北川景子「心折れそう」連ドラ復帰で漏らしたママ女優の苦悩

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
純白のドレス姿で撮影に臨む北川

横浜の結婚式場に、ウエディングドレスに身を包んだ北川景子(34)の姿が。隣には“新郎”の永山瑛太(38)が寄り添っていた。

本誌が彼女らを目撃したのは2月下旬。4月から放送予定の連続ドラマ『リコカツ』(TBS系)の撮影現場である。

「今回のドラマは北川さんと、瑛太さん演じる交際0日で結婚した夫婦が、結婚してすぐに“離婚活動”を始めるという物語です。劇中ではけんかする2人ですが、撮影の待機中は控室にも戻らず、仲よく話しています」(ドラマ関係者)

'20年9月に第1子を出産し、同作で連ドラ復帰を果たす北川。テレビ誌記者によると、

「“ママ女優”生活についてバラエティ番組でよく語っています。以前は家に帰宅したら、“休める”と思っていたのに、いまでは“本業が始まる”と思うそうです」

“本業”である帰宅後の子育てはかなりの負担のようだ。

「『お風呂にゆっくりつかる時間すらない』と言っていた時期も。そこにハードな連ドラ撮影ですからね。『久々の連ドラで、家庭との両立に心が折れそう』とまで漏らしています」(芸能関係者)

そんな彼女の癒しは、“女友達”との交流だという。

「芳根京子さん(24)や、平手友梨奈さん(19)から連絡が来ると“後輩も頑張っているんだから、自分も”と思うそうです。

同世代の親友はイモトアヤコさん(35)。2人はドラマでの共演がきっかけで、仲よくなりました。忙しいなかでも誕生日を祝いあったり、ディズニーランドに行ったりするほどですよ。

産後にもイモトさんが北川さんの家へ赤ちゃんの顔を見に訪れたと聞いています。イモトさんがあやしてくれたりして、北川さんも気分転換できたようです」(前出・芸能関係者)

最近、北川はインタビューでこんなことを語っていた。

《子どもにとって母は私だけなのに、全部背負い込んで倒れちゃったら本末転倒。人を頼ってもいいと肩の力を抜けるようになったのも、子どもを授かったおかげなのです》(『steady.』'21年3月号)

イモトをはじめ周囲の助けで、“地獄のママ女優”生活も乗り越えていきそうだ♪

「女性自身」2021年3月23日・30日合併号 掲載



【関連記事】

北川景子 DAIGOと雛人形探し!娘に捧げた産後初の結婚記念日

DAIGOレギュラー終了で求職活動…北川景子との格差に焦りも

百恵さんに山口智子も 振り返るおしどり夫婦芸能人10組の円満




前の記事被災していない自分だからできるこ...
次の記事羽生結弦 交流12年…八戸の研磨...