北海道産の金時豆で作る絶品ぜんざい 「タコヒゲオヤジ」が目印のたこ焼き屋さん

  • 沖縄県全体
  • 中部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリップしたコーヒーからシロップを手作りする「コーヒーぜんざい」(380円)。これがあれば暑い日のおやつタイムがぜいたくに過ごせるはず。テークアウトも可能です

マヨてり(10個入り、480円)。お店のたこ焼きはテークアウトでもぜひ熱いうちにどうぞ。店主の平良さんは「たこ焼きは生きてる」と語るほど焼き立てにこだわっています

宜野湾市真志喜の住宅街にあるたこやき屋さんといえば? ピンと来る人も多いはず。今年で33年目を迎えた「タコハウス・タイラ」です。注文が来てから焼き上げる、ふわふわとろーりなたこ焼きが大人気ですが、今回メインでご紹介するのは、夏にぴったりの冷たいぜんざい。

「うちのぜんざいは豆で勝負しています!」と元気に教えてくれたのは店主の平良卓也さん。北海道産の金時豆を使用して、3日間かけて作るこだわりの一品なのだそう。メインの豆をおいしく仕上げることで、氷や練乳と一緒に食べた時のバランスも良いものになっています。今回は写真の「コーヒーぜんざい」(380円)をいただきましたが、上品な味わいの豆と手作りのコーヒーシロップ、2種類の甘味を楽しむことができました。

お店を訪れる際はたこやきを食べるのも忘れちゃいけません。今でこそ一般的になりましたが、マヨネーズとたこやきを組み合わせた「マヨたこ」(480円)を生み出したのはタコハウス・タイラが元祖なのだとか。たっぷりかけられたマヨネーズは手作り。ちょっぴり入ったワサビが味のアクセントです。お店のたこやきは全10種類。どれもうちなーんちゅ好みの味になっていますよ。しょうゆベースの照りソースを使った「マヨてり」(480円)もおすすめ。

 


看板に描かれた「タコヒゲオヤジ」と平良さんの愛車・ダットサンがお店の目印



Menu<テークアウトメニュー>


  • たこやき…………………450~600円

(たこやき、マヨたこ、ピザたこ、バクダン、タコろっけ、和だこ、揚げたこ、タコタコス、マヨてり)

  • ぜんざい…………………280~380円

(ぜんざい、ミルクぜんざい、コーヒーぜんざい、宇治ぜんざい)

  • スタミナギョーザ………………360円

※電話注文、テークアウト可能 ※価格は全て税込




オキナワ  ポータル

【住所】〒901-2224
 宜野湾市真志喜2-14-9(マップはこちら
【TEL】 098-898-5016
【営業時間】12:00~売り切れ次第終了
【定休日】月・火曜
【駐車場】無し



(2021年7月29日付 週刊レキオ掲載


WSJ特設サイト

前の記事漫画・東京ざっ荘物語「潮干狩り」
次の記事育休を取得したお父さんの1日って...