チューブ調味料かけるだけ 作り過ぎちゃうおかずを即味変!

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

チューブ調味料といえばわさびやしょうが……と思いきや今や新商品が続々登場。しかもいろんな料理にちょい足しできるんです。お手軽“味変”で、脱・マンネリ食卓ーー!

「福神漬けって『カレーのお供』のイメージしかなかったし、いつも使い切れず、捨ててしまっていました。でもこの『きざみ福神漬け』は量もちょうどいいし、思った以上に使い道がある。いろんな料理にトッピングして“味変”を楽しんでいます」(50代主婦)

チューブ入り調味料を使った「新しい味覚」の楽しみ方がここ最近、話題になっている。

チューブ入り調味料といえば、わさび、からしなどの薬味はもちろん、にんにくやしょうがなど、きざむ手間なく料理にそのまま入れることができる便利アイテム。

そんな中、今年2月には『紅しょうが』(エスビー食品)「かぼす&すだちペースト」(ハウス食品)などの新商品が発売され、店頭をにぎわせている。

もしかして、「チューブ入り調味料」は余らせがちな料理の「完食」にも活用できるのでは?

そこで、いつも冷蔵庫で「余りがち」な品目と、「マンネリしがち」「作りすぎがち」な料理を編集部が徹底ヒアリングし、計9品をチョイス。これらの食品にぴったりな「ベストちょい足し&味変」を実食のもと厳選してみた。

実食したのは、50代女性記者K、40代男性記者S、20代女性編集K、実食結果は次のとおり。いち押しの組み合わせは◎とした。

【マンネリしがちな……】

■味噌汁+きざみみょうが(エスビー)◎
「最高に上品で、もはや料亭の味です」(記者S)

■味噌汁+きざみゆず(エスビー)○
「ゆずの食感が最後まで残ります。みょうがよりも優しい味に」(記者K)

■ハンバーグ+きざみ青じそ(エスビー)◎
「鉄板ですが、ちょっとつけるだけで即和風ハンバーグに」(記者S)

■ハンバーグ+レモンペースト(ハウス)○
「さっぱりする! お肉の食感がしっかりあるので、きざみレモンよりペーストレモンのほうが合います」(記者K)

■からあげ+きざみねぎ塩(エスビー)◎
「おいしすぎます! 疲れて帰ってきた夫が喜びそう」(記者K)

■からあげ+きざみパクチー(エスビー)○
「マヨネーズと合わせて、パクマヨにするとオシャレなエスニック料理店の味に」(編集K)

■からあげ+焦がしにんにく(ハウス)○
「おいしいけどにおいが気になるにんにくは、食べるタイミングで“つける”かどうか選べるのがうれしい」(記者S)

■からあげ+かぼす&すだちペースト(ハウス)○
「さっぱりして食べやすくなる」(記者K)

【ついつい作りすぎちゃう……】

■肉じゃが+紅しょうが(エスビー)◎
「意外な組み合わせですが、牛丼に紅しょうがが合うのと同じようにおいしい」(記者K)

■肉じゃが+焦がしにんにく(ハウス)○
「万能の焦がしにんにくは、お肉にもじゃがいもにも合う!」(記者S)

■おでん+きざみゆず(エスビー)◎
「味噌と混ぜてゆず味噌に! 甘味と塩辛さが混ざって合う」(記者S)

■おでん+かぼす&すだちペースト(ハウス)○
「だしに溶かすと、上品な香りが漂い、高級和食店のような雰囲気に」(記者K)

■おでん+きざみ青じそ(エスビー)○
「こちらも味噌に混ぜるとおいしい!」(編集K)

■ポテトサラダ+きざみ福神漬け(エスビー)◎
「これはとてつもなくおいしいです。ちょっとジャンクでお箸がとまらない」(編集K)

■ポテトサラダ+きざみゆず(エスビー)○
「香りがよくオシャレな一品に様変わり!」(記者K)

■ポテトサラダ+きざみ青じそ(エスビー)○
「和風になって味変向き!」(記者S)

【冷蔵庫で余りがちな……】

■きゅうり+焦がしにんにく(ハウス)◎
「にんにく好きとしては無限に食べられる」(記者S)

■きゅうり+きざみらっきょう(エスビー)○
「らっきょうの食感がアクセントになっていい」(記者K)

■きゅうり+紅しょうが(エスビー)○
「意外にきゅうりと合う。漬け物風でおいしい」(編集K)

■豆腐+きざみレモン(エスビー)◎
「レモンの食感がちゃんとあり、酸味もあるので“味変”感があります」(記者K)

■豆腐+きざみみょうが(エスビー)○
「みょうがの味がちゃんと出ていて、本格的です」(記者S)

■納豆+紅しょうが(エスビー)◎
「納豆の印象がガラッと変わる。お酒のつまみにもなる」(編集K)

■納豆+きざみねぎ塩(エスビー)○
「王道の味。ねぎをきざまなくてもいいのが楽チン♪」(記者K)

■納豆+粗切りトウガラシ(エスビー)○
「ラー油よりもしっかり辛くて、辛党にはうれしい」(記者S)

いい意味で、期待を裏切ってきたのは「紅しょうが」。

「味が引き締まって、肉でも野菜でも、和食全般の味変に使えそう。納豆との組み合わせも、さっぱりしておいしかった」(記者K)

柑橘類ペーストの香りのよさにも驚きの声があがった。

「特に『きざみゆず』は、味噌汁含め、味噌との相性が抜群でした。ゆず味噌はなんにでも合うんじゃないでしょうか」(編集K)

ふだんからこの味で食べたい! と思うような“味変”も。

「僕がいちばんおいしいと思ったのは、『きざみねぎ塩』とからあげの組み合わせ。いつものからあげが、すぐに手の込んだ味わいに。男性にも好まれるはず」(記者S)

「『きざみ福神漬け』とポテトサラダの相性がこんなにいいなんて知りませんでした! 今後は常にこれで食べたいです」(編集K)

チューブならではの手軽さも好評だ。

「余らせた食材を消費するのに、別の食材と組み合わせて調理するのは結構大変。チューブ調味料はかけるだけで、おいしく食べられるから楽で助かります」(記者K)

ここで紹介したのは、食べ合わせのほんの一例。オリジナルの“味変”を見つけて、余りがちな食材を有効活用しよう!

「女性自身」2021年3月16日号 掲載



【関連記事】

食材の買い過ぎでおこる“ばっかり食”は小分け冷凍術で防ぐ

ブロッコリー、大根…食材別ムダを防ぐ上手な「小分け冷凍」術

鷄ひき肉からきのこ類まで…ムダを防ぐ冷凍法とアレンジレシピ



WSJ特設サイト

前の記事夫?旦那?主人?うちの人?パート...
次の記事世界に誇る日本のアニメ映画【おう...