自分しか表現できないモノを絵や服に デザイナー・画家 ASUKA ISHIDA(いしだ・あすか)さん

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


小さな夢をかなえて前進


自らのブランド「ASKLAR(アスクラー)」のファッションデザイナーとして活動しているASUKA ISHIDA(いしだ・あすか)さん。最近は画家として活動を広げ、初の絵画展を開催中。昼から夜へと移り行くガジュマルの木の風景で「陰と陽」を表現した全長20メートルの大作ほか数点を展示し、独自の世界観を伝えている=那覇市内のアトリエにて 撮影:村山望


「ファッションデザイナーになりたい」という子どものころの夢を思い出し、洋裁学校に通うなどしてかなえたASUKA ISHIDAさん。2014年にハンドメードシャツの販売からスタートし、現在はデザイン画のプリント生地で商品作りをするなど進化。3年前からは画家活動を始め、今春ドバイ(アラブ首長国連邦)で開催されたアート展へ出展。国際的な視野で活動を広げている。あふれる行動力で自分の道を切り開くASUKAさんに話を聞いた。



那覇市出身のASUKAさんは、家族の影響で小学生のころから服やバッグを手作りしていたという。「祖母が洋裁をやっていたので母が受け継ぎ、ミシンの使い方など私も自然に母から教わりました。人と同じものを着たり持ったりせずにオリジナリティーを出したかったので、目立ちたがり屋ですよね」と笑顔で語る。絵を描くことも好きで、家庭科や図工・美術は成績優秀だったそうだ。

その才能を生かした道に進むかと思いきや、2002年に開催されたFIFAワールドカップの試合を見てサッカーに夢中に。「高校で女子サッカー部に入り、九州のスポーツ系専門学校に進学して真剣にサッカー選手を目指しました。ですが技術面、選手になっても収入が厳しい現実があり挫折しました」

目標を失った彼女は福岡で靴屋の店員になり、接客がきっかけで外国に憧れるようになったという。「旅に出掛ける時に靴を新調するお客さまが多く、スペインに旅行する方に見せられた建造物の写真に、心を奪われました」と話すASUKAさん。スペインに行きたい気持ちが湧き出て、「まだ知らない世界がある。目標を持たずに過ごす人生はもったいない」と焦りを覚えた。そして子どものころは服作りや絵を描くことが好きだったと、原点に立ち返ったそうだ。


ネットをチャンスに


色使いにこだわり、「誰も見たことがないモノ」を描くASUKAさん

実家に戻ったASKAさんは、目標を探すべく自分に向き合うようになる。「デザイン業をやっている兄の工場を手伝いながら、料理やダンスなどいろんな教室に通いました。理想の生き方のヒントにもなる講演会にもよく行っていました」と振り返る。行動力があり一回やってみないと気がすまない性格だという彼女だが、長く続けたのは、結局は洋裁だったそう。教室で一年間基礎を学ぶと作品づくりが楽しくなった。「インスタグラムにシャツなどの写真を投稿したらフォロワーが増え、兄の経営するショップで販売すると反響がありました。アクセサリーをハンドメードする友達が増えてきたので、合同でイベントを開催して販売する内に、少しずつ本格的になっていったんですよ」

SNSをはじめ、個人でショップが開業できるインターネット上のツールも大いに活用し、デザイナーとしての実績も経験も積んでいった。そして2017年に立ち上げたのが、自身のブランド「ASKLAR(アスクラー)」。以降はデザインに専念し、縫製はプロに任せてファッションアイテムの製作に励んでいる。最近は短期間出店する「ポップアップストア」形式で、デパートなどで販売する機会が増えたそうだ。

ブランドの方向性が定まったところで、画家として活動したい気持ちが高まり絵を描くように。SNSで公開した絵画がきっかけで21年にドバイのアート展への出展話が舞い込み、今年3月に実行。準備や出展料の捻出など苦労もあったが画家としてプラスのキャリアとなり、展示した絵画が16万円で売れたことも大きな自信になったという。


ビビッドで愛らしいASKLARのシャツ(個展開催中、売店において数量限定発売)

計画しながら行動


現在おきみゅー県民ギャラリー1では、ASKAさん初の絵画個展を開催中。「異世界を楽しんでもらい、鑑賞する方の心を動かしたい」と、大きなモノに心引かれる彼女は、花や植物を大きく描く作品制作に取り組んだ。「実は美術館での個展開催は5年前に掲げた夢。10年ほど前に人生を楽しむ自分の未来をイメージし、数年刻みで計画を立て実践してきたんです。小さな夢でもかなうと自信がつき前進につながるはずですよ」


ビビッドで愛らしいASKLARのバッグ(個展開催中、売店において数量限定発売)

大好きなファッションと絵画をライフワークにし、持ち前のバイタリティーで計画しながら行動に移していくASUKAさん。10月には東京の渋谷ヒカリエホールの合同展示会に参加し、来年以降は県外やフランスでの活動を視野に入れている。カラフルで個性あり鮮明な印象を与えるASUKAさんの作品。実際に見て世界観を感じてほしい。

(饒波貴子)




ASUKA ISHIDA個展 開催中「ASUKA ART Solo Exhibition-CIRCLE-」

【開催日】
8月16日(火)~21日(日)

【時間】
16~18日9時~18時
19~20日9時~20時
21日 9時~17時

【会場】
沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)1F・県民ギャラリー1(那覇市おもろまち)
入場無料
無料駐車場あり

※最新情報はSNSで発信中
 Instagram @wpy18asuka
 Twitter @AsklarW
 

 


(2022年8月18日付 週刊レキオ掲載)




前の記事ゆいレール奥武山駅近くのクラシッ...
次の記事漫画・東京ざっ荘物語「大看板」