沖縄とベトナム 子どもが描く「戦争と平和」

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖縄・ベトナム「子どもたちがみた戦争と平和」絵画展(同実行委員会主催)が20日、那覇市の県立博物館・美術館県民ギャラリーで始まった=写真。25日まで。ベトナムの子どもたちが戦争や平和をテーマに描いた作品と、県平和祈念資料館が毎年実施する「児童・生徒の平和メッセージ展」の作品が展示されている。



 ベトナムと県内の子どもたちの作品を同時に展示する企画展は県内では初めて。ベトナムでは2012年に開催され、3万5千人が鑑賞したという。ベトナム戦争を撮影した報道写真家の石川文洋さんの写真も展示されている。

 開会式で、照屋義実実行委員長は「子どもたちの純粋で素直な目で捉えた戦争と平和を見てほしい」と呼び掛けた。ホーチンミン市からフィン・ゴック・ヴァン戦争証跡博物館館長らも出席した。入場無料。問い合わせは(電話)090(9787)5244。

(2016年12月21日 琉球新報掲載)



前の記事コスプレでスタンプラリー 23日...
次の記事冬休みに学ぶ「ひめゆり」の思い