薬膳と洋食。選べる口福ランチ プティリス食堂 那覇市泊

  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加
「薬膳ランチ(1300円)」にはその時々の旬の食材を使用。味わい優しく、栄養もおいしさもたっぷり

那覇市泊の閑静な住宅街。植物をセンスよく配した建物内にある「プティリス食堂」。千葉の数々のフレンチやイタリアンのレストランで料理長を務め、千葉大学病院内のレストランを任されていたときは医師と共に薬膳メニュー開発に携わった岡部栄さんのお店です。オープンは今年2月。サービス担当の妻・ゆり子さんと2人で切り盛りしています。

生薬と身近な旬の食材を盛り込んだ「薬膳ランチ」は、調理法や味付けに和洋中の要素を融合したヘルシーメニュー。気軽に薬膳を楽しめるとあって、注目を集めています。この日は、サンザシを入れた「鶏のさんが焼き」、クコの実とウメボシを合わせた「梅茶碗蒸し」、仕上げに杜仲茶で一煮立ちした「押し豆腐」など9品で構成。「キノコご飯」「秋鮭の幽庵焼き」「栗の渋皮煮」などもあり、季節の恵みを存分に味わえます。


大きな窓から見える緑に心が和みます。ソファ席、テラス席あり

「木の子のスープパイ包み焼き(650円)」。ランチのスープは追加350円でこちらに変更可


薬膳と共に見逃せないのが洋食メニューです。あぐー豚と牛を使ったハンバーグにメンチカツ、各種パスタの他、寒くなるこれからの季節は、こんがり焼けたパイ皮に包まれた、キノコのクリームスープもおすすめです。

予約がベター。夜はワインと合わせたくなる予約制のコースも提供しています。



(2018年11月22日付 週刊レキオ掲載

~ Menu ~


  • Aランチ(県産あぐーと牛の和風ハンバーグorメンチカツ)……1000円
  • パスタAランチ(ペスカトーレ)……1000円

〈ディナーのみ〉

  • オムライス風グラタン……950円
  • 牛フィレステーキ……2700円
  • シェフおまかせメニュー………2000円(5品)~



〒900-0012 那覇市泊1-34-2 ODMビル2階
☎098(975)5095
営業時間=ランチ:11:00~L.O.14:30(土・日曜~L.O.16:00)、ディナー:火~金曜17:30~L.O.21:30(土・日曜は要予約)
定休日=月曜
駐車場=あり



WSJ特設サイト

前の記事青い海バックに正論絶叫「せやろが...
次の記事実家を「よしもと沖縄」にした男!...