〜自分を救う作り置き〜 ☆えくぼママの沖縄子育て☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

haremamaです

自他共に認めるポジティブ人間の私。
でもね、ポジティブって勝手になれるものではないような気がします。

私はいつも『イライラしたくない』と思って生きています。
皆さんの想像以上にイライラしない事に一生懸命。

だからイライラの種を見つけると徹底的にぶっつぶす!!(表現怖い)
第一子を出産し職場復帰する時に一番困った事は毎日の食事。
出産前に比べてお給料は下がった、母乳もあげているから出来る限り体に良いものを食べたい、子供がいるし外食も行きづらい。
となるとやっぱり家でご飯を作るのが一番。
お弁当も作らないと家計が・・・。
はて?そんな時間どうやって作るの?

保育園のお迎えからかえってすぐに料理をする・・・
→たそがれ泣きでもちろんそんな事出来ませんでした。
途中で中断されイライラ

旦那様の帰りを待ってから料理を始める・・・
→残業や寄り道で遅くなる旦那様にイライラ

朝早く起きて料理をする
→寝過ごしてそんな自分にイライラ

夜寝かしつけたあと料理をする
→寝てくれない。イライラ

何をしてもイライラの種がいっぱい。

そんな私を救ってくれたのは何を隠そう土曜日の私でした。

土曜日の子供のお昼寝中一気に「作り置き」
その料理を小出しに昼・夜に出していく。
足りない時は、冷奴とか肉や魚を焼くだけとか、本当に簡単な料理のみしていた。
すると、水曜日までは何とかもつんです。
木・金は焼そばとかパスタとかカレーでなんとか乗り越えられる。

もちろん豪華な食卓とは言えません。
お弁当なんてそれで足りるの?と心配されることもあります。

でも別に満腹にならないでもいいじゃん。
逆に満腹にならないほうが良いらしいよ。
なんて旦那様にマインドコントロールをかけつつ・・・。

そして、第二子出産。
育児休暇中は「作り置き」をさらに手際よく出来るように練習練習。
今まで2時間かかっていたのが1時間半になったりと、すこしは手際よくなりました。
レシピを覚えきれない私。活用しているのはこの単語帳。



これを冷蔵庫にかけておき、見ながら作ります。



スマホを見たり本を見たりしなくていいので時短。
ルールとしては、3回以上リピート作りをしたものだけ、このレシピメモに書き込んでいくという感じ。

そんなこんなで出来上がった我が家のある日の作り置き。


  • にんじんシリシリ
  • 切り干し大根・きゅうり・大豆の甘酢和え
  • 鶏肉・なす・しめじの炒めもの
  • 切り干し大根の煮物
  • 厚焼き玉子
  • スナップエンドウのゆでたん

作り置きのいいところは、とにかくいっぱい野菜を食べられるところ。

何品目?と感動するほどの夜ご飯になりますよ。

お弁当もカラフルになるしね。


昨日も一昨日もコレ食べたというデジャブ感は否めませんが・・・。

さてさて子供が二人になった今、イライラの種ぶっつぶす為試行錯誤して頑張っています・・。



(えくぼママライター haremama


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


haremama
関西出身の2児の母で、働くママ。
整理収納アドバイザー1級を取得。
関西人の夫と、沖縄生まれ沖縄育ちの息子と娘との4人暮らし。
楽しく晴れやかに過ごせる為の方法を毎日大真面目に考えています。
 

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 





前の記事習い事の新定番! アプリ開発は小...
次の記事踊り、映像、新感覚で融合 30日...