「永遠に輝くみんなの星」Kiroro、母として共感も ~歌姫を語る・私と安室奈美恵(最終回)

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

県出身の歌手・安室奈美恵が引退する9月16日まで残り1カ月を切った。デビューから25年にわたる輝かしいアーティスト活動は国内外の人々を魅了し、勇気や希望を与えた。そのような安室の姿を同じ沖縄出身の俳優、アーティストらはどのように見詰めてきたのか。




―安室さんの印象は。

玉城千春:彼女の実力、努力、ストイックでプロフェッショナルな姿は誰にもまねできない。本当のスターだと思う。

金城綾乃:強い信念が感じられて、一貫してる姿がかっこいい。

―安室さんは沖縄出身のアーティストにどんな影響を与えたか。

金城:すごく自信を与えてくれた存在。少しマイナーな印象があった沖縄をすてきに印象付けてくれた。

玉城:大きな壁を突き抜いて空に一直線に伸びて行く“安室奈美恵”がいてくれたから、沖縄出身の私たちは音楽や表現することに胸を張って出て行くことができた。「彼女がいたから」という思いは、きっと後に続いたデビュー組みんなそう感謝し誇りに感じているはず。私もずっと、同じ出身、同じ年ということが誇りで自慢だった。


Kiroroの玉城千春(左)と金城綾乃(Victor Music Arts提供)

―思い出の曲は。

玉城:デビュー曲の「ミスターU.S.A.」が思い出深い。同じ沖縄の子が中学2年でデビューして夢に向かう姿を見ていた。彼女の背中をずっと追い掛けていた。

金城:私は「Hero」。子どもたちがよく歌っていて私自身もこの曲に何度も励まされた。

―安室さんも、Kiroroのお二人も子育てしながらアーティスト活動を続けてきた。

金城:大変な時もあるが、家族がいてくれるからこそ、表現できるものがあるのかなと思っている。

玉城:プロフェッショナルな彼女だからこそ、とても苦労し、悩み努力を積み重ねてきたと思う。その重圧に負けずに、ここまで頑張り、華麗にかっこよくステージでパフォーマンスし続けたことを尊敬する。

―引退表明についてどのような印象を受けたか。

玉城:友達にも連絡したくらい驚いた。きっと沖縄県民みんな同じ気持ちじゃないかな。でもそれくらいみんなに愛されて求められて引退できるなんて、とても幸せなことだと思う。この時期のこの決断こそ、彼女のすごさだと思う。

―安室さんにメッセージを。

玉城:ずっと安室奈美恵さんの背中を見て、夢を追い掛けて頑張ってきた。デビューも母になるのも追い付けなくて、いつも遠くの星のよう。すごく寂しいけど、今は気持ちが分かる気がする。かっこいい。引退しても私の、そしてみんなの心の中で輝いている。ありがとう。

金城:輝いている姿にたくさん刺激を頂いた。同世代として憧れる。これからの安室さんのさらなる幸せを願っています。

(おわり)

(毎週金曜日掲載)



Kiroro 読谷村出身の玉城千春(ボーカル)と金城綾乃(ピアノ)による音楽ユニット。1995年結成。96年に沖縄限定でリリースした「長い間/青のじゅもん」が1万枚を売り上げ、注目を集める。98年、「長い間」でメジャーデビュー。最高位1位、120万枚を超えるミリオンヒットを記録。その後も「未来へ」、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の主題歌「Best Friend」などをリリースし話題となった。2018年、デビュー20周年を迎え、13年ぶりにオリジナルアルバム「アイハベル」を発売。




琉球新報社は、安室さんにまつわる皆さんの思い出やエピソードを募集しています。「あの時、この曲に励まされた」など、皆さんの人生のさまざまな場面に寄り添った安室さんの曲にまつわる話をお寄せください。メールのみで受け付けます。メールには(1)名前(2)連絡先(電話番号かメールアドレス)(3)エピソード―を記してください。お寄せいただいた話の中で、あらためて取材の協力をお願いする場合もあります。メールアドレスは0916omoide@ryukyushimpo.co.jp




前の記事体ポカポカ、カジュアル薬膳 薬膳...
次の記事友人語るフネさん声優の晩年 夫子...