岬の絶景公園でジビエ料理!? 知念岬公園【島ネタCHOSA班】

  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加


見晴らしの良さが有名な「知念岬公園」にカフェができ、珍しいメニューがあると聞きました。なかなか行けないので調査をお願いします。

(うるま市 GWは南部巡り)



 南城市が運営するサイトで「絶景公園」と紹介されている「知念岬公園」。目の前に広がる太平洋は美しく輝き、久高島やコマカ島が近くに見えます。これからの季節、海を眺めながらの食事は気分爽快ですが公園内のカフェの珍しいメニューとは? 出掛けてみます。

エゾシカ肉を料理に


今後はバーベキューが中心メニューに

調査員仲間の証言やインターネット検索によると、知念岬公園内ではなく入り口の近くに以前カフェがあったとのこと。現在はその場所に何もないのですが、公園を目指すと看板を発見! 「珍しいBBQ料理、飲食スペース」などと書かれています。看板の矢印に従って歩くと竹製の風鈴の優しい音が聞こえ、誘われるがままに足を進めたらフードカーが見えてきました。

公園敷地内の知念体育館裏手でフードカーで営業しているこの店は、「BBQ Oceans(バーベキュー オーシャンズ)」。オーナーの屋比久敬裕(やびく・けいゆう)さんに話を聞くとオープンから3年目で、少し離れた場所にありましたが今年1月末に移転してきたそうです。入り口付近にあったカフェがここに移動したのですね。「公園内に店を構え、海を望みながら飲食できるようになりました」と笑顔の屋比久さん。青空の下で潮風に吹かれ、沖縄らしい海景色の中でランチできると最高です! そして本題の珍しいメニューについて聞いてみると…。


エゾシカ肉入りのカレー

「ジビエ料理が食べられます。食材業者の勧めもあり、エゾシカの肉を使うことにしました」との答え。ジビエとは、野生の鳥獣の肉。ヨーロッパでは貴族の伝統料理として発達してきたそうですが、沖縄ではまだまだ珍しいですね。それにしても、沖縄でエゾシカとは意外性抜群!

名物メニューは、エメラルドグリーンの海のイメージから「岬のグリーンカレーライス エゾシカステーキ入り」に決定。軟らかでうま味たっぷりのエゾシカ肉と合うように改良を重ね、クリーミーなカレールーが完成しました。ピリ辛の大人向けの味は1食1000円でお客さまに好評です。「こんなに気軽にジビエ料理が味わえるなんて」と驚く人もいるそう。定番メニュー「チーズたっぷりホットサンド」のエゾシカ肉は800円で、チーズやタマネギとの相性が抜群。他にもいろいろなメニューがあります。


バーベキューもOK


「海を見ながらゆっくり過ごしていただきたくて、テラス席を作りました。お客さまの顔を見渡せるので、積極的にコミュニケーションを取っていますよ」と話す屋比久さん。機能的なフードカーを自ら製作した経験を生かし、テーブルや椅子もDIYで手作り。「ロケーションを生かしお客さまに喜んでもらいたい」というおもてなしの心で、今月からバーベキューメニューの提供も始めました。気になる料金ですが、お肉をはじめとした食材に機材代も込みで1人2600円(税込み)から。2人以上から注文できますが3人以下の場合はコンロ代別途で、他の場所での出張バーベキューも対応しているそう。

「太陽の向きで景色の表情が変わります。海が大好きなのでここで仕事ができることが僕自身の喜びですし、気軽に遊びに来られる場所にしたいです」と屋比久さんは意気込みます。親しみやすいお人柄とここにしかないメニューの魅力で、リピーターが増えそうです。海を間近に感じる自慢の景色は本当にすてき。調査とはいえ、ぜいたくな時間を過ごしうれしくなった調査員でした。


オーナーの屋比久敬裕さん




〈店舗情報〉

 BBQ Oceans (バーベキュー オーシャンズ)

南城市知念字久手堅
電話: 080-1724-0110
営業時間:9時~17時
定休日:不定休(雨天時は休業)


(2022年4月7日 週刊レキオ掲載)




WSJ特設サイト

前の記事侮辱罪の厳罰化 モバプリの知っ得...
次の記事沖縄を音楽でハグしたい シンガー...