アウトドア料理の極意を伝授! BBQだけじゃない  ピザも燻製も♡ 

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプの楽しみの一つは料理。
自然の中で自分で調理したものは味も格別だ!
アウトドアグッズを多数そろえているメイクマンに、
おすすめ商品を紹介してもらった。

 

鍋料理もオーブン料理も 「KAMADO」

 


 鍋料理もオーブン料理もバーベキューもこれ1台あればできる「KAMADO」(19800円)。

 石窯とかまどの特徴を併せ持った構造で、火床からの熱を逃がさず効率よく調理ができる。

 鍋料理とオーブン料理を同時に行うことも可能だ。

 たき火やダッチオーブン料理もできて1台5役のすぐれもの。



パーツはオールステンレスで手入れしやすい。専用のバッグに収納し持ち運びもラク

組み立ては簡単。折りたたまれているものを広げてセットするだけ

始めに炭を中央に置き、着火後白くなって赤い炎が落ち着いたら広げる。灰受けがあって地面を汚さない


ピザを焼く

 天蓋までセットすれば、10面体構造のオーブンとなって対流熱で中が暖まる。

 中が350℃~400℃になったら専用の皿に乗せたピザを入れる。

 チーズが溶け、焼き目が付いてきたらできあがり。5分程度で焼き上がる





バーベキュー


 別売りの網を乗せて、肉などを焼く。

 肉は焼く直前に塩こしょうするといい




ダッチオーブン

 上部のかまど部分の天蓋を外し、ダッチオーブンをセットすればOK
 

焚き火

 料理が終わったら、網を外して落ち葉や流木などを入れて焚き火も楽しめる
 



 


つまみに最適 燻製に挑戦

 


スモークポット(ガス火専用)
シングルバーナー
ミニトーチ
カセットガス
サクラのスモークチップス

※食材は定番のウインナー、チーズ(6ピースのプロセスチーズがおすすめ)、バーベキューで残った肉
 


(1)シングルバーナーにガスをセットし着火。チップはひとつかみほど入れる。チップにはさまざまな樹木が使われるが、サクラは香りもつきやすく、一番人気


(2)網の上に食材を置き、ふたをする。温度は80℃~90℃

(3)食材の色があめ色になったら食べ頃。いい香り!


 


これもおすすめ

ポータブル火消し壺(4980円)

BBQ後の燃え残った炭は壺に入れて持ち帰ろう。

来た時よりも美しく!
 

 




教えてもらいました!


メイクマン浦添本店エンジョイ担当・神山大地さん

KAMADOを使って、アウトドアクッキングのバリエーションを広げて楽しんでほしいですね
 



(2017年7月15日 琉球新報夏ナビ掲載)




前の記事3人のママになったMAXレイナ ...
次の記事イケてるパパはキャンプの達人! ...