プペル美術館どうなる?西野側が回答「吉本と連携予定なし」

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
8億円のサロン収入があるという西野。

《お騒がせしてすみません。吉本興業を卒業しました》

1月30日、自身のTwitterで吉本興業からの“電撃退社”を発表したキングコングの西野亮廣(40)。

西野といえば、手がけた絵本を映画化した『えんとつ町のプペル』が昨年末の公開から1カ月で早くも100万人を動員。

いっぽう、1月27日のTwitterでは《吉本興業の対応がナメ腐っていたので、会社ごとガン詰めしました》と投稿。映画宣伝を巡る吉本の対応に、不満を爆発させていた。

西野はけんか別れではなく、あくまで話し合いの末の円満退社だと強調。今後も、吉本との関係性は継続すると発表していた。

だが、吉本側の反応は冷ややかだ。一部では、吉本に近い関係者が「今着手しているプロジェクト以外は、西野とのすべての仕事を終了すると聞いています」と語っていたとの報道も浮上。本誌が取材をした関係者も、こう語った。

「西野は『俺が辞めると言ったら吉本は引きとめるはず』とタカをくくっていたのでしょう。でも、吉本の答えは『どうぞどうぞ』だったのです。これまでも彼のせいで、マネージャーが潰されてきましたからね。当然の結果ですよ。

今回の映画も、吉本は全面的にバックアップしてきました。しかし今後、彼にはその後ろ盾がなくなるわけです。これまでのように大きな仕事を続けていくのは、難しいのではないでしょうか」

実際、西野が進める「えんとつ町のプペル美術館」計画にも暗雲が立ち込めているという。

■建設予定地には吉本が3億円の根抵当権を設定

西野は'18年9月、美術館建設予定地として地元・兵庫県川西市に約350坪の土地を購入。さらには吉本興業がプロデュースするクラウドファンディング「SILKHAT」で支援を募り、約6千万円を集めていた。

だが本誌が現地を訪れたところ、今も更地のまま。そしてこの土地には吉本が3億円の根抵当権を設定していた。金融関係者が語る。

「根抵当権とは簡単に言うと、吉本が西野さんに『土地を担保に最大で3億円まで貸す』という取り決め。一度返済し終わっても再び借りる可能性があるので、双方の合意なしには消滅しません。

このプロジェクトは、夢の要素がかなり強い印象です。普通なら、こうした事業計画に巨額の融資をする銀行はまずありません。2年前の西野さんはまだ今ほどの実績もなかったでしょうから、なおさらです。きっと所属事務所だからこそ、温情をかけてあげていたのだと思います」

オンラインサロンの会員数が国内最大の7万人を突破し、その年会費だけで8億円の収入があるという西野。とはいえ3億円もの支援をしてくれる存在がなくなるとすれば、大きな痛手だろう。

そこで本誌は金銭を巡る吉本との関係について聞くべく、西野の会社に取材を申し込んだ。

まず担当者は「SILKHAT」からの約6千万円は、西野の会社へすでに「支払われています」と回答。また根抵当権については「全額返済済みで、債務は残っておりません」と答えた。

そして美術館建設で今後も吉本興業と連携する予定はあるのかと聞いたところ、こう返ってきた。

「美術館建設について吉本興業と連携する予定はなく、今後の計画の見直しの予定もございません」

吉本抜きでもプロジェクトは継続していくつもりだという西野。果たして、その“夢”は実現できるのだろうか――。

「女性自身」2021年2月23日号 掲載



【関連記事】

【写真あり】13年、舞台『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』で脚本を担当

キンコン西野に5千万円支援!美術館建設で1千600人が賛同

キンコン西野が吉本退社でも困らぬ訳 サロン会費は年間8億円



WSJ特設サイト

前の記事離れて住んでいるからこそ大切にし...
次の記事まんがで伝える沖縄戦 「母と笑い...