リストバンドで避難所内の感染予防対策を可視化

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加



Withコロナ時代における災害時の避難所内では、高齢者や基礎疾患をもつ避難者と、発熱のある者を明確に区画分けする必要がある。

また、年々増加している外国人観光客や要介助者など、様々な属性をもつ避難者もおり、避難所内の運営をスムーズに行い避難者の安全を確保するこが重要な課題となっている。

そこで豊見城市は、識別が容易にできるリストバンドを使用し円滑な避難所の運営を行っている。

●豊見城市の使用方法
豊見城市では、災害避難者を「一般避難者」「高齢者」「体調不良者」「感染症の濃厚接触者」のエリアで区画分けし、対象者をリストバンドの色やプリントされたデザインで識別。それにより、避難者の属性を目視で判別でき、スムーズな避難所運営と避難者への安心の提供が可能となった。

※豊見城市が使用しているリストバンド事例
豊見城市のロゴやキャラクターをデザインに入れて、市のPR効果に加え災害時では、避難者が現在地の確認が出来る事と、避難者の不安な気持ちを緩和する効果が望める。また、メモの欄を大きく取る事により汎用性を持たせている。

ギグバンドドットコム
(運営会社:有限会社エーエムピー)


【所在地】 那覇市曙 2-23-27  (マップはこちら
【TEL】0120-946-302
【FAX】098-894-8925
【URL】https://gig-band.com/wp/with-corona-template/



前の記事堺雅人「半沢」現場の憔悴…2時間...
次の記事夫が断捨離にハマり中!物を減らし...