オリオンビール ✕ ちゅらグルメ飲食店応援プロジェクト

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


<< 前へ

 



糸満漁民食堂オリジナルの醤油を手にする店主の玉城弘康さんとスタッフたち

漁師の街を象徴するような「糸満漁民食堂」。市場から直行の丸々としたイマイユを、店主の玉城弘康さん(42)が一番おいしい調理法で提供する。特にイチオシのバター焼きはたっぷりのバターで丁寧に焼き上げ、外はパリッ、中はふんわりジューシーに仕上げている。沖縄の魚のうまさを再確認する絶品だ。

使用する特製バターはアーサ(あおさ)、トウフヨウ、ウッチンの3種類から選べる。テークアウトは基本的にアーサのバターだが、電話注文時に選ぶことも可能。他に、魚汁、イカスミ汁も提供する。テークアウト開始に合わせSNSを積極的に活用し初来店の客やリピーターも生まれているという。当面は時短・予約営業をしながら、テークアウトも続ける。

玉城さんの実家は魚の仲買人だ。幼いころから市場に通い、魚のうまさを知り尽くしてきた。「沖縄の魚がおいしいことをもっと知ってもらいたい」。コロナ禍でも沖縄の魚のPRに力を注いでる。


テークアウト用バター焼きと魚汁、イカスミ汁。ご飯などが付く


糸満漁民食堂
糸満市西崎町4の17 (マップはこちら
TEL: 098-992-7277






テークアウト利用を呼び掛ける店長の玉元夢叶さんとスタッフ

沖縄市で地元に愛される居酒屋だ。メニューが豊富で、財布にも優しいと人気。全国に向けた緊急事態宣言が出された4月中旬から店を休業し、その後、「自宅でもコトブキの味を楽しんでほしい」と、夜のテークアウトを始めた。

メニューはチャンプルーや串焼きの盛り合わせなど、店の自慢の品を提供している。イチオシのもつ鍋は、鍋持参で直接用意してくれる。もちろん鍋がなくてもOK。出汁は醤油、塩、味噌、チゲの4種類から選べる。家で出汁を注いだら完成だ。居酒屋の味と雰囲気が楽しめると好評だという。2人前1000円という価格もうれしい。

馬刺しも人気だ。店長の玉元夢叶さん(24)は「熊本県から直接仕入れている。女性にも人気の赤身だ」と話す。予算に応じてオードブルも用意。「冷めてもおいしいよう工夫し、愛情を込めて作っている。多くの人に食べて、笑顔になってもらいたい」と話した。


Kotobukiの豊富なおつまみがテークアウトできる。もつ鍋は鍋持参でも、鍋なしでも対応可能


居酒屋ダイニング Ktobuki
沖縄市大里2の1の23 (マップはこちら
TEL: 098-987-8131






代表の岩田清和さん(左)とシェフのマダンシンさん

石垣島の人気カレー店。インドニューデリー出身のシェフが作る本場の味を楽しめる。絶妙な配合のスパイスが、丁寧に煮込まれた具材の味を引き立てる。辛さを選択できるので、子どもにも安心だ。

ランチは4種類、ディナーは7種類のカレーを用意。特にバターチキンカレー、キーマカレーが人気だ。ランチでは、サラダ、ナンまたはライスに、カレー1種類を選ぶ「Aセット」、カレー2種類と〝シェフの気まぐれ一品〟が付いた「Bセット」が好評。焼き立てが絶品のナンは店内ではお替わり自由、テークアウトでも2枚付く。「残ったらジャムやハチミツで食べてもおいしい」と、代表の岩田清和さん(45)は話す。意外な組み合わせの「八重山カレーつけそば」もこれからの暑い時季に人気という。

4月初めにテークアウトを始めた。岩田さんは「ニーズはある。今後もテークアウトは続けたい」と前向きに話し「本物のインドカレーをぜひ食べてほしい」とアピールする。


2種類のカレーが選べる「Bセット」。ナンは2枚付く


スパイスカレー マダン
石垣市美崎町センター通り7の10の1F 西
マップはこちら
TEL: 0980-88-8672 (居酒屋 海八内)


テイクアウト&デリバリー登録店舗

<< 前へ





前の記事オリオンビール ✕ ちゅらグルメ...
次の記事コロナ症状は10日目前後に注意 ...