天久探偵舎 名護で世界旅行!? 魅力満載の「鳥の楽園」

  • 北部
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年を迎えて1カ月が過ぎようとしているのに、正月太りを解消できずにいる天久探偵舎の復帰っ子探偵・うるまタクオ。事務所でエアロビクスのまねごとをして汗を流していると、突然電話が鳴り響いた。

 「名護に鳥たちの楽園がある。しかも、そこでは世界旅行に行ったような感覚も味わえるんだ」。受話器の向こうの男は興奮した様子で要点を告げると、すぐに電話を切った。

 「鳥の楽園? しかも名護に?」。タクオは調査のため、北部に向けて車を走らせた。

色鮮やかな鳥たち

 名護市内で「鳥たちの楽園」について聞き込みをすると、「ネオパーク・オキナワ」という場所が浮かび上がってきた。国道58号を国頭村方面に北上する途中にあるネオパークにたどり着いたタクオは度肝を抜かれた。

 入り口に大きな岩山がそびえ立ち、その中をくぐり抜けるように入園する。「入り口はアフリカにあるタッシリの岩山をモチーフにしているんですよ」。社長の宮島和彦さん(55)の笑顔に出迎えられ、いよいよ園内に足を踏み入れた。

 目の前にはフラミンゴなど色鮮やかな鳥たちが悠々と羽を広げ、まさに「鳥の楽園」と呼ぶにふさわしい光景が広がっていた。「ここでは自然に近い形で動植物を見せています」と宮島さん。池や森林が整備されたエリアで鳥たちを育んでおり、入園者はその中に入って観察を楽しむことができるのだ。

 それにしても、どうしてこれほどまで多くの鳥がいるのか。宮島さんは「危険が少なくて見栄えがするからです。国内外から多くの種類が集まっています」と話し、園内で羽ばたく鳥たちに目をやった。


エサをあげる飼育員の周りに集まる鳥たち=名護市のネオパークオキナワ

動物とのふれあい


来園者を「はいさい めんそーれ」と出迎えるチャーリー園長

 手を伸ばせば触れる距離に鳥たちがいる。「これはなかなか怖いんじゃないか。くちばしでつつかれたりしないのか」。

 そう思ったタクオは、那覇市から2人で遊びに来ていた洲鎌結実花さん(19)と宮城巳祐莉さん(22)に声を掛けてみた。

 「鳥たちはみんな優しいですよ」。2人はそう言うと、餌をついばむ鳥たちを楽しそうに眺めていた。

 ネオパークは動物たちとのふれあいを大事にしている。

 園内には「チャーリー園長」と呼ばれるモルモットが出迎えてくれる「ふれあい広場」も設置されている。

各エリアにコンセプト

 自由に羽ばたく鳥たちの姿を見て、時間を忘れていたタクオ。そんなとき、電話の男が話していたもう一つの言葉を思い出した。

 「世界旅行に行ったような感覚を味わえる」。

 その謎を宮島さんにぶつけてみると、園内の地図を持って来てくれた。

 「入園者が最初に足を踏み入れるのがアフリカをテーマにした『フラミンゴの湖』、次が『アマゾンのジャングル』など、各エリアにコンセプトがあるんです」。

 その言葉を確かめるために「アマゾンのジャングル」に足を踏み入れると、南米の熱帯雨林を思わせる木々や巨大魚に出迎えられた。


エサを持った来園者を追いかける鳥たち

園内を走る機関車

 「たくさんの鳥に世界旅行、これはすごいな」と驚きっぱなしのタクオの耳に、汽笛が鳴り響くのが聞こえてきた。

 「そんなばかな」と思って振り向くと、真っ黒な機関車がゆっくりと迫ってきた。「これはかつて沖縄を走っていた軽便鉄道を再現しているんです」と宮島さんは話す。園内を周回する形で1.2キロの線路が整備されている。


園内を走る沖縄軽便鉄道

希少生物との出会い


エサをほおばるキツネザル

 動物たちとふれあい、世界の自然を満喫したタクオに、宮島さんは「ここではすごく貴重な動物たちもいるんです」と教えてくれた。

 好奇心を刺激されたタクオは園内にある国際種保存研究センターに急行した。

 頭部が鮮やかな青色で彩られたアオコブホウカンチョウ、黄色いくちばしが特徴的なオニオオハシなど鳥類のほか、ワオキツネザルなど普段見ることのできない動物たちが飼育されていた。

 「動物たちは絶対に弱みを見せないから少しのサインも見逃したら駄目なんです」。貴重な動物たちに魅了されていたタクオに、同センターなどを担当する飼育員の山下貴之さん(23)が話し掛けてきた。

 これだけたくさんの動物を世話するのは大変だろうな。タクオがそんなことを思っていると、山下さんは「動物たちが懐(なつ)いてくれるとうれしいんです。ネオパークをもっと発展させたいです」と夢を語ってくれた。

 自由に羽ばたく鳥たちと、それを支える飼育員の情熱に出会い、「新年から面白い調査ができたな」と満悦のタクオ。「これにあやかって大きく羽ばたく1年にしよう。とり年だしね」。そんなことを考えながらネオパークを後にするタクオだった。

(2017年1月31日 琉球新報掲載)



前の記事おっぱい論争 やんばるからの手紙...
次の記事【動画】小型電気自動車「ゆいも」...