超簡単!カラーボックスとホワイトボードで作るお絵描きできるプレイテーブル☆えくぼママの沖縄子育て

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝から息子と娘がケンカ。
叱った私に飛び火して、あっちでウジウジ、こっちでウジウジ。
ママ嫌い!許さない!もう喋らない!と責められて…

暑いしうるさいし、イライラ~ 怒鳴ったら暑い~
という事で、お家をグッチャグチャにしてやりましたよ。

子どもたちのいろんなものを置いている3段ボックスの中身全部出してやりましたよ。

まずは分析

子どもたちがケンカをする原因
・お絵描き中にテーブル揺らした
・使っていた場所をとられた

私のイライラの原因
・ご飯を置きたいのにお絵描きに没頭していてテーブルを占領される
・子どものレゴとかアニアが床に散乱

イライラのタネをぶっ潰してやるぜ!と、せっせと動いて、数十分後に完成したのはコチラ。

 

お絵描きもできるプレイテーブル



 

むかし子どもたちがもっと小さい時に作った事があるので、材料は全て家にあった。

数年前に作ったテーブルはコチラ



材料

3段ボックス×2
大きめのホワイトボード×1
滑り止めシート


作りかた

①3段ボックスを2台背中合わせに並べる
②3段ボックスの上(四つ角と真ん中)に滑り止めシートを置く
③ホワイトボードを上におく

 


これだけです。

 

利点

・普段使っているちゃぶ台よりかなり大きいので奥は息子、手前は娘と2人の手がぶつかることもない



・作りかけのレゴなどもこの上にしばらく放置ができる
・ホワイトボードなので直接お絵描きもできる
 



 

私はさらにホワイトボードと3段ボックスの間に小さめのフックエンドを挟んで、マグネットフックをつけて



こんな風に物をかけられるようにしてみました

 



あんなにイライラしてプンプンしていた子どもたちも大喜びで、おのおの好きなことに熱中。

 


狭い家でもこんな風に自分のスペースがあることってワクワクする。
私の母親もよく工夫してくれていたなぁと思い出す。

イライラしたらイライラの原因を洗い出して、それをぶっ潰すと、スッキリすることが多い。

ただモヤモヤ、イライラし続けて、周りの空気を悪くするのではなく、即行動するのが好き。

職場なら我慢せず意見を言うとか、理由を聞きに行くとか、提案することも多い。
あっという間にスッキリするからオススメです。

言い方はあくまでポップにするのがコツ。
ほんの数十分でできるプレイテーブルは、邪魔になったらまた解体できるのもオススメの理由。

ボードを固定していないため、小さい子どもには危険もあるかもしれないので、お子様の年齢にあったご使用を。
実は私、整理収納アドバイザーの資格を持っているんだけど、全く活用できていない。

コロナ禍だし、お家を綺麗にするだけでニコニコの花が咲くかもしれませんね。

あんなに朝、子どもたちに嫌われていた私。
今は嫌というほど愛されているようで、うつ伏せで昼寝中、左尻に息子の頭、右尻に娘の頭が乗っておりました。
クッションじゃねーよ‼︎と思いつつ…こんなにくっついてくれるのもあと少しなので載せたまま再び眠りにつきました。

泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生。
私の好きな言葉で座右の銘。
今日も明日もたっぷり笑えますように。

 

(えくぼママライター haremama


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


haremama
関西出身の2児の母で、働くママ。
整理収納アドバイザー1級を取得。
関西人の夫と、沖縄生まれ沖縄育ちの息子と娘との4人暮らし。
楽しく晴れやかに過ごせる為の方法を毎日大真面目に考えています。
 

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 




WSJ特設サイト

前の記事漫画・東京ざっ荘物語「東京タワー...
次の記事たくさんのフルーツにりゅうちゃん...