北斗晶 支えてくれた親友が急死…ブログ休止の悲しすぎる真相

このエントリーをはてなブックマークに追加

《なにかあったんですか…心配です》

北斗晶(50)のファンたちから、そんな心配の声が上がっている。発端は3月3日。北斗が自身のブログで《ご心配をおかけして申し訳ございませんが…数日間、ブログをお休みさせていただきます》と突然の休止を宣言したのだ。

15年7月に乳がんが発覚し、9月に右乳房全摘出手術を受けた北斗。退院後には夫の佐々木健介(51)と会見を開き、医師から「5年後の生存率が50%」と告げられたことを涙ながらに明かしていた。しかし翌年11月にはテレビ復帰し、以前にも増して元気な姿をお茶の間に届けていた。そんななか飛び出した休止宣言だけに、ファンも心配だったのだろう。

あまりの反響の大きさに、北斗は再び3日付でブログを更新。《体調が悪いなどではありません》とつづっていた。6日にはTOKYO MXテレビの『5時に夢中』に生出演。だが休止の理由は、最後まで語ることはなかった。北斗のブログは、これまでほぼ毎日休むことなく更新され続けてきた。いったい何があったのか。北斗の知人がこう語る。

「実は、北斗さんの親友であるAさんが急死したんです。45歳と、まだ若い女性でした。でもあまりにも突然亡くなってしまって。北斗さんはひどくショックを受けていました」

交流が始まったのは、タレント活動を始めてから。北斗がテレビの企画で海外に渡ったことがきっかけだった。出会った2人は意気投合。以来公私にわたり支え合ってきたという。

3月1日には、次男・誠之介くんの15回目となる誕生日祝いを報告していた北斗。この直後に親友の死を聞かされ、北斗はブログの休止をつづったようだ。前出の知人が続ける。

「北斗さんががん闘病していたときも、Aさんは“心の支え”になっていました。だから彼女はAさんのことも助けてあげたいと思っていたはず。それくらい仲がよかったんです」

がん闘病を支えてくれた親友が、天国へ――。病気のつらさを誰よりも知っている北斗だからこそ、その死はこたえたようだ。それでも彼女は、明るく振舞っていたという。

「5年生存率50%と言われていましたが、とても元気。『今のところはほとんど心配ない』と言っていました。北斗さんは『みんなに支えられて今の私がある』と言っていました」

3月12日時点で、北斗のブログはまだ再開していない。投稿には1千件を超えるコメントがつき、再開を期待する声が集まっている。だが彼女は少しずつ、前を向こうとしていた。

「つい先日、日本でAさんの葬儀が執り行われたみたいです。それまでは喪に服したいという思いもあったのかもしれません。ブログには『闘病の支えになっています!』といったファンのコメントも寄せられています。自分の活動が他の誰かを元気づけている。そのことを北斗さんは知っています。だから悲しみを乗り越えようと頑張っているみたいです」



【関連記事】

北斗晶がテレビ生出演、ブログ数日間休止の理由は明かさず

北斗晶 検査していたのになぜ?医師語る確率5%の落とし穴

北斗晶“人生の師”松居一代に涙で明かした「経済的不安」




前の記事企画魂[9] 2人でバンド継続 ...
次の記事絵本好きにはたまらない! 癒やし...