ゾウのショー  繊細に、力強く[木下大サーカス沖縄公演]8

  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加
後ろ足で立って歩くアジアゾウのワッサナー=10月、熊本県嘉島町(具志堅千恵子撮影)

 2・3トンの巨体を揺らし、ステージに現れた。背中には2人の女性団員が乗っており、にこやかに手を振っている。優しげな瞳が印象的なアジアゾウのワッサナーは、ラオス出身の雌で、14歳だ。ショーの開始早々、前足を伸ばして身をかがめ、客席にごあいさつ。愛嬌(あいきょう)のある姿に、観客から盛大な拍手を浴びる。

 これまで多くのゾウを見てきたというタイ人の調教師ジョーさん(42)は「甘え上手で賢い子」と評す。好物はサトウキビやバナナ、リンゴ。ジョーさんがポケットに果物をしのばせていると、鼻をすり寄せてくるという。

 ショーになると懸命に芸に励む。小さな台に2本の前足をのせ、逆立ちを披露した。体が大きなゾウには難易度が高いといわれる二足歩行も、楽々とこなす。後ろ足で立ち上がり、1歩、2歩とゆっくりと進む。

 長い鼻でリボンをつかんで回すなど、繊細な技を見せる一方、得意技は、やはり力業。最後は女性団員を鼻で抱き上げ、誇らしげにステージを後にした。



プレビュー
木下大サーカス沖縄公演

 琉球新報社は、新本社ビル落成記念プレ事業として15日から来年2月26日まで、豊見城市の豊崎タウン特設会場で「木下大サーカス沖縄公演」を開く。夢あふれるステージの見どころを紹介する。

 公演情報はこちら →  迫力満点! スーパーミラクルイリュージョン★木下大サーカス沖縄公演


Information

2017年12月15日(金)~2018年2月26日(月)
 豊見城市豊崎タウン特設会場

休演
 毎週木曜日、12月31日、1月10日、2月14日
 ※ただし1月4日(木)は開演

当日券
 一般自由席
 おとな2,900円 こども(3歳以上中学生まで)1,900円

問い合わせ
 琉球新報社 営業局098(865)5200
 (平日午前10時~午後5時)



(2017年12月13日 琉球新報掲載)



前の記事広がった「AEDセクハラデマ」と...
次の記事神の島・久高島は〝肉なし正月〟だ...