【後編】ガラケーを愛用するYouTuber<まーちゃん>「お笑い米軍基地」に続く新たな挑戦はじめます! ◇沖縄芸人ナビFILE.16

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑いの枠を超えて、文化・社会活動ほか多方面で活躍している「まーちゃん」こと、小波津正光(こはつ・まさみつ)さん。企画・脚本・演出を担当し、毎年6月23日の「慰霊の日」前後に新作を発表する舞台『基地を笑え!お笑い米軍基地』は、県内外で話題になる注目の公演。平和学習につながると学校や団体から鑑賞会のオファーが入り、講演会も同時開催する機会が多いそう。また、琉球新報と週刊レキオ紙面での連載コラムでもおなじみですね! 実はまーちゃん、この秋から新しい挑戦を始めるそうで・・・情報を聞きつけたナビゲーターの「初恋クロマニヨン」松田正(まつだ・しょう)さんが、会いに行きました。聞き役に徹していた松田さんですが、どんな話になったのでしょうか!? 気になる後編、スタートです!
(執筆:フリーライター・饒波貴子)
 


「沖縄芸人ナビ」は4月から「週刊レキオ」(毎週木曜発行)と連動。毎月第1週目のレキオで関連記事が読めるようになりました。ぜひご覧ください。




FECオフィス(http://www.fec.okinawa)所属の、「まーちゃん」こと、小波津正光さん(右)。ナビ芸人のよしもとエンタテインメント沖縄(http://yoshimoto-entertainment-okinawa.jp/)所属の松田正さんは、「まーちゃんさんは、尊敬している先輩の一人」と語ります。



余裕がテーマのエンタメを!



松田ナビ:まーちゃんさんとお話できる機会はなかなかないので、FECの若手芸人さんに、「まーちゃんさんへのインタビューはどうしたらいい?」って相談しました(笑)。

まーちゃん:めっちゃ気遣ってるやし(笑)。話を戻すと・・・YouTubeで生配信している『まーちゃんねる沖縄』という番組はマネージャーの大久保とやっていて、県外出身の彼はウチナーンチュが見落としがちな事に気付く新鮮な視点を持っていて面白い。技術スタッフの赤司さんには一般女性の目線で参加してもらっている。最近「面白さは多様」なんだと気付いてさ。芸人って笑いありきで「この話、面白い!」と決めつけがちだけど、例え話の中に笑いがなくてもずっと聞いていられるような形の面白さもあるんだよね。そんな思いで「毎週木曜日の夜9時から30分間、3人で生配信しよう」と決めた。三大原則の「時間厳守・安全運転・何かあったらすぐやめよう」も決めました(笑)。

松田ナビ:まーちゃんさんらしい(笑)。若手の頃は手前の笑いを取りに行きがちですが、そうではないお笑いがあります。

まーちゃん: 今のYouTubeは過激な事に挑戦したり、動画編集に時間をかけたりするけど、俺たちがやるのは正反対。ローカルな身内感で、FECの稽古場から配信するゆるい感じで、今週の出来事を黒板に書き出してしゃべっている。「琉球新報のこの記事はおかしい!」と指摘したりもします(笑)。

松田ナビ:面白いし、信用できます!



まーちゃん:そういう意見も新報さんのためになると思っている。大久保も赤司さんも子どものころから新聞に縁があった人だと分かり、配信スタートから数カ月が過ぎて、新報さんに協力してほしいとお願いしました。

同時にマイク一本で自分を表現する「スタンダップコメディ」というジャンルの活動も、広げていきたかった。日本ではあまりやっている人がいないけど、世界中で広がっている自由な芸。時事ネタ漫談みたいにやりながら、落語や漫談などいろんな要素もぶっこめる。「おしゃべりの原点」で芸人が今どうしてこれをやらないのかと不思議なんだよね。人を引き付ける話をして、飽きさせないためにちょっとずつ笑いを入れる。今年はマイク1本で90分しゃべりっぱなしの「トーキングちゃんぷる〜」というライブを数回やったけど、もっと力を入れたい。

松田ナビ:今年本格的にやっていこうってなったのは、何かのタイミングがあったんですか?

まーちゃん:周りの仲間が年取ってきて、稽古がキツくなってきたから(笑)。そしてマイク1本でできる自分のお笑いジャンルを作って確立させたいと考えていて、それが世界に通用するスタンダップコメディにリンクすると分かったから。10月の「FEC旗揚げ26周年公演」を終えてから挑戦しようと目標にしました。

芸人は、ネタを作ったらいろんなステージにかけて磨く作業をするけど、俺は真逆の事をやる! 週一回ライブを開催して同じネタは絶対やらない! 「今日は何をしゃべるんだろう」と、今起こっている出来事をネタにしていると感じてもらえる内容にすれば、いくらでもライブができる。話題は毎日あるし、しっかりしたレベルでしゃべって「面白い!お金払ってもいい!」と思ってもらえるように続けていきたい。沖縄の新しいお笑い文化を発信する、どこにもないシーンを作ります。


「トーキングちゃんぷる〜」の様子

松田ナビ:日時や場所など、具体的に決まったんですか?

まーちゃん:話が長くなったけど、それを言いたかった(笑)! プレ開催が11月13日(水)で、正式には11月20日(水)スタート!ライブ名は『新鮮!産地直送 島笑いちょい呑み処「お笑いニュースペーBar」』で、毎週水曜日の18時から行います。スタンダップコメディとYouTube配信などを一緒にして、会社帰りに見に来られる大人のイベントにします。俺たちの芸やトークをつまみにお酒を飲んだり、みんなで交流もできる空間を週に一回作ります。いろんな人が集まる情報発信地にして、ブームを作りたい。水曜日はノー残業デーらしいので、ライブを見て「明日から頑張ろう」と思ってもらえるといいよね。

松田ナビ:いいですね! 大きく展開できそうです。

まーちゃん:俺たち芸人に社会的な役割があるとすれば、それはクッションだと思う。最近はSNSでぶつかりあうなど、余裕を感じない。余裕がないとエンターテインメントにならないから笑えないのよ。俺たちがクッションになることで余裕ができ、どんな状況でも笑ってもらえるエンターテインメントが生まれる。お金がなくてもつらくても笑えるのは、心のどこかに余裕があるから。

時間の余裕を作るためにSNSやスマホが発達してきたはずなのに、みんなスマホを見るがために時間を取られていることに気付いていない! ネタも同じで、お笑いは余裕を感じるエンターテインメントのはずなのに、3分で面白いことやれという時間制限に芸人が群がっている。分かりやすい目安で刺激もあっていいけれど、続けていたら芸人に余裕がなくなり、お客さんもエンターテインメントを楽しむ感覚が分からなくなっていく。お笑いがすたれていく事にもつながるんじゃないかな。

SNSに触れる人が多い世の中も、精神的な余裕がなくなってきたと思える。沖縄にいたら、スマホを触るより島ならではの空気感を感じたいよね。でも余裕を失って切羽詰まった環境で生きていこうとする中で、人間は進化するかもしれない。一方で昔から変わらない人間の本質もあるから、俺たちは余裕をテーマにしたスタンダップコメディとYouTube配信を目指します!

松田ナビ:ゆるくしゃべるとか、笑い以外の面白さを表現していく訳ですね。

まーちゃん:そう。芸人も真面目だから余裕のない場所に一生懸命参加しているけど、ひねくれ者の俺は参加しない(笑)。スマホやネットをやる時間もないな。スマホという箱の中に顔を突っ込んで「世界とつながってすご〜い」ってなっている姿は笑えるし、人間としての感情の豊かさを感じないから違和感がある。こんな話を散々聞かされて嫌だろうけど、理解してもらうまで帰さんからな(笑)。



週に1回「スタンダップコメディ」



松田ナビ:SNSとは反対のスタンスを取りつつ、YouTubeは利用するのがまーちゃんさんらしいですね(笑)。質問をいっぱい用意してきましたが、一個も聞けていないのがうれしくて面白いです!

まーちゃん:ごめんな(笑)。スタンダップコメディは自分の熱を人に伝える原始的なスタイルで、それができないと人を喜ばせたりお金を払わせたりできないって話(笑)。

松田ナビ:人に話を聞かせる、という事をやりたいんですよね!?

まーちゃん:そう! 話を聞かせて喜ばせ、熱量を伝える作業。沖縄のお笑いはどこかガラパゴス化しているところもあるし、内地に乗っかっちゃっているところもある。いつの時代も向こうをまねながら自分たちの言葉をちゃんぷる〜して、独自の文化発展を遂げるのが沖縄。俺たち芸人が人の心を震わせようと、それに向けた作業をやっているのかっていう疑問が出てきた。作ってきた物は大事にしなきゃいけないけれど、お金を払ってくれる人が少なくなっている現実も知っていた方がいい。

松田ナビ:分かる気がします。まーちゃんさんが言う閉塞感も感じます。沖縄芸人は内地をまねたり、漫才とコントのノウハウを得たり、ある程度はみんなやってきました。じゃあ今後どうするのかという分岐点なのかなって思います。沖縄ならではのお笑いをどうするのか、考える時期なのかもしれません。


琉球新報1階で毎週まーちゃんがお笑いライブ!会場は入口を入ってすぐのこちらのスペース!

まーちゃん:俺たちが20年くらい前にやっていたことを、繰り返しているのかもしれないね。お笑いって優しさだと思う。目の前にある悲しみや怒りを乗り越えて吐き出す作業を、小那覇舞天さんや照屋林助さん他その時代の芸人がネタにしていたんだよね。沖縄の抱える悲しいところを無意識に取り扱うしかなかったはずだよ。いつの時代になっても、何を伝えて人の心を震わせられるのか、どうやってお金を払ってもらえるのか考える。俺はパンダのような保護動物になる方法を考えたいけどさ(笑)。

松田ナビ:芸人として生きていくために保護されるんですね(笑)。そういう意味ではスタンダップコメディは、いろんな意味で可能性があるかもしれませんね。

まーちゃん:日本ではこれからだと思うし、自由に交流できて自分をさらけ出してぶつかっていける。試行錯誤しながらだけど、自分の熱量を全て出せるライブができるかもという感覚。

松田ナビ:聞けば聞くほど夢があるコンテンツ。35歳になった自分は、もうワーキャーしたコントや漫才をやる年齢ではないと感じることもあるので、おじさんに向いている芸だとも思えました。

まーちゃん:経験や深みがある方が有利。要するに人間性が試される芸だよね。既に市場がある海外に合わせて広がる可能性もあると思う。翻訳でニュアンスを伝えられたらいいよね。

松田ナビ:SNSをやっていないまーちゃんさんですが、これは芸人さんの最先端の考え方なのかも!?

まーちゃん:ひねくれているだけかもしれないし成功するのか分からないけど、発信のムーブメントを起こせるのはいいよね。最近は漫才やコントをやっている芸人さんを見て、「かっこいいな〜、セクシーだな〜」と感じることが少なくなった。ロックスターや政治家のように音楽や演説で長い時間人を引きつけられて、集客力もある存在には芸人として嫉妬する。それをうらやましいと思わなきゃダメだと思うよ。終戦直後の沖縄では、夕食を早く済ませて家族みんなで瀬長亀次郎さんの政治演説を聞きに行ったそう。マイク一本で数万人を熱狂させる亀次郎さん、うらやましくてカッコいい! 芸人もそういう飛び出し方する存在になってもいいじゃん。

松田ナビ:エンターテインメントですね。めちゃくちゃうらやましいですし、僕らはそれがやりたいですよね。

まーちゃん:多くの人を熱狂させるには、その人が持っている熱量をどう人に伝染させて、心を震わせることができるか。俺ら芸人にもやれる事はまだまだある気がするよ(笑)。スタンダップコメディを本格的にやっていきたいと思っていたら、いろんな物がいい具合にハマりだしてきました。『お笑い米軍基地』を始めた頃と似たような感覚になっている。楽な気持ちで気張らずに見られる笑いを強制されないエンターテインメント。楽しんでいただけるようにしっかりやります!

松田ナビ:笑えと強制されると、嫌な気持ちになりますもんね。今日はまーちゃんさんの手のひらで転がされ、話をずっと聞いてしまいました(笑)。

まーちゃん:思っている全てを話しました。短い記事の取材の時でも、俺は熱を込めて時間をかけて思いを伝えるよ。そこまで求められていないかもしれないけど、発する事で形になったりするのよ。

松田ナビ:僕はうれしい限りです! まーちゃんさんが、舞台前日にネタを書くのも、「これを見せたい!」という熱量があってこそですよね。

まーちゃん:2015年にがんで入院した時も、本番前日にニュースを見てコントを作り、本番当日の朝に出演者を病院に呼んで稽古した。面倒くさいと思われながらも、「この人抗がん剤でヘロヘロなのに、どうしてここまでやるんだろう」ってみんな何かしら感じるじゃない。「今、これをやらなきゃ!」という気持ちからの行動だったけど、俺に代わって舞台に立つみんなに熱を伝えたかったんですよ(笑)。

松田ナビ:これからスタンダップコメディを広める訳ですが、「これが俺の全てだ、人生だ!」という考えですか?

まーちゃん:まさに原点だよね。マイクを使わない場合もあるし、お客さんの意見も聞いたりしたい。俺は講演会の時などアンケートを取って、観客にも話をさせる。学校では先生や生徒にコントの一部をやってもらったりね。するとみんな、話を聞いてくれるようになるのよ。校則についてアンケートをとっていじったり、「平和な世の中にするためには?」という質問には「ごはんが食べられる事」とか「戦争はクソだ!」という素直な言葉が出て来て「それこそ核心だ!」って驚いたよ! そういうシンプルな純粋さに熱や面白さを感じると、俺たち芸人は何やっているんだろうって思わされる。


慰霊の日を始め、毎年多くの講演会の舞台に立つ

松田ナビ:カッコいい言葉を聞くと、僕らが遠回りしている気持ちにさえなりますね。展望もぜひ教えてください。

まーちゃん:未来を見るより今どんな瞬間を過ごすのかが重要だから、次のステップは浮かばないし先を考えたら嘘になる。いつ死んでもいいと思っているから、最近はヘロヘロよ(笑)。

松田ナビ:「死ぬかも」と思うくらいの気持ちで、毎回の舞台で完全燃焼しているんですね。

まーちゃん:そうじゃないと楽しめなくなっている。でも完全燃焼したら次ができない、ってズルい気持ちもあるから余力は残す(笑)。それが人間のいやらしいところかな〜と思いつつ、嘘にならないようにできる事を準備し、全ての熱量を出すつもりで舞台に立つ。お客さんもぶつかってきてくれるしね。でも俺の舞台を見ると、「疲れるし気持ちを吸い取られる」って言われたりします(笑)。舞台で全部吐き出したら次にやるべき物が出て来て、命をつないでくれる気がするな。お笑いは相手を思いやる優しさ。入院した時は仲間やお客さんへの優しさが欠けて、余裕も失い心がつぶれてしまった。

松田ナビ:病気をされて、余裕が大切だと考えたんですね。

まーちゃん:先がどうなるか分からない不安から、自分勝手になったよね。人を思いやれなくなると、やりたい事が回らなくなるし、そんなヤツと一緒にやりたくないって思われるよね(笑)。生かされていると思いながら答えは分からないままだけど、芸人を続けて少しずつ余裕ができてきた。「余裕こそが大切だ」と気付くまでに2年くらいかかったけどさ。

闘争心のある動物はエネルギー消費量がすごくて生き急いでしまうから、のんびり余裕のある動物が長生きするのと同じ。余裕を持ちながらも「こいつ何考えているかわからないな〜」と思われ、権力にあかんべーして風向きが悪いと感じたら別の場所に行ってみる。芸人はそんな風にずる賢くていいと思っているけど、明日はまたそんな考え方が変わっているかもしれない(笑)。

松田ナビ:そうなんですか(笑)! 余裕は持ちたいと思ってはいますが、改めて聞いて本当に大事だと分かりました。今日はありがとうございました。




【対談を終えて・・・】

☆まーちゃん☆
2時間以上しゃべってゴメンな(笑)。久しぶりだし俺なりの礼儀で、今の思いを全部しゃべろうと思いました。正たちもいろんなことを考えて、モヤモヤする事があると思う。でも今日は話を全て聞いてくれて、「大人になったな」と感じました。おじさんになっただけなのかもしれないけれど(笑)、いろんな経験を味わって喜怒哀楽が増えるおじさんは悪くない。それも伝えたい事の一つです。

☆松田ナビ
まーちゃんさんとしゃべりたい気持ちがあったので、叶ってうれしかったです。10年くらい前から知っていますが、「変わっていない」と思いました。しゃべりたい事がたくさんあって、どうやったら聞く耳を持ってもらえるのか・・・考えているのがまーちゃんさん。その姿勢が芸人さんの原点だと思いましたし、心が動いたありがたい時間になりました。



※まーちゃん開催の週一ライブ『新鮮!産地直送 島笑いちょい呑み処「お笑いニュースペーBar」』。11月13日(水)18時から入場無料のプレ開催決定!正式スタートは11月20日(水)18時からです。



【プロフィール】


★まーちゃん
本名:小波津 正光(こはつ・まさみつ)
生年月日:1974年8月13日
出身地:那覇市
趣味・特技:サッカー、料理 
※YouTube「まーちゃんねる沖縄」
https://www.youtube.com/channel/UCvEA5IJYGM5Mlez7tbHsxpA
毎週(木)21時~21時30分に配信中

★松田 正(まつだ しょう)/初恋クロマニヨン
生年月日:1984年8月22日
出身地:沖縄県読谷村 
趣味:ソフトボール/漫画
特技:野球
Twitter:@hatsukoimatsuda




【インフォメーション】

♦水曜日は琉球新報社ロビーへ! まーちゃんが週一ライブ『新鮮!産地直送 島笑いちょい呑み処「お笑いニュースペーBar」』開催


(108KB)

毎週水曜日18時から、まーちゃんがお笑いライブを開催します。

マイク1本でトークする「スタンダップコメディ」や、YouTube番組を配信するなど内容盛りだくさん!

仕事終わりにふらっと寄れてお酒も飲める大人が楽しむライブを目指し、11月13日(水)は『泉崎お食事処「でいご亭」X北海道産農畜産物マルシェ』イベント開催の中でプレ公演を行い(入場無料)、11月20日(水)から正式にスタートします。会場は「琉球新報社 1階ロビー」(那覇市泉崎1-10-3)。

最新情報など詳細はこちらをご確認ください。
 ↓
●まーちゃんねる沖縄 Twitter:@maachan582
●FECオフィス広報室 公式アカウントTwitter:@FEC_PR
 


 

♦ウィークエンド沖縄花月 特別公演 「大阪VS沖縄3本勝負!2019in沖縄」

日時:11月30日(土)
 ①回目 12:00開演(11:45開場)~A面ネタ対決~
 ②回目 14:00開演(13:45開場)~即興コーナーバトル~
 ③回目 16:00開演(15:45開場)~B面ネタ対決~
料金:前売り・当日ともに1200円
   ※お得な3公演通し券:3000円(通し券購入で、2回目公演後メンバー全員との写真撮影付き)
出演: MC:空馬良樹/エトセトラ/アックスボンバー/ハチク之イキオイ/鉄人小町/to be continued...
   大屋あゆみ/初恋クロマニヨン/ピーチキャッスル/ありんくりん/カシスオレンジ
内容:次世代漫劇メンバーが沖縄を襲撃! 迎え撃つのは、よしもと沖縄ファーストクラスメンバー。軍配はどちらに上がるのか!?
会場・お問い合わせ:【よしもと沖縄花月】
那覇市前島3-25-5 とまりんアネックスビル2階 (マップはこちら)
TEL:098-943-6244
公式サイト==> http://www.yoshimoto.co.jp/okinawakagetsu/pc/
チケットはコチラから==>  http://yoshimoto.funity.jp/calendar/okinawakagetsu/detail/?calmonth=2019-11&kid=1575039600




饒波貴子(のは・たかこ)
那覇市出身・在住のフリーライター。学校卒業後OL生活を続けていたが2005年、子どものころから親しんでいた中華芸能関連の記事執筆の依頼を機に、ライターに転身。週刊レキオ編集室勤務などを経て、現在はエンタメ専門ライターを目指し修行中。ライブで見るお笑い・演劇・音楽の楽しさを、多くの人に紹介したい。




前の記事お鍋の定番 ミニ白菜を育てよう ...
次の記事夢は家族で牧場をやりたい 多良間...