他のきょうだいはもらっているのに…不公平だよ! 【沖縄の相続】暮らしに役立つ弁護士トーク(6)

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

 “沖縄の相続問題”のエキスパート・尾辻克敏弁護士の事務所に、最近父親を亡くされたという安里さんが、相談に訪れました。

 父親の生前に財産をもらっているお兄さんとお姉さんから、父親の遺産をきょうだい3人で三等分しようと提案されて、納得できないようです。

 



 


泉崎さん

安里さん

父は、1500万円の財産を残して亡くなりました。母は父が亡くなる以前に他界しています。

父の遺産について、兄の太郎と姉の弘子ときょうだい3人で3回も話し合いをしましたが、兄と姉は、この1500万円を兄弟3人で三等分しようと言うのです。

でも兄は父の生前、兄が今住んでいる土地(時価1000万円相当)を父からもらっています。姉だって父から、美容院の開業資金500万円をもらっているんです。

兄や姉は、父の生前、父から財産を分けてもらっているのに、1500万円は3等分して分けないといけないのですか?



生前に財産をもらっている場合、どうなるの?


尾辻弁護士

尾辻弁護士

今回は、一部の相続人(姉の直子さん・兄の太郎さん)が、被相続人(父親)の生前に、財産を被相続人からもらっているケースですね。

このようなケースでは「特別受益」という問題が出てきます。

「特別受益」とは、被相続人から、相続人が、遺言で財産をもらったり、居住用の不動産や事業資金といった形で、生計の資本として生前贈与を受けたりすることをいいます。

兄の太郎さんが、父親から生前贈与を受けた土地や、姉の弘子さんが父親から生前贈与を受けた美容院の開業資金も「特別受益」にあたります。


泉崎さん

安里さん

「特別受益」にあたると、どうなるのですか。

 


尾辻弁護士

尾辻弁護士

「特別受益」は少し難しい概念ですが、「特別受益」がある場合、まず、相続財産に特別受益分を加えたものを、法定相続分で分けます。

そこから、「特別受益」を受けた人については、特別受益分を引きます。


「特別受益」がある場合、どうやって計算するの?


泉崎さん

安里さん

えっ、どういうことですか? 私たちのケースだと、どうなりますか?尾辻先生、具体的に教えてください!

 


尾辻弁護士

尾辻弁護士

まず、お父様が残した相続財産1500万円に、兄の太郎さんが生前贈与を受けた土地1000万円と、姉の弘子さんが生前贈与を受けた開業資金500万円を加えると3000万円となります。

【沖縄の相続】暮らしに役立つ弁護士トーク(4)でもご紹介したように、子の法定相続分は平等なので、これを兄弟3人で三等分すると1000万円ずつとなります。

兄の太郎さんは、この1000万円から生前贈与を受けた土地1000万円の特別受益分を引く(マイナスする)とゼロです。そのため、太郎さんはお父様が残した相続財産1500万円から取り分はありません。

姉の弘子さんは、先程の1000万円から生前贈与を受けた開業資金500万円の特別受益分を引く(マイナスする)と500万円分取り分があります。姉の弘子さんは、相続財産1500万円のうち500万円分をもらえます。


泉崎さん

安里さん

私は、1500万円からいくらもらえるのですか?

 


尾辻弁護士

尾辻弁護士

安里さんは、お父様の生前、何ももらっておらず、特別受益はないので、相続財産1500万円のうち1000万円をもらうことができます。

 


特別受益の評価は、いつを基準とするの?


泉崎さん

安里さん

ただ…兄によると、兄がもらった土地は父からもらった当時、500万円の価値しかなかったようです。1000万円で評価していいのですか?

 


尾辻弁護士

尾辻弁護士

「特別受益」では、相続を開始した時、すなわち被相続人(父親)が死亡した時の金額が、評価の基準となります。

そのため、兄の太郎さんがお父様から生前贈与を受けた土地は、お父様が亡くなった時の時価1000万円で評価します。

土地や株など、生前贈与を受けた時より値上がりし、思っていたより特別受益分が多くなることがあるので、注意してください。



― 執筆者プロフィール ―


弁護士 尾辻克敏(おつじ・かつとし)

中央大学法学部、中央大学大学院法務研究科卒業。司法試験合格後、県内にて1年間の司法修習を経て、弁護士業務を開始。常に相談者の話を丁寧にお聞きし、きめ細やかな法的サービスを的確かつ迅速に提供し、全ての案件に誠心誠意取り組んでいる。

相続問題・交通事故、企業法務等を中心に取り扱う。相続問題では、沖縄の風習や慣習、親族関係にも考慮した適切な解決を心がける。


~法律問題でお困りの際は、お一人で悩まず、私と共によりよい解決を目指しましょう!~

島袋法律事務所 弁護士 尾辻克敏
那覇市樋川1-16-11 リーガルプラザ2階
(那覇の裁判所・法務局近く)
http://shimabukuro-law-otsuji.com/index.html
お問い合わせ TEL098-834-9045

 



(毎月第3水曜日掲載)



WSJ特設サイト

前の記事マスターズ陸上に挑戦してみた。→...
次の記事ここは糸満の天国か~☆「俺の漁港...