015入賞
JIA Illustration Award 2019銅賞
Website    https://nekoyasora.wixsite.com/nekoya
Instagram https://www.instagram.com/tatsuro_nakandakari/




【筆者プロフィール】


本村ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学造形芸術科修了。
ラジオやテレビのレポーターを経てラジオパーソナリティとして活躍。
現在、ラジオ沖縄で「ゴーゴーダウンタウン国際通り発」(月〜金曜日 18:25~18:30)、「 WE LOVE YUMING Ⅱ 」(日曜日 19時~20時)を放送中。




前の記事その女子力、どこで身につけた??...
次の記事森昌子ラスト紅白の期待 百恵さん...