「目は最後に描く、それで絵が決まる」ー本村ひろみの時代のアイコン(18)坂元蘭ペルージさん(アーティスト)

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加



「空間表現展」(12/18〜12/22)の搬入準備で忙しい中、県立芸術大学絵画棟の彼女のアトリエにお邪魔した。広いアトリエにはヤギが2頭描かれた大きな作品と寄贈予定だという座ったヤギの絵、そしてそのそばには今回展示するインスタレーションが置かれていた。インスタレーション「symbiosis(共存)」は彼女が作品を制作するうえでテーマにしている“さまざまな共存の形態”から、今回の作品は微生物との共存を作品に投影している。


Mt. symbiosis

横に伸びる形で吊るされたガジュマルの枝に、こんもりとした山をイメージした立体。その山の膨らみのなかには生きものがうごめいている。その山にはその山にしか存在しない共存社会がある事を地元奄美の自然で学んだそうだ。



ヤギとガジュマルが表すもの

今回の「空間表現展」は大学院修了作品を自ら展示するプレ展示。場所や見せ方を意識して構成するものだ。2月に沖縄県立博物館・美術館で開催される「卒業・修了作品展」とは違う形態で展示するため「作家なりの自分らしさの展示表現」となるようだ。そして彼女は、現在他にも東京町田市で開催されている「全国大学版画展」(12/7〜12/22)に作品を出品している。「この作品です」と見せてくれたのはタイトル「Symbiosis」。大きなガジュマルの木の根元にヤギが佇んでいる。ガジュマルの精霊に守られているようにも見える。




ヤギとガジュマルは蘭ペルージさんにとっては「与えるもの」と「奪うもの」の象徴だ。

蘭ペルージさんは高校生の頃からヤギを描いてきた。
奄美の実家にはヤギがいて、ずっと一緒に生活していた。
そして仔ヤギが成長して一年ほど経つと大切に食する。
「感謝しながら頂くヤギは、人間にいろんな栄養を与えてくれるエネルギーの象徴なんです」と話してくれた。そんなおり、共存について学部時代に研究を進めていた時に出会ったのが、周りのエネルギーを吸収して大きく成長していく“ガジュマル”。ガジュマルは彼女のなかで「奪うエネルギーの象徴」として描かれている。
 

仙人のような存在


“蘭ペルージはヤギの人”ってみんなに言われて嬉しいんです。と笑顔で語る彼女にとって、ヤギは兄弟や従兄弟のお兄さん達のなかで「自分が浮いた存在」のような気がしていた彼女を、そっと見守ってくれていた。まるで仙人のような雰囲気を漂わせ、安心感を与えてくれた。
ヤギを描く時、深淵な目の輝きを最後に描いて絵は完成する。

2019年10月、彼女は「第18回奄美を描く美術展」で大賞を受賞した。フクロウにカエル、赤や青い鳥にハブ、そしてもちろんヤギも描かれた作品「共に生きるシマ」。島の未来を案じる彼女の作品には命の力に溢れている。

「命」「生き物」「存在」そして「共存」
彼女との会話の中から浮かび上がる言葉はどれも「生」に繋がっている。



〝ヤギの人〟の夢

ところで「蘭ペルージ」という名前は友人が付けてくれたニックネーム。
「ランペルージ」という明るい響きが嬉しくて、ある時「この名前で生きていこう」と思ったら陽気な気分になったそうだ。「ヤギの人=蘭ペルージ」の夢は、教育の現場で子どもたちに美術の楽しさ素晴らしさを教えること。

今年の夏、美術館のワークショップで子どもたちに「粘土で歴史と共にヤギをつくる」という企画の講師をした。



美術の楽しさと知識を伝え、作品作りを体験してもらうワークショップ。「難しかった」「楽しかった」「また粘土でつくってみたい」。様々な感想が終了後のアンケートに寄せられた。美術をそばに感じて欲しいという彼女の思いはもう動き出している。

蘭ペルージさんはいつの日か子どもたちから「ヤギの先生」と呼ばれている気がする。心から愛するモノ=ヤギに出会えた蘭ペルージさんは幸せだ。永遠に語る言葉を持ったのだから。

◆空間表現展 ◆
12月18日(水)〜12月22日(日)
10:00 〜 17:00
沖縄県立芸術大学附属図書館・芸術資料館2F (マップはこちら
入場無料


【坂元蘭ペルージ プロフィール】


坂元蘭ペルージ(さかもと・らん・ぺるーじ)

1995 奄美大島生まれ
2018 沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科絵画専攻 卒業
2018 沖縄県立芸術大学造形芸術研究科環境造形専攻絵画専修油画研究室入学



<主なワークショップ>
2018 「『OKINAWA』アートワークショップ2018ボク、わたしの山羊~山羊を知って、山羊を作ろう~」沖縄県立博物館・美術館アトリエ(沖縄)
2019 「夏休み子どもフェスタ2019 粘土で山羊博士!」沖縄県立博物館・美術館

<主な展覧会・受賞>
2014 那覇市立病院絵画100点展プロジェクト ~現在(沖縄)
2018 「田中一村生誕110年記念奄美を描く美術展(第17回)」入選 奄美パーク(奄美)
  ・版と言葉展2019(沖縄)
2019 「Symbiosis展 坂元蘭個展」沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館(沖縄)
  ・「奄美を描く美術展(第18回)」大賞(奄美)
  ・全国大学版画展(東京)
  ・空間表現展(沖縄)




【筆者プロフィール】


本村ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学造形芸術科修了。
ラジオやテレビのレポーターを経てラジオパーソナリティとして活躍。
現在、ラジオ沖縄で「ゴーゴーダウンタウン国際通り発」(月〜金曜日 18:25~18:30)、「 WE LOVE YUMING Ⅱ 」(日曜日 19時~20時)を放送中。




前の記事店主の人生も、食材の歴史も…アジ...
次の記事あったか~い明かりを見に行こう!...