施設は生涯総額2〜3千万の場合も…「在宅介護」でできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

「国は現在、『地域包括ケアシステム』を推進しており、今後『施設介護』から『在宅介護』の流れが強まるでしょう」

そう日本の超高齢社会の未来を予測するのは、『介護施設&老人ホームのさがし方・選び方』(サンライズパブリッシング)の著者で、介護施設コンサルタントの齋藤直路さん。65歳以上の人口は現在、3,000万人を超えており、2042年には約3,800万人でピークを迎える。介護の需要が今後ますます増加することは火を見るよりも明らかだ。

しかし施設での介護は、高額な資金が必要になる。

「民間の有料老人ホームは、入居一時金だけで数百万円単位のまとまったお金が必要なケースも多く、生涯の支払い総額が2,000万〜3,000万円にもなります」(齋藤さん・以下同)

しかし、在宅介護は家族の負担も大きく、介護疲れによる虐待や、介護離職に端を発する貧困など、問題も山積。一方で、頼れる家族のいない独居老人も多いのが実情だ。

そこで現在、国は「地域包括ケアシステム」(前出)を推進している。住まいを中心に、日常生活圏内で病院、介護施設、地域包括支援センター、ケアマネジャーなどが、さまざまな支援や介護、医療、サービスを一体的に提供するものだ。地域のなかで安心して介護や医療などが受けられるシステム作りだという。

「介護を受ける側にとっても、在宅介護のメリットは大きい。たとえば、トランスファーショックといって、自宅とは遠く離れた施設に住むことで、環境の違いに戸惑い、近所との交流が途絶える寂しさを感じる。結果、活動量が低下して、認知機能の衰えが出てしまうこともあるのです」

実際、内閣府の調査でも、「介護を受けたい場所」は、「自宅」と答えた人が全体の34.9%という結果が出ている(平成24年「高齢者の健康に関する意識調査」)。今後、ますます重要性が高まる在宅介護。在宅ではどのような介護が受けられるのか。齋藤さんが解説してくれた。

【1】訪問介護

自力での家事が困難になったり、入浴の介助が必要になったときに、ヘルパーに自宅に来てもらい、サービスを受けること。

「一人暮らしの要介護高齢者にとって、洗濯や掃除、買い物など生活援助も頼める、ありがたいサービスです。食事や入浴、排せつなどの介助で体が触れ合うこともあるので、ヘルパーの人柄も重視しなくてはなりません」

通常、日中がサービス時間となるが、早朝や深夜も対応してくれる事業者もあるという。

【2】通所介護

「デイサービスともいわれ、通所介護施設で、1日をリハビリやレクリエーション、入浴などをして過ごします。もともとは家族の介護負担を減らすために始まったサービスです」

一般的な通所介護は、朝の9〜10時に自宅へ送迎車が迎えに来るところから始まる。

「サービスを利用していることを近所に知られたくないという人もいるため、車体に施設名が書いていない、普通の乗用車を利用するなど、工夫している事業所もあります」

施設に到着後は、体操をしたり、入浴の介助を受ける。

「単に入浴するだけでなく、家族では判断しづらい床ずれや栄養状態までチェックしてくれます」

昼食は自費で700〜800円ほど。最近は、食事内容も充実してきているという。午後は昼寝をしたり、レクリエーション、リハビリの時間となる。

「リハビリでは歩行訓練や転倒防止訓練、認知機能の予防改善(学習療法、音楽療法)などが受けられます。それぞれの施設の特徴を知って、自分に合った場所を選びましょう」

帰宅は16時くらいになる。

【3】短期入所

2日〜1週間ほどの短期間、施設に入って介護を受けること。ショートステイともいわれる介護サービス。

「在宅介護生活は、介護する家族にとっても大きなストレスや疲労を伴います。家族が介護から解放され、ゆっくり過ごして英気を養う(レスパイトケア)ためにも利用されます」

施設によって料金は異なる。

「介護保険で定められた利用料に、施設独自の居住費、食費や生活費が合算されます」

【4】小規模多機能型居宅介護

以上(1)〜(3)のサービスを1つの事業所で受けられる、介護業界において、もっとも新しい形態のサービス。

「利用料金は定額制(例・要介護2で約1万5,000円)とわかりやすい。ケアマネジャーの判断で、利用内容と頻度が決められます。訪問から通所、短期入所まで一事業所で依頼できるので、内部のスタッフの連携も取れているところが利点でしょう」



【関連記事】

4月から導入「介護認定格下げで報奨金」で介護地獄が始まる!

綾戸智恵「母に『一緒に死のう』と…」介護生活10年間を告白

大山のぶ代 老老介護の今を夫・砂川啓介語る「先に逝けない」




前の記事これからも2人で自分らしく 子ど...
次の記事地域に求められてるものを「創る」...