トップ棋士の真剣勝負を間近で!(第68期王将戦七番勝負第4局、2月23日〜25日)

  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加

第68期王将戦七番勝負第4局
 
★琉球新報ホール

2月23日(土)〜25日(月)

 

プロの真剣勝負 間近で


久保利明王将(左) 渡辺明棋王(右)

将棋の八大タイトル戦の一つ、第68期王将戦七番勝負の第4局那覇対局を2月23日(土)~同25日(月)に琉球新報本社ビル(那覇市泉崎)で開催する。3連覇を目指す久保利明王将に渡辺明棋王が挑む。トップ棋士の真剣勝負を間近で見られる貴重な機会だ。前夜祭や指導対局でプロ棋士と触れ合う場も設ける。

琉球新報新本社ビル落成、創刊125年を記念して開催する。県内での将棋のタイトル戦は、2001年に名護市で羽生善治王座に久保利明七段(肩書き、段位はいずれも当時)が挑んだ第49期王座戦以来、約18年ぶりとなる。

23日は前夜祭があり、両対局者をはじめとするプロ棋士と交流できる。対局初日の24日は琉球新報ホールで指導対局、25日は大盤解説会がある。
 


Information


2019年2月23日(土)前夜祭、24日(日)指導対局、25日(月)大盤解説会

前売り
 【前夜祭】一般7000円、中学生以下3000円。【指導対局】一般2000円 【大盤解説会】一般1500円、中学生以下1000円 【前夜祭&大盤解説会セット】一般7000円、中学生以下4000円

問い合わせ
 琉球新報読者事業局 TEL 098(865)5013(午前10時〜午後5時)


(2019年1月31日 琉球新報掲載)



前の記事皇太子さま危惧される眞子さまの未...
次の記事沖縄に住む大城夫妻の自宅は映画館...