人気兄弟芸人は5年に1度あらわれる!? ミキの2人は千原・中川を越えられるか

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気爆発中の兄弟漫才師「ミキ」の昴生さんと亜生さん、ようこそ! 「沖縄行きのスケジュールを入れてほしい」とマネージャーや「よしもと沖縄花月」(那覇市前島)の支配人にリクエストをするくらい、2人とも沖縄が大好き。来沖の機会を楽しみにしているそうです。どうしてそんなに沖縄派? 近況とあわせて聞いてきました。

聞き手:饒波貴子(フリーライター)


京都出身、結成7年目の仲良し兄弟コンビ「ミキ」。右が兄の昴生(こうせい)さん、左が弟の亜生(あせい)さん


忙しくても沖縄行きを希望



ー全国ツアー大成功、おめでとうございます! 沖縄公演も満席で大盛況でした。

昴生:ほんまにありがたいことです。沖縄では5月にテンブスホールで開催しましたが、来るのはそれ以来。沖縄に長く滞在したいがために「夜イベントもやる!」と希望を伝えて、今ここにいます。

亜生:来るの久しぶりやな。今日の朝はショッピングモールのイベントに出演して、その後沖縄花月で3公演、夜はトークライブをやりました。沖縄にいると楽しい!

昴生:沖縄をはじめ全国のみなさんに応援していただけるのは、ありがたいとしか言えません。漫才に対して向き合う姿勢はずっと変わらないのですが、テレビ出演のチャンスをいただいてから多くの人に知られるようになったんです。自分らでも不思議な感じです。

亜生:人気が出たのは、歳を重ねるごとに僕の大人の魅了が増してって…。

昴生:それはない(笑)。

亜生:かわいいって言われても今年30歳。大人の魅力で、アダルト層も狙っていける年になりました(笑)。

昴生:兄弟漫才師は、5年に1組くらい出てくるんですよ。でも上が強すぎます(笑)。中川家さんも千原兄弟さんもいますから。比較されながら、歯をくいしばってなんとかがんばっています(笑)。



プライベート話、聞かせて!



ー昴生さんが6月にご結婚。おめでとうございます!

昴生:結婚っていっても9年間一緒におったので、実感なかったです。でも向こうの名字が「三木」になってるのを見ると、結婚したんだって思いますね。

亜生:僕は彼女をお姉ちゃんのように慕っていたので、奥さんになってくれてうれしいです。デビュー前からごはん作ってもらったり、お世話になってきました。

昴生:同棲している頃こいつが転がりこんで来て、そこからがミキのスタート。嫁が受け入れてくれへんかったら、路頭に迷っていた(笑)。

亜生:半年くらい3人生活。お姉ちゃん、すごい人ですよ。

昴生:すごいというかありがたい。ミキのターニングポイントとなる人。その分苦労しているはずなので、恩返ししている最中です(笑)。

ー亜生さん! 結婚を超えるレア話を教えてください。

亜生:人生最大の買い物、車を買いました! お兄ちゃんもお母さんにもやめとけって言われましたが、おとんは買えと。「30歳にもなって車の一台も持ってへんのは男としておかしい。乗らんくても、持っているだけでおもろいから買え〜」って言われました。次の日、ポーンと買いましたよ。キャッシュでボルボを!

昴生:おとんは僕らのいうこと全部「いいよ」って言ってくれる人。こいつはそれを狙って順番も考えて、おとんに相談したと思います(笑)。僕とおかんはこいつの性格知っているんで、なんで買ってしまったんやろうって不安になるのが、見えるんですよ(笑)。

亜生:支払済みなのに納車は来年の1月。整備してペイントもしていろいろカスタムしているんで時間がかかりますが、早く届けてほしい(笑)。おとんとドライブを計画しているので、新車の助手席に初めて座るのは父親です(笑)。



タクシー運転手さんのおもてなし最高!




ー沖縄の好きなものを教えてください。

亜生:さんぴん茶! 最高においしいです。

昴生:僕はルイボスティー。沖縄以外では紙パック入りのルイボスティー、なかなかないんですよ。さっき公演合い間の1時間で、とまりんからタクシーで国際通りに行ってソーキそばとブルーシール食べてきました。

亜生:いいな〜ソーキそば。行けなかったからうらやましい。沖縄に来た時はやっぱり料理で満足したい。島ラッキョウの天ぷらとか、めちゃくちゃおいしいです!

昴生:豚しゃぶもチャンプルーもおいしいし、沖縄料理全部好きです。タクシーの運転手さんも好き(笑)。いい人が多いですね! さっき乗ったタクシーは500メートルくらい前でメーター止めてくれはって。早いですよ〜って思わず言いました(笑)。

亜生:沖縄国際映画祭の時、「よしもとの人? 一年で一番の稼ぎ時だから、どこでも連れてくよ」ってお礼言われました。信号待ちで三線弾いてくれる運転手さんもいたし、大好きなBEGINさんのCDかけてくれる運転手さんもいたし、もう最高!!

昴生:タクシーの運転手さんのおもてなしがうれしいです。沖縄の方言はかわいらしいから、聞くのも好き。方言聞くためだけにキャバクラ行く時ありますよ。「標準語になっているから、沖縄に寄った感じでしゃべって〜」ってお願いしています(笑)。

亜生:沖縄の空気や自然が好きなんですが、海には1〜2回くらいしか入ったことない。ゆっくり遊んだことがないんです。

昴生:子どものころ、家族旅行で来たの懐かしいな。父親がフェリーの船長で、昔は沖縄航路があったので一緒に来たんですよ。

亜生:船で2日かけて来て3泊くらいしました。パイナップル園行ってハブとマングースの対決見て、潜水艦にも乗った。楽しかったの覚えています。

昴生:年長さんと年少さんくらいだったと思うんですが、海もプールも怖くてシャワーの水たまりで遊んでいました。そしたら背中が日焼けして、とにかく痛かった思い出が強烈です(笑)。

ー子ども時代のことなのに、鮮明に覚えていますね!?

昴生:旅行に行くと父親がビデオ撮るんですよ。それ見て思い出すんです。

亜生:大量のビデオをDVDに焼いて残してくれるので、ありがたいです。実家帰ったらちょくちょく見ます。

昴生:旅行の話をしたら「DVDあるで〜」っておとんが再生して、うちの嫁も見たいって社交辞令で言うから、僕らも仕方なく見る状況に(笑)。

亜生:この前の沖縄国際映画祭では、僕は弾丸だったのにお兄ちゃんは4泊していてうらやましかった。めちゃくちゃ幸せでええな〜って思いました。

昴生:ゆっくりリラックスして、腹減ったらメシ食いに行って最高でした(笑)。今年4月の始めには映画祭のプレイベントで宮古島の映画館に行かせてもらいましたよ。自由時間があって、レンタカーでドライブして楽しみました。

亜生:ちょっと寒かったのに、お兄ちゃんと中国人のおじさんが泳いで。「めちゃめちゃキレイやから来い!」って叫んでいたね。

昴生:せっかく来たから泳がなきゃ。こいつ恥ずかしがっていましたが、結局海に入って「最高やんけ!」って感動してたし(笑)。

亜生:水がすっごくキレイで、シュノーケルで遊びました。2人で泳いで楽しかったな〜。

昴生:首里城なども行ったことないので、家族と来て観光地を回ってみたいです。ほんまに僕ら沖縄大好きなんですよ! 両親も行きたいって言っているので来年もツアーで来て、終わったら家族旅行したいですね。

亜生:沖縄のお客さまはシャイな方が多いイメージですが、漫才ではよう笑ってくれはる。明るくて良い反応をいただけます。だから飛行機乗って来るのも苦になりません。

昴生:忙しくても何度でも来たい。半分は観光気分かもしれないですね。合い間に何食べようかなって考えますから(笑)。

亜生:本島でも車借りて運転したいですわ。ドライブしながら沖縄回るの、気持ちいいでしょうね。

昴生:次の出番決まったら、ボルボで来るといいよ。

亜生:おい(笑)! でも似合いそうですね。行き先決めずに1人で遠出するの好きなので、これからはドライブを趣味にしたいな。

ー最後に目標を教えてください。

昴生:ずっと漫才を続けます。例えば亜生が俳優のお仕事をしても、本業は漫才っていうのを忘れなければいいです。自分らのペースでブレずにやれるのが一番いい。今の時代、漫才だけで食っていくってしんどくてキツイはずですよ。

亜生:俳優やったらそれをネタにしますし、来る仕事は全部やってみたい。アイドル雑誌に出させてもらったり、猫と一緒に撮った日めくりカレンダーはアマゾンで予約1位になりました!

昴生:僕は苦手があるので仕事は選びたい(笑)。でも一人の仕事でも兄弟コンビだと言って、「ミキ」として出てることにしようって決めています。

亜生:僕一人がテレビに出ても、お兄ちゃんの名前や写真を出してくれるので目立つでしょうね。

昴生:他のことやっても最終的には漫才。漫才が僕らの仕事ですから。ライフワークとして全国ツアーを年に1回やって、47都道府県を回りたいです。

亜生:漫才を生で見たことない人いますよね。沖縄でも那覇だけじゃなくて、今帰仁村や恩納村などでライブができるといいですよね。がんばりますので来てくださいね!




「ハイサイ気分」
ようこそ沖縄へ! 本土から来沖する有名人を歓迎する、連載インタビュー。近況や楽しいエピソード、沖縄への思いなどを語っていただきます。




【ミキ プロフィール】


亜生(写真左)、昴生(写真右)
亜生(写真左)、昴生(写真右)

<Twitter>
ミキ 昴生 兄 @mikikouseiani
ミキ 亜生 弟 @mikiasei

2012年 結成
2015年 テレビ朝日「M-1グランプリ2015」準々決勝進出
2016年 第1回上方漫才協会大賞 新人賞・トータルコーディネイト賞 受賞
2016年 YTV「漫才新人賞選考会」本戦進出 準優勝
2016年 第46回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2016年 フジテレビ27時間テレビ・笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI 優勝



★昴生(こうせい)
性別:男性
生年月日:1986年4月13日
身長/体重:165cm /70kg
血液型:O型
出身地:京都府 
趣味:ディズニーリゾート旅行
特技:ディズニー案内
出身/入社/入門:一般 30期扱い

★亜生(あせい)
性別:男性
生年月日:1988年7月22日
身長/体重:173cm /63kg
血液型:A型
出身地:京都府 
趣味:フットサル/釣り
特技:ブラックバスのモノマネと、釣りのキャスティング技術
出身/入社/入門:一般 34期扱い
 





<よしもと沖縄花月>「ミキ」ほか、東京や大阪で活躍する多くの芸人、沖縄所属の芸人も舞台に立つ『よしもと沖縄花月』は365日毎日営業中! お友達とご家族と、気軽にお越しください。

 那覇市前島3‐25-5 とまりんアネックスビル2F
 お問い合わせ:チケットよしもと 0570-550-100 
 公式サイト==>  http://www.yoshimoto.co.jp/okinawakagetsu

※最新インフォメーション
ステーキハウス88とコラボした「沖縄花月限定オリジナルステーキサンド」発売中! うま味たっぷりのサーロインを特製バンズで挟んだステーキサンドで、「笑って・食べて・また笑う」をお楽しみください♪
よしもと沖縄花月×ステーキハウス88「オリジナルステーキサンド」料金1000円(税込み)
ご注文はこちらから(各公演日3日前19時まで受付。購入後のキャンセル・変更はできません)

https://secure.yoshimoto.co.jp/okinawakagetsu/



饒波貴子(のは・たかこ)
那覇市出身・在住のフリーライター。学校卒業後OL生活を続けていたが2005年、子どものころから親しんでいた中華芸能関連の記事執筆の依頼を機に、ライターに転身。週刊レキオ編集室勤務などを経て、現在はエンタメ専門ライターを目指し修行中。ライブで見るお笑い・演劇・音楽の楽しさを、多くの人に紹介したい。
 




前の記事動く彫刻!? 沖縄でインド舞踊に...
次の記事沖縄の夕陽〜アコークローを味わう...