企画魂[10] 那覇でライブイベント P-fam

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

世代超え“まんちゃー”に


P-famのボーカルともくん(左)とギターりょうちん

 読谷村出身の4人組バンドP-fam(ピーファム)が主催する「ライブハウスまんちゃー大作戦」が14日に那覇市の桜坂セントラルで開かれる。同企画は彼らが昨年から始めたストリートライブイベントで、今回初めてライブハウスで開催する。

 企画を立ち上げた理由は「ライブになじみがない人たちに体験してもらう」「バンド活動をしている学生が音楽を続けやすい環境を作る」という二つだ。そのために多くの人の目に留まるストリートライブという形で企画を行ってきた。

 「昔に比べてバンドの数も客足も減ったと感じている。この状況を打開しなきゃいけないという思いで企画を始めた」とボーカルのともくんは語る。

 イベント名に付けられた「まんちゃー」とは、沖縄の言葉で混ぜることを意味する。今までライブハウスに足を運んだことがない人たちを混ぜ入れ、新しい流れを生み出せるようにという思いを込めて名付けた。

 北谷町・アメリカンビレッジでインディーズバンドや高校生バンドと共に、毎月10本以上のライブを重ねた。通り掛かった地元民や観光客に声を掛けてライブを見てもらい、徐々に観客を取り込んでいった。

 ギターのりょーちんは「回数を重ねる度にお客さんが増えて、やればできるという手応えがあった。ストリートでつかんだお客さんをライブハウスに招待する意味を込めて、今回の企画を考えた」と話す。

 今回も現役高校生バンドが多く出演する。「今の高校生たちは演奏力が高い。彼らは将来の沖縄音楽シーンを担っていく存在。世代を超えた共演を楽しんでほしい」と話してくれた。
 



午後5時開演。出演者はピーファムのほかCivilian Skunk、HABADEMIなど。入場料は前売り1500円、当日2000円。問い合わせは桜坂セントラル(電話)098(861)8505。

(野添侑麻、イベンター)

 県内には思いを持ってライブを作り上げるイベンターが多く活動している。彼らが作るライブの注目すべきポイントを交えながら紹介していく。

 


野添侑麻(のぞえ・ゆうま)

 1992年沖縄市生まれ。音楽とサッカーを愛する。18歳からライブ制作を始め、今は沖縄にて大好きなカルチャーを作っている人たちが発信できるようなきっかけになれるよう日々模索している。

 



前の記事重箱の残り物、アレンジしてみた。...
次の記事宇多田ヒカルが離婚の陰で入れ込む...