白く輝く百獣の王猛獣ショー[木下大サーカス沖縄公演]1

  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加
調教師のマイケル・ハウズさんを見つめ、芸を披露するライオンたち=10月、熊本県嘉島町(具志堅千恵子撮影)

 白い毛並みが、まばゆいほどに輝く。世界でも希少なホワイトライオンがうなり声を上げ、歩き、跳ぶ。ライオンたちが芸を披露する猛獣ショーは、幅広い世代に大人気の演目だ。

 ショーに登場する8頭のライオンのうち、4頭がホワイトライオン。「普通のライオンよりホワイトの方が扱いにくくて、難しい性格だよ」と明かすのは、英国出身の調教師マイケル・ハウズさん(47)。祖父と父も調教師で、いつも身近に動物がいたという。

 ハウズさんが「プリーズ」と呼び掛けると、ライオンたちは後ろ足で立ち、前足を胸元にそろえ「お願い」のポーズを取る。百獣の王らしからぬ愛らしい姿。その上を別のライオンが勢いよく跳び越えていく。

 雄のホワイトライオン「ファラオ」は、ごろんと一回転したり、たるの上に乗ったり。「みんな個性が違い、得意、不得意がある。それぞれに合う芸をさせている」。動物たちと心を通わせ、知り尽くしているからこそ、ショーは成り立っている。
 



プレビュー
木下大サーカス沖縄公演

 琉球新報社は、新本社ビル落成記念プレ事業として15日から来年2月26日まで、豊見城市の豊崎タウン特設会場で「木下大サーカス沖縄公演」を開く。夢あふれるステージの見どころを紹介する。

 公演情報はこちら →  迫力満点! スーパーミラクルイリュージョン★木下大サーカス沖縄公演


Information

2017年12月15日(金)~2018年2月26日(月)
 豊見城市豊崎タウン特設会場

休演
 毎週木曜日、12月31日、1月10日、2月14日
 ※ただし1月4日(木)は開演

前売り券
 一般自由席
 おとな2,600円 こども(3歳以上中学生まで)1,600円

問い合わせ
 琉球新報社 営業局098(865)5200
 (平日午前10時~午後5時)



(2017年12月5日 琉球新報掲載)



前の記事糸満人はエイトマンだった? マブ...
次の記事ディズニーランドに行けるかも 第...