Kawaiiの連鎖は止まらないー本村ひろみの時代のアイコン(27) アーティスト・辻野絵美利

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加



リボンに縁取られた淡い紫色のネームカード。裏の面には小花とリボンがデザインされたランジェリーが描かれている。
頂いた辻野さんの名刺が何ともキュートなのでテンションが上がった。
ふと見上げると辻野さんの目元のアイシャドーもラベンダーカラー。
「パープル系が好きなんですね」と尋ねると、柔らかい笑顔でうなずいた。
アーティスト・辻野さんは、まるで彼女の作品の中の人のようにチャーミングな印象だった。


『リボンブラ』

ファッションに目覚めて

辻野さんは石垣島の出身。沖縄本島にある沖縄県立芸術大学へ進学するまで石垣島で育った。
美しい海も近くにあるのに、子どもの頃から涼しい部屋の中で絵を描いて過ごすことを好んだ。小・中学時代から漫画を描くようになったが、当時は乙女チックな少女マンガを描いてもなぜかギャグ漫画になってしまう事に悩んでいたそうだ。

今のようなカラフルで乙女の世界を感じさせる作品に変化してきたのは、大学時代、ファッションに目覚めてからのこと。
大学に入学し本格的に絵画を学び始めた。それと同時にファッションにも夢中になり、ファッション誌を眺め“ハイヒール”“ドレス”“ネックレス”“ランジェリー”などファッションアイテムもモチーフとして作品に取り入れていった。



“かわいい”を形に

アーティストは次々と作風を変化させていく。
彼女の作品は、油絵からアクリルへ、そして大学3年の頃にはコラージュでの制作がメインになった。技術的な面では、自分の描く「線」がどうにも好きになれず、形状を思い切ってシンプルな模様にした。柔らかい曲線、点や丸(ドット)を画面上に配置していくと、画面が楽しげでリズミカルになり、辻野さんの思う「絵画として身近でありたい」というコンセプトに沿ったものになっていった。

大学の卒業制作は「かわいい」に形を与えた作品。
布を染めて、ドレスを制作した。『Kawaiiの連鎖』(2011)は大作となったが、展示した空間すべてがうっとりするような、ファンタジーなものになっている。デザインをドットで構成し「このドレスを着たら元気になって、モチベーションも上がり、ポジティブになれる!そんな思いを込めて制作した」と話してくれた。
アーティストの願い通り、明るく光に満ちた作品に仕上がっている。


『Kawaiiの連鎖』

卒業後の作品はモチーフも素材も豊富になり、さらに自由な印象になった。

2013年の作品『つながる』は、さまざまな糸をコラージュしネックレスに見立てている胸キュンな作品。


『つながる』

2014年の『鞠宇宙』は2014年トーキョーワンダーシード入選作品。彩度の高い球体の躍動感、画面からパワーがあふれている。


『鞠宇宙』

2017年は『マトリョーシカ』『GRAPE』『オキザリス紫の舞』の3作品を制作。


『マトリョーシカ』

『GRAPE』

『オキザリス紫の舞』


そして、アクリル絵の具に画面いっぱいのコラージュで制作した『もっとずっとたくさん』はなんともカラフルな骸骨。「骨になってもかわいいものに囲まれている」がコンセプト。私も思わず「かわいい!」とつぶやいた。


『もっとずっとたくさん』

2018年の作品『ユニコーン』。ファンタジーでポップなこの作品は、なは市民芸術展奨励賞を受賞した。


『ユニコーン』

そして最新作は、色彩のバランスを意識的に“微妙に崩す”印象にした『鳥たち』。画面から鳥のおしゃべりが聞こえてきそうなほどピースフルな作品だ。


『鳥たち』

 3年前からたくさんの植物に囲まれて生活しているという辻野さん。時代の波に流されず、自分らしいペースで制作を続けている彼女の作品からは、ささやかな日々の愛おしさがあふれている。間違いなくKawaiiは愛の代名詞!


(62KB)

(62KB)

グループ展参加予定
*新型コロナウイルス感染症防止のため、開催日程が6月26~28日に変更になりました。開催に関しての詳しい情報はギャラリーPINUPのHPにてご確認ください。



【辻野絵美利プロフィール】


辻野絵美利(つじの・えみり)

2011年 沖縄県立芸術大学 美術工芸学部
美術学科 絵画専攻 卒業
 
〈おもな展示歴〉
2011年 第36回大学版画展
2012年 第64回沖展 入選
2013年 沖縄学生美術展2013
2014年 トーキョーワンダーシード2014 入選
 第66回沖展 入選
沖縄学生美術展2014
2017年 絵画娯楽(東京)
2018年 トーキョーワンダーシード2018 入選
第11回なは市民芸術展 奨励賞
2019年 美術の先生がつくった作品展Vol.7
Emiri Tsujino Exhibition(東京) 個展
2020年 第12回なは市民芸術展 入選
 
〈ホームページ〉
https://emiritsujino.wixsite.com/works




【筆者プロフィール】


本村ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学造形芸術科修了。
ラジオやテレビのレポーターを経てラジオパーソナリティとして活躍。
現在、ラジオ沖縄で「ゴーゴーダウンタウン国際通り発」(月〜金曜日 18:25~18:30)、「 WE LOVE YUMING Ⅱ 」(日曜日 19時~20時)を放送中。




前の記事漫画・ハマとんど~「どっちなんだ...
次の記事家でもできるの!?スマホでバレエ...