対話が必要なのは… [まーちゃんのお笑いニュース道場]

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


はいさい! サッカーの日本代表がワールドカップ出場をかけた試合で、顔にペインティングをして応援しようとしたら、後輩から「旧盆で街を練り歩くチョンダラーにしか見えない」と言われた三流芸人です。

顔を白塗りにしたのがダメだったかなぁ? 確かに応援グッズとしてパーランクーを持っていたからやぁ。どっかの青年会の道ジュネーに見えなくもなかったけどね。

そしてその白塗りのままヘルメットを被りバイクに乗って帰ろうとしたら、別の後輩から「まーちゃんさん、どうしたんですか? そんな格好して。もしかして今から宮古島を守りに行くんですか?」って言われたけどや。俺は宮古島まもる君あらんよ! 確かに宮古島まもる君は真っ白な顔してヘルメット被ってるけどさ!


イラスト:なめたけ子

そうそう、宮古島といえば宮古島署で開催されたレンタカー事業者との意見交換会で、交通課の男性署員が中国語や韓国語などの通訳不足を理由に、外国人にレンタカーを貸さないように求めていたことが問題になったね。通訳がいないとなかなかコミュニケーションがとれないから、事故処理とか確かに大変そうだけどさ。

これからは宮古島まもる君に自動翻訳機能やAIの技術を搭載して、通訳アンドロイドとして活躍してもらうっていうのはどう? その名も「宮古島しゃべる君」!

事故を起こしてしまった外国人観光客とコミュニケーションがとれずに困っている警察官の間に「宮古島しゃべる君」に入ってもらってね。そして「宮古島しゃべる君」がこう言うわけさ「あばっ! あんたたち、話が通じない時は、まずは“飲みニケーション”からだよっ」っていいながら泡盛片手にオトーリを回すわけさ。そうすれば、言葉が通じなくてもみんな仲良くなって問題解決・・・しないかぁ?

外国といえば、お隣の北の国からミサイルが飛んできて、東北や北海道では危険を知らせるJアラートが鳴り響き住民が大騒ぎってこともあったね。

「沖縄に住んでいる僕の携帯からもJアラートが鳴ってさ。上空を見上げたらミサイルじゃなくて、オスプレイが飛んでたよ」
なんて先日お笑いライブでギャグを言ったら、あんまりウケなかったけどね。

(小波津正光、お笑い芸人)



北朝鮮ミサイル日本通過/北海道東1180キロ落下(8月30日付、1面)

中国、韓国客に「車貸さないで」/宮古島署員 事故多発も「通訳不足」(8月30日付、24面)

日本、サッカーW杯決定/6大会連続 豪に2-0(9月1日付、1面)



(2017年9月8日 琉球新報掲載)



前の記事伊達公子 恩師が告白!引退の裏に...
次の記事〝スマホと子ども〟どうしてる? ...