同期とタッグで不安をワクワクに変える Ryukyufrogs 10期生 アメリカ・シリコンバレー研修レポート

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄からアントレプレナーシップ(起業家精神)を身に付けた次世代リーダーを育てる人財育成事業「Ryukyufrogs(リュウキュウフロッグス)」。2007年から始まり、2018年で10年を迎えます。

ことし選抜されたフロッグス10期生6人は、8月の米国シリコンバレー研修などを通して、身近な社会課題を解決するためにサービスの構築に向けて準備を進めています。

12月8日、9日に開催される、沖縄からイノベーションを発信していくイベントLEAP DAY(https://www.leapday.jp/では、その成果を発表します。

 



上運天愛球
沖縄県立読谷高等学校




「カッコイイ」の一筋で


Q.「Ryukyufrogs」に参加しようと思った理由やきっかけは。

Ryukyufrogsへの興味は、去年の9期生のLEAPDAYを見に行ったことから始まりました。「かっこいいからやってみたい!」これが私の正直な感想でした。そして、ワクワクしながら説明会に参加し、たくさんの刺激をうけ、これからもRyukyufrogsの一員として活動していきたいと思い応募しました。周りの人は不安と言っていました。ですが私はその当時、後先考えずに行動する人だったのでそこまで大きな不安などはありませんでした。本当にただただ「かっこいいからやってみたい!」この気持ち一筋で応募しました。




受け身の自分との闘い


Q.一連の研修を通して、最も印象に残っていることは?



チームビルディングをして直後の研修がとても印象深く残っています。「自分以外の誰かがしてくれる」と思い込み、何も考えずに研修に参加しました。そこで、いかに自分が受動的で、受け取るだけで何も行動してこなかったんだと、気づくことができました。その時はまだ、協賛し、応援してくれている方々のお金でこの研修を受けることができている、という実感がなく、ただただRyukyufrogsに受かっただけで満足している自分がいました。

「今日の研修は何をする予定?これからはどう動こうと思ってる?」という山崎さんの言葉に答えることができず、悔しいという感情よりも、自分が今までいかに一方通行だったかという驚きを隠せませんでした。それからは、自分ができることを自発的にし、完ぺきではありませんがだんだんと習慣化されてきているように感じます。

誰かではなく自分という意識を常に持たないとこの習慣もすぐになくなると気づくことができたので、この気持ちを忘れずにしていきたいです。




ゴールはLEAPDAYのまだ先に


Q.シリコンバレー研修を終え、自身の変化について



シリコンバレー研修は、それまでの研修とは比べ物にならないほど大変で、もがきまくりました。人よりできると思っていた自分が、そうではなく、気持ちだけ、言葉だけだったこと。ほかの10期生より足りないこと、できないことが分かっていくうちに、とても苦しくなり、シリコンバレー研修では人前で一回もプレゼンをすることなく終わりました。圧倒的な知識の差を感じました。自分一人でなにかを進めていくのはまだ知識が足りないとわかり、この半年間は、ほかの10期生のいいところを盗み自分のものにしていくことに力をいれました。シリコンバレー研修前までは、何もわからなかったけど、たった10日間で自分自身のこれからのビジョンがうっすらと見えてきたような気がしました。まだ自分の中での大きな変化は実感していませんが、LEAPDAYをゴールとして設定するのではなく、その後も行動を起こし続け、大きな目標としては私が一年前のLEAPDAYのように友達や親、さらに年上のたくさんの人を巻き込める人になりたいと思っています。




今開発中のサービスについて



シリコンバレー研修帰国後、自分がひとりで考えていたサービスに行き詰まり、自分がしたいこと、サービスを作るうえで使ってほしい人などを書き出していると、自分の意識が、今、(10期メンバーの)誉一が作っているサービスに近いことが分かりました。そのことがきっかけで、誉一にサービスを作っていくうえで自分も携わりたいと伝え、現在二人+技術面をサポートしてくださっている二人と一緒にサービスを作成しています。今はLEAPDAYに向けて不安しかありませんが、その面でも誉一がたくさん助けてくれて、ほんのちょっとずつですが自信とワクワクに変わりつつあります。しっかりモチベーションを上げて自己満足のサービスやプレゼンで終わるのではなく、誰かをうごかす、行動に移すことを目標にし、これから取り組んでいきたいです。




~ プロフィル ~


上運天愛球(かみうんてん・めぐ)

16歳.読谷高校

趣味→走ること

興味→無人島に漂流したい




日付 … 2018年12月8日(土)、9日(日)

場所 … 琉球新報ホール、他

LEAP DAY 2018はチケット制となっております。事前にチケットをご購入ください。

◇詳しい情報や事前申し込みは、Ryukyufrogs のLEAP DAY 2018特設サイトから


https://www.leapday.jp/




前の記事宮川大輔 イッテQ現場で疑問吐露...
次の記事秋篠宮さまを悩ますご結婚問題、眞...