沖縄を舞台にした一本【おうちで観たいTSUTAYAスタッフおすすめの名画】

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加



自宅でゆっくり過ごしたいときは「おうちシネマ」がオススメです。
最近は動画配信サービスが充実し、気軽に映画を選べるようになりましたが、コンテンツが多すぎて何を見ようか迷ってしまうことも…。
そんなあなたに、映画愛あふれるTSUTAYAスタッフがテーマに合わせたおすすめの作品を毎月紹介します! 

TSUTAYA新都心店、小禄店、首里店では、琉球新報Styleで紹介した作品を集めたコーナーを設けました。スタッフの感性がちりばめられた店内を見て回ると、新鮮な出会いがあっておもしろいかもしれません。わくわくした気分でおうち時間を豊かにする映画を一緒に選んでみませんか?

9月のテーマは、「沖縄を舞台にした一本」です。
新型コロナウイルスの影響により、花火大会や地域の祭り、沖縄の伝統行事エイサーも中止。ビーチも閉鎖されているところが多く、沖縄らしい夏を楽しめない人も多いはず…。そんな思いを少しでも払拭できるような、沖縄の良さを感じられる作品を選んでいただきました。
各店舗のスタッフによる愛があふれるコメントをお楽しみください。

 

『小さな恋のうた』
SUTAYA小禄店スタッフ 新嘉喜セレクト



沖縄を代表するバンド、モンゴル800の楽曲をモチーフに作られた青春バンド映画!!高校生である主人公たちが、バンド活動を通して、人の優しさや現実の厳しさに触れていく!笑いあり、涙あり、甘酸っぱさありのストーリーは老若男女におススメ!

音楽は国境を超えるのです!映画を聞くとオリジナルの曲も聞きたくなるので、モンゴル800のCDを準備してからの映画鑑賞をオススメします!

 

『旅立ちの島唄』
TSUTAYA那覇新都心店スタッフ 仲村渠セレクト



沖縄の離島、南大東島での実話を元に制作された珠玉の感動ストーリー。
那覇から船で13時間かかるこの島には高校が無いため、15歳の春に島を出て家族と離れて暮らさなければならない…。高校進学で島を離れるヒロインの最後の一年間をつづる物語。すべてのおとー、おかー、子どもたちに見てほしい感動ストーリー!!

主人公の優奈(三吉彩花)が島唄「アバヨーイ」を唄うシーンは涙なしには見れません!
「深夜食堂」マスターで名演を見せる小林薫、数々のドラマ映画で存在感を出す大竹しのぶ等、一流のキャストに加え沖縄からも沢山の方々が出演されています!

南大東島の美しい風景もぜひ堪能して欲しい!そして出会いと別れ、旅立ちと丁寧に描かれていて、「こんな素晴らしい映画があったのか!」と唸る事間違いなし!!元気、勇気、そして感動、すべてここに詰まっています!

 

『ナビィの恋』
TSUTAYA首里店スタッフ 稲福セレクト



60年越しの恋に胸を焦がすナビィおばぁを巡る騒動を描いたコメディ。
1999年劇場公開で沖縄ブームの先駆けともいわれたこともあり、ご覧になっている方も多いと思います。 

個人的には違和感なく普通に楽しめる数少ない沖縄映画です。 
今回のお題を頂いて改めて鑑賞すると違和感なく観ることができるのは 、「おばぁ」の平良とみさんと「おじぃ」の登川誠仁さんの素晴らしさあってこそだと再確認しました。
 
優しい笑顔とお茶目な表情のかわいらしいおばぁ。 演技なのか素なのかどっちだと思うほど愛くるしいおじぃ。 今はもう会うことができないお二人ですが、「ナビィの恋」ではいつでも会うことができるのです。 

沖縄の海や空、島の人々、そして沖縄芸能の素晴らしさを再確認させてくれる一本です。
 


今回は「沖縄を舞台にした一本」を紹介しました。気になる映画はありましたか?次に観る映画の参考にしてみてくださいね。

次回のテーマは「旅に出たくなる一本」。夏休みを使って旅行に出る準備をしていた人も多いはず。しばらくステイホームが続きそうですが、コロナが明けた後に思わず旅に出たくなるような気分にさせてくれる作品をご紹介いたします!

ただ今、店舗限定で旧作1本レンタルが無料になるスペシャルクーポンを発行中です!みなさまのご来店をお待ちしております☆

TSUTAYA×琉球新報Style スペシャルクーポン 有効期間 9月30日まで

TSUTAYA新都心店、首里店、小禄店の3店舗限定の旧作1本レンタル無料クーポンです。
レジにて、この画面を見せて頂いた方には、旧作レンタル7泊8日(DVD・ブルーレイ・CDアルバム・コミック)1本無料になります。

 ※注意 おひとり様1本のみとさせていただきます。


WSJ特設サイト

前の記事夢への道 共に歩む~6学科卒業生...
次の記事甘辛の魯肉飯にさっぱり味の酸辣湯...