生きてるだけで10キロ減!やせる立ち方・歩き方

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエットをしては挫折を繰り返していた私が変われたのは、出産がきっかけでした。自分にお金も時間もかけられなくなったぶん、毎日必ずやっていることを見直すという点に着目したのです。歩くときは太ももの付け根が伸びるようにするなど、工夫して“太る習慣”を“やせ習慣”に1つずつ変換していったら、1年3カ月で20キロの減量に成功していました」

よく通る声で話すのは、フォロー数26万人の大人気インスタグラマーで美容家の本島彩帆里さん。本島さんが多くの女性を惹きつけるのは、無理なく自然なアプローチでモデル並みの美ボディを手に入れ、キープしているから。

「私がかつてそうだったように、ダイエットのしすぎで心身のバランスを崩し、体調不良や便秘を引き起こしてしまっては本末転倒です。必要以上にがんばりすぎずに、日常の仕草や習慣を見直した先に理想の体形が得られるならば、それがベストだと考えています」

本島さんが提唱する「やせる仕草」は、日常生活のちょっとした心がけだが、それらはダイエットのプロもリアルに実践する方法。効率よい筋肉量アップや代謝の向上を促し、冷えや便秘などの不調を改善、やせ体質に導く動きが無駄なく取り入れられたメソッドだ。

「立つ、歩く、座るなどの基本動作のほか、掃除、洗濯、歯みがきに至るまで、起床から就寝まですべての時間においてそのときどきのクセを見直し、エクササイズに置き換えるイメージです。もちろん日々引出しは増え続けています」

やせる仕草を習慣化できれば、“生きてるだけでやせる”という状態を作り出せる。無理なくマイナス10キロも十分に達成可能だという。ぜひ取り入れてみたいが、本島さんは次のようにアドバイスする。

「まずは生活シーンの1割を目標にするなど、徐々に増やしていくことが成功の秘訣です。やせる仕草の引出しを、1つずつ増やしてくださいね」

■あなたはできてる? 痩せる立ち方&座り方

今回は2つの仕草を伝授してもらった。

【立ち方】

耳の穴、肩、外くるぶしがまっすぐ一直線に立つ。おへその少し上を意識しておなかを凹ませる。重心ポイントは内くるぶしの下に。

日本人は内ももの外側で体を支えて立つため、太ももの外側の筋肉が発達してしまいがちだ。

「これを改善するためには、重心が内くるぶしの真下あたりにくるよう意識して立つこと。内ももを正しく使えると猫背や垂れ尻を防止し、まっすぐに立てます」(本島さん・以下同)

【歩き方】

腕は前に出すことより後ろに引くのを意識する。後ろ足の付け根が伸びるように歩くと自然と大股に。

「歩くときは、多くの人が前足を踏み出して歩きがちです。すると前ももばかり使うのでお尻が垂れ、内もももタルタルに。そうならないように、後ろ足で体を押すイメージで、太ももの付け根を伸ばしながら歩くと、自然と大股になり、太ももの内側やヒップのシェイプアップにつながります」

大股で歩くと運動量がアップ。習慣にしてしまえば基礎代謝も上がり、やせやすい体作りのベースになる。

一つひとつを体に覚えさせ、クセをつけてしまうのがカギ。やせる仕草を“日常の当たり前”にして、やせやすい体質になろう。

 

「女性自身」2021年7月6日号 掲載



【関連記事】

夜型の人は朝型に変えた方がいい?肥満を防ぐやせる睡眠クイズ

運動は寝る何時間前まで?やせる睡眠、太る睡眠クイズ

医師がすすめる「レモン緑茶」の効果、2週間で7kg痩せた人も



WSJ特設サイト

前の記事シンプルながらこだわりがつまった...
次の記事漫画・ハマとんど~「安い変身料」