「どうせ自分の一票なんて…」と思わないで。子どものために投票に行こう!☆えくぼママの沖縄子育て

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

31日に選挙がありますね。

衆議院議員総選挙。

衆議院?参議院?
しっかり説明できなくてもいい。

政治とかまじめに話すのがカッコ悪いとかない。

現在、国民負担率(租税負担額と社会保障負担額の合計の国民所得に対する比率のこと)が40%以上。
一日8時間、週5日。それ以上働いても生活が苦しい人がたくさんいるのに、
40%以上もの負担をしても、
コロナ禍では皆保険制度のはずの医療が受けられずに自宅で亡くなった方がたくさんいる…。

それが今の日本です。
 


イメージ写真

消費税増税だって福祉に充てると言っていたのに・・。

子どもを産み、育てることはいつからこんなにお金がかかるようになってしまったの…。
ほとんどの人が生活が苦しいと言っているのに、少子化が止まるはずがない。

政治に無関心でいると、回り回って自分や自分の家族、子どもたちの首を絞めることになってしまう。

とにかく、投票率が低すぎる!

どうせ…。
とは言わずに自分の、家族の、子どもたちの未来のために。

別に難しく考えなくていい。
投票にいこう!

Twitterでは「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」というアカウントが立ち上がり
選挙についてわかりやすくツイートしてくれていたり、
有名な方々も選挙にいこう!と呼びかけています。
ひと昔前の有名人が政治の話をするのはタブーみたいな時代より変化を感じます^ ^
 



期日前投票する有権者ら=10月20日、那覇市役所

当日が無理でも期日前投票もいろんな場所でやっているし、
投票券がなくても、
子どもと一緒でも、
投票できます。

わが家は投票日の31日はえくぼハロウィンに参加するので、期日前投票に家族で行って、外食する予定です♪

たくさんの方が政治に関心を持ってくれますように!
そして、暮らしやすいと感じられる人が増えますように!
 


(えくぼママライター みはる)


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


みはる
東京出身。浦添市在住。 元幼稚園教諭であり元保育士。現在えくぼママとして活躍中!
よく言われるのは、元気。いつも笑ってる。よく喋る。
2014年生まれのヤンチャな長男と穏やかな旦那さんとの3人家族。
自然派育児を楽しみながらマイペースに子育て中。
野望は家族で世界中に滞在することが仕事になること☆

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 

 




WSJ特設サイト

前の記事利用者のメンタルヘルスを見て見ぬ...
次の記事コロナ禍の就活を終え気づいた「大...