「作品の中で生きてる」三浦さん竹内さん出演へ英雄編の団結

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
19年5月、映画1作目が公開。三浦さんと竹内さんは笑顔を見せていた。

3月からようやく撮影がスタートする長澤まさみ(33)の主演映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』。'18年の連続ドラマから始まり、'19年には映画化。昨年公開した映画第2弾の『プリンセス編』は興行収入30億円を超える大ヒットとなった。

実は準備稿ではあるものの、今回の『英雄編』台本の出演者欄に竹内結子さん(享年40)と三浦春馬さん(享年30)の名前が載っていたというのだ。

ファンたちにとっては、まさに“奇跡の映画”となるはず。その陰には、長澤の熱い思いがあったという。

「彼女はずっと、竹内さんや三浦さんとの“再共演”を熱望していたんです。

竹内さんとの初共演は'03年公開の映画『黄泉がえり』。そのときにデビュー間もなかった長澤さんに主演の竹内さんが優しく接してくれたそうです。以来、彼女にとっては竹内さんがずっと“憧れの女性”になっていたといいます。映画化の際に、共演を熱望したのも長澤さんでした。

また三浦さんについても、長澤さんが当初から猛プッシュしていました。実はもともと、三浦さんは2作目までしか出演しない予定だったのです。しかし、彼女は三浦さんを『撮影初日からまぶしくて。いまだかつて、この作品にこんなまぶしい人がいただろうかというぐらい』と絶賛。結果、3作目では主要キャストになることが決定していました。

そんな2人が亡くなった後、長澤さんは『このシリーズはもう終わらせたい……』と漏らすほどショックを受けていました。

ただいっぽうで、この作品が“2人との最後の接点”でもあったということ。そう思い直したことで、改めて“再共演”したいという意向を抱くようになったといいます」(芸能関係者)

さらに長澤だけでなく、スタッフたちも『もう一度だけ2人の共演を実現させたい!』と奔走していた。

「コロナ禍に加えて脚本がすべて白紙になったことで、調整は困難を極めました。しかし1月に入ってからもスタッフが海外に飛ぶなど、実現に向けて動き始めています。すべては、2人との“共演作”を最高のものにしたいからです。

この映画に関わっている人たちはみんな、竹内さんと三浦さんが今でも欠かせない存在であると思っています。だからこそ、もう一度出演させることによって『彼らは作品の中で生きている』というメッセージを伝えたいそうです」(前出・芸能関係者)

公開は来年を予定。再びファンの心を揺さぶる作品となりそうだ。

「女性自身」2021年2月9日号 掲載



【関連記事】

【写真あり】19年、ワールドプレミアで横に並ぶ竹内結子さんと三浦春馬さん

三浦春馬さん父が初告白!悩んでいた母との関係、最後のLINE

三浦春馬さんは泣いていた…恩人監督が語る逝去7カ月前の涙



WSJ特設サイト

前の記事香取慎吾のSNSとの付き合い方。...
次の記事ママにも必要!自分の空間 子ども...