お気に入りの手帳で充実した日々を 沖縄県産本☆ バックヤード便り[59]

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


第59回 お気に入りの手帳で充実した日々を

 

早いもので、今年も残すところ3カ月弱。
まだ暑い日もありますが、陽が落ちるのが早くなってきたように思います。

季節の変わりは日々の仕事の中でも感じます。
9月に入ってから、店頭には続々と来年度の手帳が入荷して並べられています。
毎年種類が豊富でカラフルな売り場には新しい年を共に過ごす手帳を選ぶワクワク感があふれています。


旧暦や年中行事が網羅されたウチナーンチュに人気の「県産」手帳

高橋書店・日本能率協会・博文館などの手帳も人気がありますが、沖縄県民にはやはり旧暦や年中行事の記載がある県民手帳・ナチュラ・かりゆし手帳などを購入される方が多いように見受けられます。

県民向け手帳も多々ありますが、先陣切って入荷したのはOkinawa Diary。
定番の表紙が黒・赤・青・桃の一色のみ使用のものに加え、風景写真と、沖縄に馴染み深いモチーフを使用したイラストものと、こちらもお客さまの好みに応えられるようにと、種類をそろえてきています。
ちなみに、私はこの数年成美堂出版のプラチナダイアリーを使っています。
別売りカバーもあるのですが、あえてカバーは購入せず、自分で好きな絵柄の紙を使い表紙を作っています。
日記として使用しているのですが、以前はなかなか記入が続かなかったのに、表紙を手作りし始めてから、書き続けられるようになりました。
好きな絵を表紙にしただけなのに、不思議です。

皆さまも、たくさんの中から自分に合ったものをゆっくり選んで、1年間使っていただけたら嬉しく思います。



我那覇香織(がなは・かおり) 1985年生まれ。那覇生まれ那覇育ち。宮脇書店イオン南風原店勤務。



宮脇書店
http://www.miyawakishoten.com/store/miyawaki/kyushu_okinawa/okinawa/

 




前の記事大坂なおみの体重管理する母 1日...
次の記事YouTubeで人気の「テキスト...