しまくとぅばで仕事を生み出す ウチナーグチスクールの高平尚代表理事

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


しまくとぅばをキャリアに


しまくとぅばの保存・継承に取り組む一般社団法人ウチナーグチスクールの代表理事・高平尚さん。琉球諸語の発音やアクセントが学べる動画を制作しインターネット上で公開するほか、沖縄芝居・組踊の多言語ガイド上映を企画している=週刊レキオ編集室内 写真・村山望


高平尚(しょう)さんが代表理事を務める一般社団法人ウチナーグチスクールは、ユネスコ(国連教育科学文化機関)が消滅危機言語に指定している琉球諸語(国頭語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語)の保全・継承に取り組んでいる。しまくとぅばをキャリアとして生かせる仕事を生み出したいと考える高平さんは、世界的な文化観光の潮流にも対応する取り組みとして、今年12月28日に、組踊の多言語ガイド上演を計画している。ユーチューブ動画を利用してしまくとぅばを学び、習得度(=継承度)を測定する独自の継承チェックの仕組みも考案した。新しい試みに挑む高平さんの思いを聞いた。



高平さんの身近には、しまくとぅばの話者がいたわけではなかった。「父親が佐賀県、母親が沖縄県の出身。私自身は沖縄で生まれ育っていますが、しまくとぅばは話せません」と口を開く。

しまくとぅばに本格的に興味を持ったのは、自身のキャリア構築の過程だった。事務職として働いていた高平さんは、キャリアアップのために英語を学んでいたが、同じ言語を勉強するのであれば、希少性のあるしまくとぅばを学ぶほうがいい、と思い至った。

「社会の信頼を得るには、法人を立ち上げる必要がある」との考えから2015年12月に一般社団法人ウチナーグチスクールを設立。県の補助金を得ながら、沖縄市、宮古島、石垣島、伊江島、与那国島で話者の会話をICレコーダーに記録し、しまくとぅばを保存・継承する活動を開始した。


しまくとぅばの保全のため、琉球諸語の話者がまとめた貴重な資料も収集する

組踊を多言語ガイド上演


高平さんが思い描くビジョンは、しまくとぅばをキャリアとして生かせる仕組みを作り上げることだ。

「若い人がしまくとぅばを勉強しない理由の一つは、仕事がないこと。有望なキャリアを築くには、有望な市場がないといけない」と考えていた高平さん。動画配信サービスのネットフリックスをヒントに、沖縄芝居・組踊には物語の要素である音楽・踊り・言葉があり、コンテンツを生み出す力があることに気が付いた。





ウチナーグチスクールが制作した沖縄芝居の沖縄語解説動画


「コンテンツを生み出せれば、ウチナーンチュに優位性のある仕事をつくり出せる。せりふを多言語に翻訳すれば、世界中の観光客向けに上演することができる」

そう確信した高平さんは、今年12月18日に、観光客向けに組踊の多言語ガイド上演を企画。観客とガイドをビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」でつなぎ、舞台の様子やせりふを多言語でリアルタイムに解説する。日本語・英語のほか、中国語(中国、台湾)、韓国語、タイ語が選択できる予定だという。組踊の上演は、株式会社近畿日本ツーリスト沖縄、株式会社ジャンボツアーズの2社が旅行商品の一部に組み込み、秋頃販売を開始する見込みだ。


継承チェックを考案


上演に先立ち、しまくとぅばをキャリアアップにつなげる試みの一環として、10月1日・8日・15日に有料の「継承チェック」を実施する。受験希望者は、ウチナーグチスクールがまとめた沖縄語のユーチューブ動画で言葉を学習したうえで、話者との対話方式での継承度チェックに臨む。

獲得したスコアは、今後のウチナーグチスクール上演作品のチケット割引に活用できるという仕組みも考案した。

今回の継承チェックは沖縄語のみを対象としているが、将来的には対象を他の琉球諸語にも広げていく予定とのこと。


高平尚さん

組踊の上演費用は観光庁の補助金を利用するが、将来的には継承チェックの検定料により賄う仕組みにしたい、と高平さんは意欲を見せる。

継承チェックの実施にあたっては、8月6日に「仮継承チェック」を実施し、運営スタッフを選考する。仮継承チェックの受験は無料で、合格者は継承チェックの採点者として採用し、報酬も出す。「興味のある方は、ぜひホームページから仮継承チェックに応募してほしい」と高平さんは呼び掛ける。

現在、文化庁に沖縄芝居の多言語ガイド上演の申請も提出しており、補助金が下りれば年内を目処に上演を実施する見通しだという。

組踊・沖縄芝居の多言語ガイド上演は、文化の振興を起点として、観光の振興を図り、地域経済の活性化を促す「文化観光」の潮流にも沿っている、と高平さんは力を込める。「仕事が与えられるのを待つのではなく、自分たちで仕事そのものを生み出すことができる。それがしまくとぅばを保全する目的の一つです」。高平さんの言葉とビジョンは、未来への希望に満ちている。

(日平勝也)




一般社団法人ウチナーグチスクール

https://www.uchinaguchischool.com/
12月28日(水)組踊の多言語上演を含む

旅行商品の販売は下記へ

株式会社ジャンボツアーズ
インバウンド事業部(担当:蔡)
TEL098-917-5575
jjactivity@jumbotours.co.jp
販売開始予定:秋頃

株式会社近畿日本ツーリスト沖縄
TEL 098-866-1555(平日9:00-17:45)
予約受付開始:9月以降


(2022年7月28日付 週刊レキオ掲載)




前の記事「タコそばセット」を5人に(7月...
次の記事漫画・東京ざっ荘物語「ハクビシン...