DJリーマン・伊禮真のビジネスコラム①【好きなことを仕事にする】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook社で講演した際、同社社員とパチリ。中央が筆者

はじめまして。伊禮真(いれいまこと)と申します。DJもするサラリーマン、「DJリーマン」としてコラムを始めることになりました。

普段は、琉球銀行に勤務しているサラリーマンです。4月に琉球銀行にできたメディア戦略室の初代室長として、広告やマーケティングを通してお客さまとの良いコミュニケーションづくりを目指して日々楽しく仕事をしています。


突然ですが、皆さまは好きなことはありますか?好きなことがある方は好きなことを仕事にしていますか?

ワタクシは大きな声でここに宣言します。「ワタクシは、仕事が大好きです!」このことは、銀行内の広報誌(銀行なので社内報と呼ばず行内報といいます。)にも数回書いていますし、日常的にまわりの仲間にも話していますので、銀行内では「いつも楽しそうに仕事しているね」と声をかけられることが多くあります。このコラムでは、ワタクシの日常を紹介しながら、なぜ仕事が楽しいのか、そして、どのようにしてそういう気持ちをキープしているのか等、楽しく仕事をする方法などを書いてみます。少しだけでも皆さまの毎日の暮らしのヒントになれば幸せです。

では、最初の質問に戻ります。好きなことはありますか?ワタクシの経験上、この質問にすぐに「はい」と答える人は少なく、さらに「仕事が好き」と話してくれる方は、残念ながらすごく少ないのです。今回はそんな方に、ワタクシなりの「好きなことの見つけ方」をお伝えします。

実は、好きなことの見つけ方はとても簡単です。なぜなら、好きなことのない方はこの世にいないはずだから。それは、自分が気づいていないだけなのです。だって、人間笑わない人はいないですよね。必ず笑うはずです。もしくは、笑うのは苦手だけど心の中がキュン(感動)とした方はいると思います。そんな、笑顔になれることやキュンとなる瞬間に、すぐ自分の近くにあるモノや体験が好きなことなのです。

例えば、映画で笑う(または泣く)場合、どんな映画のどのような場面で笑う(または泣く)のか、読書が好きならどんなジャンルの本で感動するのか。はたまた自分はインドア派かアウトドア派か。あなたが快適で気持ちいい瞬間を見逃さないように細心の注意を払ってみてください。その体験こそ、あなたが好きなことだと思います。それに気づいたら、それを仕事にできないか考えてみましょう。


一方で、すでに仕事をしているけれど今の仕事が好きではない方については、冷静に「なぜ自分がこの仕事を好きじゃないのか」を考えてみましょう。もしかすると、問題は仕事ではなく人間関係なのかもしれません。「仕事が嫌」という方の話を聞いていると、ほとんどの方は、仕事が嫌いというのではなく「あ、この方は、人間関係が嫌なんだな」と感じます。かのアドラー先生も「すべての問題は人間関係である」と断言していますよね。その場合はどうしたらよいのでしょうか?

あー、話が盛り上がってきたのですが、続きは次回に。次回のコラムでは、仕事が好きなワタクシなりの人間関係の解決方法をお話しします!

 

(毎月1回掲載。次回は8月20日予定)



【プロフィル】

伊禮 真(いれい まこと) 琉球銀行 営業統括部 メディア戦略室 室長(コンテンツマーケター)

2002年県内銀行初のTVCM制作、キャラクターのロボットが大きな話題になり海外のメディアにも紹介される。県内外の広告賞を多数受賞。県内外や国内外企業イベントでの講演等も行う。ライフワークは社会福祉活動(沖縄県セルプセンター理事)とアウトドア活動(キャンプインストラクター)とDJ(Soul中心)。2017年にDJした際のプレイリストが世界一の音楽配信サービスSpotifyの広告に採用された。また、銀行に導入したFacebookの社内SNSツール「Workplace」の活用が評価され、Facebookのサイトで日本企業で唯一世界に紹介された。主なインタビュー記事:BizZine: https://bizzine.jp/article/detail/2671




前の記事マンゴー、パッション、田芋も! ...
次の記事「顔出しパネル」巡礼してみた。→...