沖縄美人(11) 〝元気〟も〝真面目〟も 私らしく タレント・大城メロディさん

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイリンガルの強みを生かし、娯楽番組から真面目な情報番組までマルチにこなすタレント大城メロディさん(28歳)。彼女の今に迫ります!


人生を変えた出来事は?



 ラジオとの出会いです。小学校2年の時にスカウトされてからモデルの仕事をしていて、大学時代、ノリで行ったラジオ番組のオーディションがきっかけでラジオの世界に入りました。オーディションには50名程集まっていましたが、たまたまその年のFM沖縄のイメージキャラクターが「リズムくん」と「メロディーちゃん」だったんです。同じ名前だということで「人間のメロディちゃんが来た!」と受け止めていただき、運命的な引き合わせでラッキーにもオーディションに受かりました。

 とはいえ、当時はモデルからしゃべりの世界へ行く人は珍しく、最初は何をどう話していいか分からず悩んでいたのできつかったんです。プライベートでは自由人ですが、仕事は真面目。面白い話をしたいのに、「常識がない人に思われるかな」「ここで発言したらまずいかな」などあれこれ考えてしまって、バランスが難しかった。実はけっこうビビりさんですよね(笑)。

 映像がない中、言葉で伝える難しさを痛感しながらも、パーソナリティーのまーちゃんさんやスタッフの皆さんに助けられ、支えられながら、壁を乗り越えることができました。だんだんと職場に行くのが楽しくなり、家で話しているようにリラックスできるまでになりました。ラジオ番組卒業の日はギャラリーが埋まるくらいのリスナーさんが集まってくださり、お手紙や花束をいただきとても嬉しかったです。

 「メロディの声に元気をもらった」という言葉にすごく感動して、逆に元気付けられました。TVよりも距離が近く、メッセージを通して会話できること、リスナーさんとつながれるのがラジオの魅力です。〝しゃべりの世界の魅力〟にさらにはまりました。

 もう一つの転機は23歳のころに訪れました。周りの友人が社会人として働く中、ラジオ1本では生きていけないと思い悩み、単身、祖母のいる父の故郷へ渡米。でも目的もなくアメリカに行ったので、やることがなくて2カ月ぐらいで沖縄に戻ってきました(笑)。OLになろうと思い、会社員としてデスクワークの仕事を始めましたが、じっとしていられない。朝からPCを打つのが性格に合わず、向いてないと思い、3カ月で辞めることに。やっぱり私は話す仕事がやりたいんだと思い直しましたね。

 その後、キャラ沖縄に入り、レッスンを受けながら、今の仕事の基盤ができたと思います。うちなーなまりや英語なまりから正しい日本語に直すのが大変でしたが、今では「シャキッとi」や「Cinema Paradiso」の他、TVレポーターやイベント司会など仕事の幅が広がっています。英語が話せるので、最近ではインバウンド企業のイメージビデオの英語ナレーションや路線バスの英語案内の仕事なども増えています。今後は、英語を使う司会の仕事もやっていきたいなと考えています。

ハッピーでいるためにしていることは?


 私、自由人なんです。インドア、アウトドアが両極端で、週末は家でずっと映画を観ることもあれば、突発的に外に出たくなり旅行に行こうと友人を誘ったり、思いつきで行動したり(笑)。その時にしたいことをして、自分の気持ちに素直に生きています。

 ずっと沖縄にいると違う空気を吸いたくなるんです。私にとって旅行は現実逃避をしに行くようなものでリラックスできます。旅行疲れより癒し効果の方が大きいんです。

 はまり症も影響して、以前は旅行にばかり行っていましたね。旅行先でいっぱい友達をつくって、旅行に行くたび一緒に遊んでいました。皆、優しいので、仕事で忙しくてなかなか会えないのに友達でいてくれます。

 ここ最近は忙しくて旅行に行けないので、映画館で旅行気分に浸っています。


座右の銘は?


 ”no rain, no rainbow” (「雨が降らないと虹も出ない」)

 毎日太陽が出ても虹は出ない。ちょっと嫌なことがあったり、苦労したりしないと虹は見えない。ちっぽけなことに悩む時もあるけれど、乗り越えた時の爽快感のように、苦しい時には、その後に虹が出ると信じています。

 だから苦しいと思うこともあまりないんです。2週間仕事が詰まって「やばい」「きつい」と思っても、1日1日、目の前のことに集中して過ごしていたら、14日間あっという間に過ぎています。

 仕事の合間に行く旅行は、仕事を頑張ったご褒美。さらに楽しめてリフレッシュできます。普段より豪華なディナーを食べることなど、私にとっては1つ1つが小さなレインボー。

 家でほとんど飲まない人ですが、疲れ切った時に飲むビールは最高(笑)。「今日は頑張ったな~」って時に家で飲むビールは染みますね!


理想の女性像は?



 力強く芯の強い女性です。

 自分のできないことをやっている女性はどの分野でもかっこよく思いますし、頑張っている女性が好きなので、そんな女性から色々と学びたいと思っています。

 ライフスタイルが充実し、日々を楽しんでいる女性って素敵ですよね。私はやりたいことを詰め込みすぎて容量オーバーになりがちなので、しっかり時間を決めて好きなことをしながら仕事もがんばっていきたいです。

 少しずつですが自分を理解できるようになり、自分の取り扱い説明書を分かり始めたので、少し大人になった気がします。

 無理し過ぎて仕事に支障が出るのはよくないです。自分をセーブできるようになり、仕事が進めやすくなりました。

 余裕をもって仕事ができるようになった今だからこそ、自分を知ることの大切さを感じています。

理想のパートナー、好きな人のタイプは?

 優しい人。

 アメリカ人のように外でもレディーファーストで特別扱いしてくれる人がいいです。カジュアルにHey Honey!とチューやハグができる感じ。ストレートに愛情表現してくれる人がいいんです。ずっとひっついていたい(笑)。

 やっぱり、ちゃんと「好き」と言ってほしいので、態度で分かるだろうじゃなく、ちゃんと言葉で伝えてほしいです。

 そして、やっぱり無言の時間でも居心地いいのが条件ですね。恋愛したい気持ちもありますが、今は仕事が楽しいからいいかな(笑)。

落ち込んだ時の対処法は?

 モチベーションが下がっているときは、自分の中に壁を感じたり、力量に限界を感じて仕事に悩んでいたり、努力が足りないとか、こんな発言をしたかったと反省しているときが多いんです。そんなときは友達とお茶して気分をリセットします。

 実は私、妄想が好きで、一人の時間がないとダメなタイプなんです(笑)。一人でカフェに行ってぼっーとしたり、小説を読んだり、一人の時間と誰かと過ごす時間とバランスをとっています。

 他には、自分のモチベーションが上がる映画を観ます。

 仕事で悩みがある時は、『Sex and the City』に出てくるかっこいい女性を見てモチベーションを上げます。元気を出したいときは、笑えるコメディーの『ハングオーバー!』シリーズ、旅行に行けなくてうずうずしている時は『ハリー・ポッター』シリーズを観て、ファンタジーの世界で旅行気分を味わいます。

 落ち込んでいる時の気分によって観る映画を変えています。手軽に気分をリセットできるので、映画の世界に浸るのはオススメです!

チャレンジしたいことは?


 今、現在進行形でチャレンジしているところです。

 モデルの仕事では英語が話せても使う機会がなかったのですが、ラジオや司会の仕事では、チャレンジしたかったことが全部できます。でも自分の中ではまだ50%。まだまだ成長したいし、もっと力を付けたいんです。表現したいことが言葉に表現できない時もあるので、瞬発力で言葉が出てくる力をつけていきたいです。しゃべる仕事を極めたいです。

 実は勝手に、ラジオパーソナリティーの中村一枝さんに縁を感じているんです。以前パーソナリティーをしていたころは前番組が一枝さん、現在は後番組が一枝さん(笑)。ボキャブラリーも豊富で、話を振らなくても話題を膨らませてくれるところがかっこよくて尊敬しています。結婚して子どもが生まれても、声を武器に第一線で活躍してらっしゃる一枝さんのように、年齢を重ねながら長くやっていきたいです。

 以前は夜の番組を担当することが多かったので、朝の情報番組を担当できることが嬉しかったんです。堅いニュースを読むので、自分にできるのか戸惑いもありましたが、いろんな人のラジオを聞いたり、「今の言い回し、合っていましたか?」と田久保諭アナウンサーに質問したり、アナウンサーの先輩にアドバイスをいただいたり…。客観的に自分を見ることは難しいので、分からないことは素直に教わりながら実践しています。

 できなくて悔しくても、まずはやってみます! 真面目に話をする番組もチャレンジしたかったことの一つ。今はチャレンジさせてもらっているところです。

 趣味のラジオを仕事にできてラッキーだと思っているので、長く続けていきたいです。楽しいことも難しいこともたくさんありますが、やりたかったことを通して仕事の幅が広がっている今が嬉しい。だから〝元気なメロディ〟〝真面目なメロディ〟の、どちらも武器にできるといいなと思っています。自分を磨いて、強みにしていきたいです。

イチオシ美容法は?

 私めっちゃズボラなんです(笑)。幸い肌が強かったので荒れることはほとんどなかったのですが、お肌の曲がり角にきて気にするようになり、ちゃんと化粧水を塗って寝るなど気が向いたらやっています(笑)。

 食事は基本的に食べたいものを食べます。ステーキを食べたいときはタンパク質が足りないのかな、オレンジジュースを飲みたいときはビタミンCを欲しているのかな、などと身体の声を聞いて素直に食べます。私はサプリメントを飲む習慣が続かないので、食べ物から栄養を摂っている感覚です。

 ストレスがたまった時は一人でゴルフの打ちっぱなしです。私、運動音痴でスポーツが超苦手なんです。でもゴルフは走ったりしないので、すごくはまってゴルフ好きに。ちゃんと当たるようになったので、体を動かしたい時はゴルフをします。歩くのも好きなので、サンセットの時間に友達と散歩したりもしています。

 一昨年前、尚巴志ハーフマラソンでRBCのランナーズレポーターとして走ることになったんです。練習もしましたが、本番は心臓が痛くて、「なんでこの仕事を受けたんだろう」と思いながらも走り抜き、なんとか時間内で完走しました。それがきっかけで、RBCの特番のお仕事をいただいたり、「シャキッとi」のオーディションにもつながりました。

 今まで苦手だった運動を始めたことがきっかけで仕事の幅が広がりました。頑張ることって大事だなと実感しています。フルマラソンに出場する勇気はありませんが、メダルが欲しいので、もう一度完走したいなという再チャレンジ願望があります(笑)。


◇撮影協力
Restaurant & Bar Pine Tree Bless Tギャラリア店
沖縄県那覇市久茂地2丁目4-5
098-863-568


大城メロディ

モデル出身で英語と日本語を自由自在に使いこなすタレント。

ゴルフや洋服作りが得意。学ぶことが好きで取得資格はTOEIC 945点、被服製作(洋服)検定1級、日商簿記3級、色彩検定3級、食物調理検定3級、着物着付初級講師など。

1989年11月3日生まれ。宜野湾市出身。

 


【インタビュー後記】

 オープンでざっくばらんな人柄と自由を尊重する姿勢。会話をしているとアメリカ人気質な面を感じさせる大城メロディさん。やりたいことに挑戦し、仕事に励むメロディさんとお話していると、理想の女性像を追い求め過ぎず、自分らしくあればいいように思えてきます。自分を否定する必要はなく、素の自分でいることが自分らしく生きる秘訣なのかもしれません。

 周りの女性の声を聞いていると、芯の強い女性に憧れる人は多いように感じます。ブレない女性に憧れるのは、迷いが多い時代だからなのでしょうか。周囲の評価を気にするあまり、本当の自分を見失ってしまう女性が多いのかもしれません。時代の求める女性像を意識しながら、自分自身と上手く付き合っていくことに力を注ぎたい。自分に自信をもって生きていけるように、選択肢を広げることのできる経験やスキルを培っていきたいと思う今日この頃です。

(記事、写真 朱瞳碧晃)

 



朱瞳碧晃(あやとうみき) 

ビューティーライター、フォトグラファーとして活動。美魔女フォト(ヘアメイク込)、出張撮影、HP・広告用の商用写真撮影やセールスライティング代行を行う。

リポーター経験より、白霧未來でイベントMC、披露宴司会としても活動中。



(月1回掲載)



前の記事羽生結弦“奇跡の復活”へ!浮上す...
次の記事離島初!沖縄初! 石垣島がアート...