特別な材料は不要!おうち時間にオススメの遊び ☆えくぼママの沖縄子育て☆

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは!みはるです。

休校中いかがお過ごしでしょうか。
暇だととにかく何か食べていたい息子は定期的に冷蔵庫を開けてみたり、ストック棚を見てみたり・・・「つまんなーい!!!」と叫んでおります。
なるべく一緒に工作してみたり、ボードゲームをしてみたり、いろいろと試みております。

そんな時、私が昔よくやっていた遊びをふと思い出し息子とやってみたら大ウケ!!
忘れていたけど、私が小学生の頃は友達とこんな遊びよくしてたな〜と懐かしく思いました。
休校ステイホームのお子さんたちにも楽しんでもらえたらと、2つほどご紹介☆

1つ目は「いつ、だれが、どこで、なにをしたかゲーム」!!
遊び方は色々あるようですが、私がやったのは・・・
①小さな紙を用意
②子どもと一緒に「いつ」「だれが」「どこで」「なにをした」を5枚ずつくらい書く
③書いた紙を折りたたんでそれぞれ容器に入れる
④順番に紙を一枚ずつ引いて読み上げていく

実例)
「いつ」カラスがニャァと鳴いた日
「だれが」お父さんとお母さんが
「どこで」ディズニーランドで
「なにをした」ごはんを食べながら眠った

と、いうようにそれぞれ引いたクジがおかしな文章になって「なにそれ〜!!!」と息子は大爆笑。
「学校のお友達がアーサ取りをした」「氷の上で踊った」とか色々な文章ができて面白くてしょうがないらしく、ことばを増やしたりしながら長時間遊びました。

大事なルールは「悪いことや嫌なこと」は書かない。くらいで、あとはちょっとおかしな内容の方が子どものツボに入るようですよ。

2つ目はあんなに盛り上がって遊んでいたけれど名前さえわからない遊び・・(どなたかこの遊びの名前を知っていますか??)
①紙に顔のパーツをそれぞれ4パターンくらい書き出していく



②相手にはその紙を見せずに「顔は1〜4の何番?」「眉毛は〜?」と順に聞いていく
③相手が選んだパーツで顔を描いていく
④組み合わせで色んな顔ができあがる!

実例)1歳娘がぐしゃっとしてしまったのですが、個性的な顔ばかりできあがりました。



どちらも特別な材料は必要ないので、おうち時間の長い今、ちょっと試しにお子さんと楽しんでみてください♪



(えくぼママライター みはる)


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


みはる
東京出身。浦添市在住。 元幼稚園教諭であり元保育士。現在えくぼママとして活躍中!
よく言われるのは、元気。いつも笑ってる。よく喋る。
2014年生まれのヤンチャな長男と穏やかな旦那さんとの3人家族。
自然派育児を楽しみながらマイペースに子育て中。
野望は家族で世界中に滞在することが仕事になること☆

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 

 





前の記事「アサヒビアリー6缶パック」を8...
次の記事流出事故にご注意![まーちゃんの...