つるっとむっちり自家製うどん 美らうどんINDIGO(インディゴ、那覇市久茂地)

  • 沖縄県全体
  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加
「天ざる」(1250円)。自家製麺のうどん、最初の一口はつゆだけでどうぞ。エビ、大葉、ナス、ニンジン、カボチャ、エノキの天ぷらは素材の味が楽しめます

「ジャンボなめこ天」(250円)

まだまだ真夏日の続く沖縄。暑い日のランチにはさっぱり、冷たいざるうどんをいかがでしょうか? 那覇市久茂地にある「美らうどん INDIGO」では、国産小麦を使った自家製麺の味わいが楽しめますよ。

写真の「天ざる」(1250円)はざるうどんと、エビ天、野菜天(5種)が一緒になった一皿。まずは、お店の自慢のうどんからいただきましょう。店主の金光秀承(かねみつ・ひでよし)さんによるとうどんの特徴は「むっちりとしたコシ」。口にした時のやわらかさと伸び、つるっとすすれることを大事にしているそうです。硬すぎない食感でお箸がどんどん進みますよ。うどんのつゆはしょう油ベースに昆布、カツオ節、サバ節も使用したもの。日本全国のうどんを学び生み出したハイブリッドなんですって。一緒についてくるエビ天のエビは太くて身質の良いものを厳選。ぜいたく感のある一本です。

「夜は日本酒を飲みながら一品料理、うどんはシメにどうぞ」とおすすめする金光さん。お店では、季節ごとに各地の酒造から日本酒を仕入れています。一品ごとにオーダーできる天ぷらは、県産野菜を使用したものもご用意。ナーベーラー、ベビードラゴン(ドラゴンフルーツのつぼみ)、クレソンのかき揚げなど新しい食べ方も提案していますよ。



店主の金光秀承さん。この時季おすすめの日本酒「雁木(がんぎ)」(山口県産)アピール


Menu<メニュー>


  • 親子天ざる……………………1100円
  • 野菜天ざる………………………950円
  • ざる…………………………………650円
  • 釜玉…………………………………700円
  • 釜玉めんたいこバター……1050円

※価格は全て税込



【住所】〒900-0015
 那覇市久茂地1-2-25 G7 ビル1F(マップはこちら
【営業時間】火~金11:30~L.O.15:00
         17:30~L.O.20:30
      土日祝11:30~L.O.19:30
【定休日】月曜
【駐車場】なし
【Instagram】 @udon_indigo




(2022年8月18日付 週刊レキオ掲載


WSJ特設サイト

前の記事漫画・東京ざっ荘物語「大看板」
次の記事漫画・ハマとんど~「お持ち帰り」