俳優からアートの世界へー本村ひろみの時代のアイコン(24)町田ひろ(「People’s Art Gallery」オーナー)

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加



華がある人。
取材でギャラリーにお邪魔した時の第一印象だ。ひろさんは包み込むような笑顔で迎えてくれた。20代前半まで俳優をされていたと伺って納得。人を惹き付ける魅力に満ちあふれている。賑やかな北谷町美浜アメリカンビレッジのデポアイランドでギャラリーをオープンしたのが2019年の8月。まだ一年も経っていないのに、すでに8人の県内外のアーティストの個展、3つのグループ展、そしてミュージシャンとのイベントなどを開催してきた。




転機となった一言

東京で俳優の仕事をしている時代にアーティストの友人が増えたそう。もともと映画が好きで、時間のある時には映画館はもちろん個展やアートイベントにも足繁く通っていたという。


東京の俳優時代

「本当にやりたい事を見つけ、それを自分で決めてイチから行動したい」と考え、沖縄に戻った。そしてそのタイミングで、古くからの友人で、県内外で活躍している沖縄出身のイラストレーター、Ms. little Chico(ミスリトルチコ)さんから、「沖縄で一緒にイベントを企画しない?」と声をかけられた。間違いなく運も味方している。(※ミスリトルチコさんは、現在、au沖縄セルラーの『春つながるキャンペーン』でデザイングッズプレゼントを展開中)



SNSから一歩

チコさんと一緒に、まずSNSなどインターネットを駆使して沖縄県内のアーティストの知り合いを増やしていった。その情熱が功を奏して夢への一歩に繋がった。デポアイランドの方から、海岸沿いの遊歩道でアートイベントをする企画が舞い込んだ。そのチャンスを実現するために、様々な職種の友人がひろさんを応援するために集まり、アートイベントの企画運営までともに活動してくれた。
「第1回 Okinawa Art Market」(2018年11/10〜11/11)は2日間の開催だったが、予想以上の反響となり40組近いアーティストの参加があった。
夢が確信に変わった瞬間。ひろさんの想いは加速する。
「これだけ多くのアーティストと出会えたのだから、突き進む」
2019年の第2回Okinawa Art Marketは、遊歩道にテラス部分も伸びさらに面積が広がったボードウォークが会場となった。
そして4月、転機がおとずれる。
もっと定期的にアートイベントをやりたいという思いと、せっかく沖縄でアーティストとの繋がりもできたので一年に一回だけでは勿体無いという思いを持ち続けていたひろさんは、会場近くの店舗が閉店することを知る。秋に開催するアートマーケットの準備中で忙しかったが「日常からアート作品に触れる場所をつくりたかった」。ギャラリーオープンは大変な仕事だとわかっていても、この流れは止められなかった。「ギャラリーをしたい」とビルのオーナーにお願いをした。


ギャラリーオープンに向けた準備

偶然、この頃からSNSでひろさんが仲間と一緒にギャラリーを作り始めたメイキングの投稿を、私はインスタグラムで見ていた。なので、ギャラリーが完成した時なぜか他人事とは思えず感動したのを覚えている。



「それでいいんだ」の空間

2019年8月、“People’s Art Gallery”がオープンした。
8.2坪の空間にショップエリアとギャラリースペース。
アメリカンビレッジという場所柄ゆえ、いろいろな方が立ち寄ってくれる。



フラッと入ってくる方。「初めてギャラリーに来た」というお客さん。SNSを見て遊びに来る若い方。
「敷居が高くなく、気軽にアート作品に触れられる場所」にしたいというひろさんの想いに沿う空間となった。
People’s Art Galleryの由来は、“人が好き”“アートと人、人と人を繋げたい”“人々が集まる場所にしたい”そんな思いから名付けられた。


自身が描いたポートレートと共に。

様々な表現を知って、それを認めることができる。それがアートの力。
作品を見て泣く人がいたり、感想をつぶやいたり、ひろさんに相談話をしたり。
ミュージシャンの友人が仕事の合間にフラッと立ち寄ることもある。今回の取材中もモッズで演奏をしているというピアニスト&キーボーディストの池田明帆さんが遊びにいらした。「ギャラリーだから」と身構える必要はない。


ギャラリーを訪れたミュージシャンの友人と。

ギャラリーで販売しているグッズ。

People’s Art Galleryは、自分を解放したり、新しい自分に出会える場所になっている。そしてこれからの沖縄のアートシーンには必要な存在だ。この空間から盛り上がっていくムーブメントに期待が膨らむ。



【今後の展示会スケジュール】

◆「壱万円美術館」3月31日まで

◆4月25日〜26日は東京を拠点に活躍する話題のSweets Decoration Artist KUNIKAさんの個展開催決定!
https://www.instagram.com/_kunika_/?hl=ja

◆2020年第3回 Okinawa Art Marketは11月開催予定。
詳しい情報はPeople’s Art Galleryのサイトで。
Instagram:https://www.instagram.com/peoples_art_gallery/?hl=ja




【町田ひろ プロフィール】


町田ひろ(まちだ・ひろ)

1993年 読谷村出身
2011年 芸能事務所にスカウトされ、放送作家・鈴木おさむが演出・構成を手がけるドラマ、「私のホストちゃん~しちにんのホスト~」で俳優デビューする。
「GTO」「diner」「新宿スワン」舞台「おねだり」などドラマや映画、舞台、CMと数々の作品に出演。
2017年 拠点を沖縄に戻し、翌年2018年にはイラストレーター Ms. Little Chicoと共に野外アートイベント「 Okinawa Art Market 」を立ち上げる。
2019年 北谷町デポアイランドにてアートギャラリー&ショップ「 People’s Art Gallery 」を8月にオープン。沖縄のアートシーンを盛り上げようと精力的に活動している。




【筆者プロフィール】


本村ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学造形芸術科修了。
ラジオやテレビのレポーターを経てラジオパーソナリティとして活躍。
現在、ラジオ沖縄で「ゴーゴーダウンタウン国際通り発」(月〜金曜日 18:25~18:30)、「 WE LOVE YUMING Ⅱ 」(日曜日 19時~20時)を放送中。




前の記事漫画・ハマとんど~「ヒマな人ほど...
次の記事実家や親戚の家によくある〝中華イ...