「全然痛くない」と主張する相葉雅紀が最近始めたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

デビュー20年目に突入した嵐。そこで“20”にちなみ、メンバーに“これまで”と“これから”がわかる20問20答を。答えはそれぞれ個性的、でも不変のチームワークも垣間見えて--。

■相葉雅紀(36)

【Q1】大人になったと感じるときは?

「それなりに年を重ねてきましたからね。大人になったんじゃないかな、たぶん」

【Q2】何歳になっても変わらずにいたいことは?

「何事も自分が納得できるように、後悔しないようにしたい」

【Q3】ここ数年、力を入れていることは?

「日々のケア」

【Q4】新たにチャレンジしたいことは?

「2019年は20周年イヤーなので感謝の気持ちを込めて精いっぱい頑張るだけ」

【Q5】体の鍛え方は?

「10代のときはあまり意識していなかったけれど、ライブの後のケアなど、日々、大事にしています」

【Q6】2018年のデビュー日、メンバーでどんな話を?

「仕事の話や雑談を。5人での集合写真はめったに撮らないんですけど、このときは記念写真を撮りました」

【Q7】メンバーの魅力は?

「リーダーはぐいぐいと引っ張っていくタイプではないかもしれないけど、穏やかでいる強さみたいなところ。松潤はグループのことをよく考えてくれているところ。翔くんは博識で丁寧に教えてくれます。ニノはジュニアのときから一緒なので僕のことを何でもわかってもらえているような気が勝手にしています(笑)」

【Q8】最近始めたことは?

「鼻うがいを始めて2カ月くらい。すっきりするし、全然痛くないですよ」

【Q9】最近ハマったことは?

「『M-1グランプリ』です。緊張感が伝わってきて、自分もすごく緊張しました」

【Q10】2018年にデビューした King & Prince ほか後輩たちをどう思う?

「後輩の活動はうれしいです」

【Q11】先輩として誇れることは?

「僕らも先輩たちの背中を見て育ってきたので、後輩たちにも感じ取ってもらえれば」

【Q12】オリンピックに出場できるとしたら?

「選手にお話を聞くと、本当に命を懸けているので、簡単に出たいという気持ちにならないです」

【Q13】最近、緊張したことは?

「いつも緊張します。若いころのほうが緊張していなかったかも」

【Q14】歌を通して表現したいことは?

「ありがたいことにタイアップをしていただくことが多いので、その世界観を大事にしようと思っています」

【Q15】メンバーへひと言

「出会えたことに感謝です」

【Q16】自分にひと言

「特にないかなぁ。これからも納得できるように頑張っていきたいです」

【Q17】デビュー当時、今の活躍を想像していた?

「当時は先のことがわからなかった。でも一生懸命にやっていました。その一生懸命を続けてきて、僕の中ではそれが正しかったんだろうと」

【Q18】20年で思い出に残っていることは?

「初めての東京ドームも国立競技場のライブも、振り返ると一つ一つ覚えています」

【Q19】20年間、大切にしてきたことは?

「メンバーとの関係性。特別に意識しなくてもメンバーは『嵐』のことが好きなんです」

【Q20】20年で感謝していることは?

「ファンはもちろんのこと、メンバーと出会えたこと」



【関連記事】

相葉雅紀に一問一答「自分に必要なのは落ち着き(笑)」

『僕とシッポと神楽坂』子役が相葉ちゃんを好きすぎる!

水谷豊 趣里の初ヌードに激怒!大胆挑戦で父子断絶のピンチ




前の記事米津玄師が紅白出場!亡き祖父に捧...
次の記事オレンジレンジのYOHが震災と向...