ゆっくり過ごせる沖縄そば屋さん そばcafe ホウオウボク(宜野座村惣慶)

  • 沖縄県全体
  • 北部
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ホウオウボクそば」(780円)。やさしい味付けでそばと相性ぴったりのジューシーもついてきます

店舗外のあずま屋はペット連れでも利用可能

海が見える古民家の沖縄そば屋さんがあると聞き、宜野座村惣慶にやってきました。お店の名前は「そばcafe ホウオウボク」。お庭にある大きなホウオウボクの木が店名の由来です。

看板メニューである「ホウオウボクそば」(ジューシー付き、780円)は、ソーキ、三枚肉、カマボコが載った一品。「赤いカマボコはホウオウボクの花をイメージしています」とオーナーの仲田哲善さんが教えてくれました。鶏、豚、カツオと3種のだしを使用していますが、あっさりとした味わいのスープが魅力です。麺はスープとよくからむちぢれ麺です。レシピを考案しているのは仲田さんの母・スミ子さん。食べる人の健康に気を使い、冷めても油が浮かないくらい、丁寧に油を処理しているそう。ゆで野菜を使った「野菜そば」(650円)もおすすめです。

「沖縄そば屋は食事が済んだらすぐ出る、という利用方法が多いですが、うちはゆっくりしていっても大丈夫」と話す仲田さん。手作りのケーキやコーヒーも準備しています。海が見える2階席には電源も用意。勉強やリモートワークのスペースに利用できる「レンタルデスク」プランもあります(1時間500円、コーヒー付き)。地域の方々には女子会の会場としても利用されています。


オーナーの仲田哲善さん(左)と母、スミ子さん

「ガトーショコラ」(右、200円)と「シフォンケーキ」(左、200円)



Menu<メニュー>


  • ソーキそば…………………700円
  • 三枚肉そば…………………650円
  • お子様そば…………………400円
  • ジューシー…………………150円
  • レギュラーコーヒー…………250円

※価格は全て税込
※沖縄そばはテイクアウト可能




【住所】〒904-1303
 宜野座村惣慶637-7(マップはこちら
【電話】070-2664–0716
【営業時間】火~金11:00~15:30
      土日11:00~16:00
【定休日】月曜
【駐車場】有



(2022年6月16日付 週刊レキオ掲載


WSJ特設サイト

前の記事漫画・東京ざっ荘物語「母の小包み...
次の記事漫画・ハマとんど~「年齢の確認」