【動画あり】【アンケートあり】楽しく学んでおいしく食べよう!野菜たっぷりクッキング

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ南国・沖縄でも秋が深まり、過ごしやすい気候になってきました。秋と言えば“実りの秋”“収穫の秋”!秋に旬を迎える野菜を使って、ご家庭でクッキングに挑戦してみるのはいかがでしょうか。野菜ソムリエ上級プロの徳元佳代子さんに、子どもと一緒に作れるレシピを考案してもらいました。

 徳元さんには、小学生とその保護者が参加し、畑での収穫とその後の調理を行う「親子で楽しむ!野菜たっぷり体験ツアー」(琉球新報社主催)の講師を務めていただいています。今回は、「野菜たっぷりクッキング」として、ラジオパーソナリティーの松田淳奈さんが徳元さんの畑で野菜を収穫し、その野菜を使ったメニューを作る様子を動画で紹介します。

 野菜が畑で育つ様子や、簡単で親子で作れる旬の野菜のおいしさが詰まったレシピを、ぜひご覧ください。

※ページ下部のアンケートにお答えください。抽選で素敵な賞品が当たります。




講師プロフィール 徳元 佳代子

野菜ソムリエ上級プロ、アスリートフードマイスター1級
ベジフルマンマ代表者、「野菜たっぷり体験ツアー」(琉球新報社主催)講師

メンタルフード、フードツーリズム、Jr.青果物ブランディング、調理師など食に関する資格多数。また、ガンの統合医療やアンチエイジング、感染症対策マイスターの資格をもつ。第2回野菜ソムリエアワード金賞受賞など。

 

~講師メッセージ~

 普段食べている野菜がいつどこで生まれ、どのように育てられているのか、畑に来るといろいろな発見と感動があります、同じ日にまいても成長の早いもの、色や形が違うものもあります。また野菜の花を観察すると、どの野菜と野菜が家族なのかも分かります。それらを知って食べると、野菜がもっと好きになるかもしれません。今回はお子さんも楽しみながら作れる簡単料理です。火が通る間の芳ばしい香りにもワクワクすると思います。




好きな野菜で食べやすい
ブロッコリーとコーンのごちそうサラダ

【動画あり】



子どもが好きな野菜に卵やハムでタンパク質もプラス
ドレッシングで彩り豊かに

【子どもにおススメのポイント】
・カラフルな色合い
・クリーミィなドレッシングで和えることで野菜の味をやわらげる
・卵やハムを加えてタンパク質をプラス

 

ブロッコリー           1/2株(100g)
ジャガイモ            1個(150g)
ミニトマト            3個
ゆで卵              1個
ロースハム            2枚
サラダクラブ 北海道コーン ホール  25g
キユーピー クリーミィ野菜ドレッシング
(キャロット&オニオン)
      大さじ2と1/2
塩                適量

1. ブロッコリーは茎の固い皮だけを取り除き、塩を加えた湯で3分ほどゆでて、小さめの一口大に切っておく。

2. ジャガイモは皮をむきサイコロ状に切り、皿に入れてラップをかけ、600wの電子レンジで3分半加熱する。

3. ミニトマトは半分に切り、ゆで卵は8等分にし、ロースハムは1、5㎝ほどの色紙切りにする。

4. ボウルに材料をすべて入れ、クリーミィ野菜ドレッシングを加え、さっくりと混ぜ合わせ器に盛る。

 

 


並べて焼くだけ、ホクホク食感が楽しめる
サツマイモとブロッコリーのコーンマヨ焼き

【動画あり】



マヨネーズの焼ける香りが食欲をそそるカラフルメニュー!

【子どもにおススメのポイント】
・野菜を並べてオーブントースターで焼けば完成
・マヨネーズを焼くと、コクとうまみがアップ
・2色のサツマイモを並べると、見た目も楽しく鮮やかに

 

サツマイモ(黄・紫)      各1本 (300g)
サラダクラブ 北海道コーン ホール  50g
ブロッコリー          1/3株 (100g)
キユーピー マヨネーズ      大さじ4
パン粉             適量
塩               少々



1. サツマイモは皮を4か所縦にむき、厚さ1㎝ほどの輪切りにする。

2. ブロッコリーは茎の固い皮だけを取り除き、塩を加えた湯で3分ほどゆでて、小さめの一口大に切り、大さじ2のマヨネーズで和えておく。

3. 耐熱皿に1のサツマイモを並べて軽く塩を振り、ラップをかけて600wの電子レンジで4〜5分ほど加熱する。

4. 残りのマヨネーズとコーンを混ぜ合わせ、3のサツマイモに乗せる。隙間にブロッコリ
ーを並べ、パン粉、粉チーズをふりかけ、オーブントースターで10分加熱する。(魚焼きグリルの場合は、中火で約5分)

 


ボリュームたっぷり簡単メニュー
カリフラワーとベーコンのマヨ焼き


カリフラワー+ブロッコリーで彩りよく
マヨネーズの線描きも楽しい

【子どもにおススメのポイント】
・カリフラワーに含まれるビタミンC、βカロテンは体の調子を整える
・マヨネーズとベーコンだけで味付けが決まる
・野菜やマヨネーズの焼ける香りが食欲をそそる

 



カリフラワー           1株 (300g)
ブロッコリー           1/3株(120g)
ベーコン             2枚 (55g)
キユーピー マヨネーズ                   大さじ4
塩                適量
コショウ             少々



1. カリフラワーとブロッコリーは小さめの小房に分ける。茎のかたい皮は除き食べやすい大きさに切り、塩を入れた湯で3分ほどゆでてザルにあげておく。

2. ベーコンは幅5㎜ほどの細切りにする。

3. 耐熱皿に12を広げ、塩とコショウを少々振りかけ、マヨネーズで格子状に線描きする。

4. オーブントースターで10分程焼く。

 




メニューで使用したおすすめ商品

キユーピー マヨネーズ

キユーピー マヨネーズならではの、コクと風味が料理の味を引き立てます。



キユーピー クリーミィ野菜ドレッシング(キャロット&オニオン)

にんじんの甘みと炒めた玉ねぎのうま味をいかし、大人から子どもまで食べやすい味わいに仕上げました。




サラダクラブ 北海道コーン(ホール)

コーンの甘味と食感をお楽しみいただけます。
 





読者プレゼントアンケート

下記URLにて、アンケートのご協力をお願いします。
アンケートにお答えいただくと、抽選でキユーピー株式会社提供の素敵な賞品が当たります!
何が当たるかは届いてからのお楽しみです。ぜひご応募ください!
締め切りは12月3日(金)です。

※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※お預かりした個人情報は、当企画以外の目的では使用しません。

URL→ https://forms.gle/neDV4qLTAB5ZtVUe6




前の記事つわりがひどい私が穏やかな妊婦生...
次の記事漫画・ハマとんど~「苦渋の決断」