大塚愛襲うSUの呪縛…生活費払わず離婚で電気ガス停止危機

このエントリーをはてなブックマークに追加

「SUさんの不倫相手から嫌がらせを受け、大塚さんはひどく落ち込んでいました。しかし、最近の彼女は『今は娘のために頑張りたい!』と持ち前の明るさを取り戻し始めています。春には大規模なツアーもあり、前向きに暮らしています」(大塚の知人)

昨年11月、「RIP SLYME」のSU(45)との離婚を発表した大塚愛(36)。あれから3カ月、一人娘と再出発に向けて歩み始めている。そんな彼女に、前夫の“呪縛”が再び襲いかかっていた。

「最近、大塚さんの自宅に『電気とガスを止める』との通告が来たそうです。もちろん彼女がこれらを払えないというわけではありません。SUさんが支払うはずだったのですが、残高不足で引き落としできなかったのです。大塚さんは慰謝料や養育費はおろか、生活費も払えない彼に相当ショックを受けたみたいで……。ごく親しい人には『早くあの人のことを忘れて前に進みたいのに……』と悩みを打ち明けていたそうです」(前出・大塚の知人)

いっぽうのSUだが、再起の気配は見えない。1月には所属事務所を退社していたことが判明。さらに『FRIDAY』2月8日号ではジュエリーデザイナーとの復縁が報じられるなど、自由気まま。大塚の苦労も露知らず、放蕩ぶりに拍車がかかっているようだ。

「SUさんが事務所を辞めたことで、RIP SLYMEの復活は絶望的。また復縁した元カノと朝まで飲み歩くなど、いまだにやりたい放題です。最近では、お母さんが営む実家の居酒屋でバイトして生活費を稼いでいるようです。稼ぎを少しでも元妻と子どものもとへ渡すべきだと思うのですが……」(レコード会社関係者)

大塚が心から笑える日は果たしてくるのだろうか——。
 



【関連記事】

大塚愛離婚の裏に警察騒動 不倫女性が深夜強襲「私死ぬから」

SUの離婚で考える「なぜ男は不倫をアピールしたがるのか?」

SUの離婚で再び話題になりそうな「ワイドナショーの呪い」



WSJ特設サイト

前の記事親子で楽しむ!野菜たっぷり体験ツ...
次の記事子どもだけじゃない!異年齢・多世...