戸田恵梨香 電撃婚にあった転機…最愛の実父が急死していた

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
19年10月の深夜、恋人役の松下洸平らと居酒屋から出てきた戸田恵梨香。

12月10日に発表された戸田恵梨香(32)と松坂桃李(32)の電撃婚。熱愛報道すらなかった2人だけに、世間からは祝福とともに驚きの声が上がった。

コロナ禍の自粛期間で愛を深め、結婚に至った戸田。実は決断の陰で、もうひとつ大きな人生の転機を迎えていた。

本誌は電撃婚の舞台裏について聞くべく、兵庫県神戸市にある戸田の実家へと向かった。だが、自宅前にあった「戸田」の表札がなくなっている。すると、近くに住む女性がこう語った。

「7カ月ほど前、戸田さんのお父さんが亡くなったんです。その後、すぐにご家族は引っ越していきました。

お父さんは亡くなる1週間ほど前にもコンビニに行くところをお見かけするほど元気だったので、本当にびっくりしました。まだ65歳という若さだったそうです……」

なんと、最愛の父親が“急死”していたというのだ。

近所の住人からは、「明るくて元気な人」と評判だったお父さん。娘思いな面も知られていた。

「彼女が中学卒業後の進路で『神戸に残って進学するか、それとも上京して芸能界にチャレンジするか』と迷っていたとき、背中を押してくれたのもお父さんだったそうです。

女優になる夢があるなら、自信と勇気を持ってチャレンジしなさい。そんなアドバイスがあったからこそ、恵梨香ちゃんは女優として生きていく決意を固めることができたみたいです」(同級生の母親)

強くて優しい父。その背中を戸田はずっと見てきた。

■「理想の家族として映っていた」

「恵梨香ちゃんのご両親は、とても庶民的な方です。買い物は普通のスーパーですし、移動はいつも自転車。彼女が活躍するようになってからも決して偉ぶらないし、生活が派手になることもありませんでした。

それに、2人とも飾らない人でね。お父さんはハキハキしていて、お母さんはおしとやかなタイプ。でもどちらも常に自然体なので、話しやすいんですよね。とても素敵なご夫妻です。恵梨香ちゃんの目にも“理想の家族“として映っていたと思います」(前出・同級生の母親)

あくまで慎ましく、飾らない生活を続けてきた両親。そんな夫婦像は、戸田のなかにもしっかりと根付いていたようだ。

「コロナ禍ということもあったのでしょうか。派手にも見える恋愛遍歴を歩んできた戸田さんですが、最終的には挙式披露宴の予定もなく家族たちに見守られるなかでの“地味婚”に落ち着いたそうです。

松坂さんはあまり物欲のない方で、ここ10年でいちばん大きな買い物が“10万円の時計”だといいます。もちろん、外で派手に遊ぶタイプでもありません。

戸田さんがそういうお相手をパートナーとして選んだのは、やはりご両親の姿を見てきたからだと思います。亡くなったお父さんからの『夫婦は飾らず』という遺訓は、彼女にもしっかり受け継がれていたということでしょう」(戸田の知人)

12月15日(火)発売の「女性自身」では、戸田の電撃婚舞台裏を掲載。2人の交際情報がどこにも漏れなかった理由、実母が周囲に語っていたという急死の真相、娘思いだった実父の家族秘話や最後に残していたものなどを伝えている。
 

「女性自身」2020年12月29日号 掲載



【関連記事】

【写真あり】プライベートではインドア派だという松坂桃李

戸田恵梨香や石原さとみも…熱愛報道ゼロ婚が続く4つの理由

戸田恵梨香はクリア?松坂桃李の厳しすぎる結婚20カ条が話題




前の記事ウチナーンチュとして知っておきた...
次の記事【動画】海の妖しいクリスマスツリ...