超簡単!子どもと楽しむハーブガーデニング ☆えくぼママの沖縄子育て☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の食事作り、大変ですよね。
今回は料理のレパートリーを広げてくれるハーブガーデニングをご紹介します。

家にちょっとハーブがあると料理がぐーんと上達した気分になれますよ。

スーパーのハーブを買うと使い切れない〜なんてことがあると思います。ならば、自家製ハーブを植えてみませんか? 収穫したての香りは格別! 元気になれます。



鉢植えは見た目も楽しみたいので、好きなように寄せ植えにしても良いと思います。

今回はフェンネルイタリアンパセリローズマリーワイルドベリーを植えてみました。

ライパンは部分的に観賞用の植物も植えています。これから育つことを考え、植物同士の間は空けています。
 



★ワイルドベリー:日影でもちゃんと育ち、収穫できます。

★ローリエ:年中収穫できる木ですが、鉢植えでも充分育ち、それほど大きくなりません。スープや肉料理に合います。ピクルスにも使います。

★バジル:子どもに葉っぱの収穫を手伝ってもらい、一緒にバジルソースを作ると楽しいですよ。花が咲いても種が落ちればまた芽が出てきます。自分でリセットしてくれるので長く楽しめます。種を収穫してもよいですね。

★ローズマリー:肉料理に入れると臭み消しになり、風味が豊かに膨らみます。挽肉と冷蔵庫の残り野菜をトマトケチャップ、オイスターソースで炒めて塩こしょう。ざっくりつぶしたポテトをのせてグリルで焼いて出来上がり。夫にウケます! 放置すると木になり、挿し木で増やせます。料理に使わなくても香りを楽しめます。
 



ホームガーデンは子どもと気軽に長く楽しめるのが魅力です。
ぜひ、楽しみながら美味しいハーブを収穫してください。
 



(えくぼママライター ライパンママ)


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


ライパンママ


43歳で第2子を出産。やんちゃな男子2人の40代ママ。

イラストを描いたりデザインしたり、フリーランスで働きながら、

食いしんボーイズのために日々、料理と育児を楽しんでいます。

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 






前の記事『モリのいる場所』で樹木希林さん...
次の記事大塚愛離婚の裏に警察騒動 不倫女...