海外こども服を個人輸入してみました☆えくぼママの沖縄子育て

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。みはるです。

息子が小さい時に着た服たち。
下の子に・・と、とっておいたのですが、産まれてきた子は女の子。
元々、「男の子らしい」「女の子らしい」というのが嫌だったので息子の服もユニセックスなものが多かったし、買い足す必要はないかな~。と・・思っていました。

が、さすがに息子には買わなかったワンピースとかヘアバンドとか、女の子の洋服ってなんでこんなにアイテムがたくさんあって可愛いの・・沼。
息子の服はユニセックスとはいえTシャツやズボンばかりなので、やっぱりワンピースとかブルマとか着せたい!と思ってしまう母。
あんなにベビー用品は無駄なものは買わない!!と厳選したのに、娘の服はフリマサイトでついつい買っちゃう・・。

でも、海外ブランドの服はフリマアプリでも高額。国内ではセレクトショップとか代理店での取り扱いになるので、中古になっても高いのは仕方ない・・。
すぐに着られなくなるし・・汚れるし・・と考えるけど、子どもに可愛い服も着せたい!なおかつ、なるべく安くで手に入れたい!

ん?待てよ・・今やネットで世界中と繋がれる時代。ブランドのオンラインショップで直接買って、日本に送ってもらった方が安いんじゃない・・・?
と、欲しいと思ったブランド名を英語で入力すると英語オンリーの現地サイトが‼︎
安い!日本で売られている値段の半額~2/3くらい、しかも頻繁にセールやクーポンが出ているからびっくりするくらい安く買えるものもある。(ブランドによってほとんど変わらないところもあります)

商品は写真付きで載っているし、どうしてもわからない文章は翻訳サイトを使いながら、
母さんが夜なべをして~海外サイトから娘の洋服を無事購入することに成功しました♪笑

国内でも沖縄だと送料がかかったりするじゃないですか・・涙
海外だと沖縄だろうが東京だろうが送料一律だったり、いくら以上買ったら日本でも無料!とかもあるので送料問題もそんなにネックにならず。
クレジットカードとメールアドレスさえあれば、もはや世界中から買い物ができる時代。
住所の入力に毎回戸惑いますが、日本の住所を入れたら海外用に直してくれるサイトまであります!

イギリス王室御用達の「Jellycat」のぬいぐるみを娘のファーストトイに購入したのですが、日本の正規代理店で購入したら1万円以上のぬいぐるみが直接購入で半額ほどで購入できました♪
 



家族がそれぞれ一個ずつ選んだファーストトイ(ぬいぐるみ)

他にも、ニュージーランドのオーガニックコットン子ども服「jamiekay」
イギリスの「N E X T」「Boden」などからも購入してみました。(デザインが凝っていて、可愛くて、見ると買いたくなってしまうので見ないようにしています笑)
 



ニュージーランドから届いたこども服

個人輸入で気をつけなければいけないのは関税でしょうか。
購入総額が大体16,000円を超えてくると関税が掛かります。なのでその額は超えないように注意。(超えてしまっても受け取りの時に税金を支払えば商品は問題なく受け取れます。)

コロナ禍で世界的に輸送に時間が掛かってしまうので、到着まではかなり気長に待ちましょう。
 


発送の連絡メールが来て追跡番号も送ってくれるのですが、ずっと日本に到着しなかったりで不安になって翻訳サイトを使って問い合わせをしたこともあります汗
もしも何かトラブルが起きた時には頑張って英語メールでやりとりをしないといけないし、海外は日本の企業のような対応が当たり前ではないのでそのあたりも心して自己責任で。と覚悟を決めつつ、子どもたちの着ている姿を想像してニマニマしながらたま~に海外からのお買い物を楽しんでいるみはるです。

一度やってみるとそんなにハードルは高くないので、興味のある方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません☆
ネットを探せば体験記などもたくさん出てくるので、「まとめてくださっている情報助かる~!!」と感謝しながら参考にさせていただいてます~。
 



(えくぼママライター みはる)


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


みはる
東京出身。浦添市在住。 元幼稚園教諭であり元保育士。現在えくぼママとして活躍中!
よく言われるのは、元気。いつも笑ってる。よく喋る。
2014年生まれのヤンチャな長男と穏やかな旦那さんとの3人家族。
自然派育児を楽しみながらマイペースに子育て中。
野望は家族で世界中に滞在することが仕事になること☆

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 

 





前の記事配信アプリの「投げ銭」について考...
次の記事ラジオDJ、インテリアデザイナー...