本のプロ厳選 夏の文庫フェア 沖縄県産本☆ バックヤード便り[46]

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

第46回 本のプロ厳選 夏の文庫フェア

 

毎年恒例! 夏の文庫100冊フェアがまもなく始まります。新潮文庫、角川文庫、集英社文庫それぞれの名作人気作ロングセラーが、華やかに店頭を彩ります。限定カバーやプレゼントなど、出版社それぞれのオリジナル特典もあり、こちらを毎年楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。これを機に、気になっていた名作に触れてみるもよし、読み逃していた話題作を試してみるもよし。当店の夏の文庫100冊フェアは7月上旬ごろより開催予定です。ぜひお楽しみください。

さて当店では、上記3社の文庫フェアとは別に、オリジナル文庫フェア「ナツヨム2018」を同時開催予定です。こちらは、書店や出版社など本に関わる仕事をしているひと50人が、毎年テーマに沿ったお薦め文庫をご紹介します。今年のテーマは「ごはん」。帯にはそれぞれ選んだ方によるアツいコメント入り。



昨年のナツヨムフェアの様子


このナツヨムフェア、例年全国20店舗ほどの書店で開催されるフェアで(今年は開催店舗が大きく増えるとの噂…しかし沖縄での開催は当店のみ!)、当店での開催は今年で3回目になります。毎年さまざまな書店の方が書かれた帯を見ながら、「ホントに全国にはいろいろな本屋があるんだなぁ…」としみじみと実感しています。おそらく沖縄の方にはあまりなじみがないであろう書店名がずらりとならび、コメントはどれも気になるものばかり。神戸や名古屋、広島や岩手のまちの本屋さんからふと呼びとめられ、本をお薦めされているようで、知っている本も知らない本も、なんだか不思議な魅力を帯びてくるようです。こうした本との一期一会を、ぜひ楽しんで頂ければと思います。ナツヨムは、ツイッター(@natuyomu)やフェイスブック(https://www.facebook.com/natuyomu/)もあるので、気になった方はのぞいてみてください。

ナツヨム2018は7月上旬ごろより開催予定です。文庫100冊フェアと合わせ、こちらもお楽しみいただければ幸いです。皆さまのご来店を心よりお待ちしております。



田中寛行(たなかひろゆき) 1981年生まれ。福井県出身。2015年3月より戸田書店豊見城店店長。先日のお休みは県産本フェアでお買い物→岸政彦『はじめての沖縄』刊行記念トークイベントに参加という充実ぶりをかましてきました。サインも頂けてご機嫌です。


 




戸田書店  
 

 



前の記事台湾式シャンプーや温泉も! あの...
次の記事西野朗監督“マイアミの奇跡”呼ん...