サクラサク 新年に… [まーちゃんのお笑いニュース道場]

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

はいさい!
今度のセンター試験で「お年玉の使い道を答えよ」という問題を“記述式”で出題したいと思っている三流芸人です。

え、どこかの共通テストの記述式問題は見送りになったの?

それどころか、正月もクリスマスもない受験生に“お年玉問題”を出題すること自体、受験生に対して失礼? 確かに!



先日、アメリカのトランプ大統領が「米宇宙軍を発足させる」と発表してさ。最初は「新作映画スター・ウォーズの宣伝?」なんて思ったけどさ。どうやら本気みたいだね。さすがアメリカ!
やることが豪快というか、桁外れというか、軍縮に向かうどころか軍備を拡大させるなんて豪快というか、“的外れ”というか。

もしかしたら僕みたいに米宇宙軍のことを「本当にそんなものできるの?」なんて疑っている人もいるかもしれないさ。トランプ大統領にはぜひその本気度を示すために、沖縄の米軍基地を月に移設してほしいね!

沖縄の海を土砂で埋め立ててV字の滑走路を造るより、ロケットで資材を月まで運んで基地を造った方が夢があるしや。世界中の子どもたちから「ハリウッド映画みたい!」なんて尊敬されるしね。そんな宇宙をロケットで縦横無尽に駆け回るトランプ大統領のことを親しみを込めて、ぜひ「ロケットマン」という愛称で呼びたいね。あっ、確かかつてトランプ大統領が北の国の偉い人にそんなこと言っていたっけ?


イラスト:なめたけ子

でもやっぱりアメリカの大統領は態度もデカイけどやることもデカいよね。こうなると日本の総理大臣も負けてられないね。ぜひ安倍総理にも頑張ってもらって、ロケットをバンバン打ち上げてね。日本の桜の木を月まで運んで、月面に植樹してもらってさ。将来は月で「桜を見る会」をやってほしいよね。もちろん、国民はそんなものに税金を払いたくないし、招待されても困るしさ。安倍さんには奥様と自費で月に行ってもらってね。僕らはそれを地球から眺めるわけさ。
あっ、それだと「桜を見る会」じゃなくて、ただの「お月見」かっ!

どうせ桜を見るなら、来年の春に受験生たちと一緒に“桜が咲くところ”を見たいね。チバリヨー、受験生!

(小波津正光、お笑い芸人)



◼米宇宙軍発足 中ロ対抗/トランプ氏 「死活的な国益守る」(8月31日付、7面)
◼記述式見送り表明/文科相 国・数、大学共通テスト/英語に続き目玉頓挫(12月18日付、1面ほか)
 




まーちゃんからお知らせ

新鮮!産地直送 島笑い ちょい呑み処「お笑いニュースペーBar」
新年は1月8日(水)から

You Tube「まーちゃんねる沖縄」
毎週水曜日 配信中



(2019年12月27日 琉球新報掲載)



前の記事2020年は彼らの「耳に優しい歌...
次の記事美輪明宏明かす脳梗塞での入院生活...